小規模多機能型居宅介護 - 介護施設の探し方ガイド

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護とは、一つの事業所が利用者のその時々の希望に合わせ訪問、通い、宿泊の3つを包括的に提供するサービス。家庭的な環境と、地域住民との交流、両方の下で生活支援や機能訓練が受けられます。

3行でまとめ

  1. 一つの事業者が訪問、通い、宿泊のサービスを提供。他のサービスに比べ、利用者の希望に合わせた柔軟な対応ができるのが強み。

  2. 対象者は要支援1・2〜要介護5まで。サービスの中で日常生活支援や地域交流、機能回復訓練などが受けられる。

  3. 一つの事業所内での最大定員は29人。その分手厚いケアができるだけでなく、住み慣れた地域の顔なじみ同士で過ごせるのもメリット。

概要

小規模多機能型居宅介護は、利用者の選択に応じて施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」、自宅への「訪問」を組合せ、日常の生活支援や機能訓練を行うサービス。利用できるのは居宅(自宅だけでなく老人ホーム、軽費老人ホーム等なども含む)で暮らす要支援〜要介護の方です。看護と介護が連携しており、医療ケアが必要な方でも利用できます。1事業所がそれらのサービスを一元化して提供するため、複数の他サービスを利用するよりも柔軟な対応が可能。1事業所の定員は29人と少人数制です。地域密着型なので顔なじみの看護師、介護職員で手厚いケアが行えるほか、利用者も顔見知り同士という安心感があります。

対象・条件

年齢 60歳未満 60〜65歳 65歳以上

介護度 自立 要支援 要介護

×

その他の条件 認知症の受け入れ 収入の審査

なし

要支援1・2、要介護1〜5までの方のみ。ただし介護保険2号被保険者(がんや関節リウマチなど特定16疾病をもつ40〜64歳の方)も利用可能です。利用は原則としてその市町村在住の方に限られます。

費用・価格・料金

モデルケース1

地域加算のかからない地方部において、事業所と同一の建物に居住する方で、要介護1、介護保険自己負担比率1割の方の場合:1ヶ月の基本料金 9298円

モデルケース2

東京23区内(1級地)で、事業所と同一の建物でない(自宅など)に居住する方で、要介護5、介護保険自己負担比率2割の方の場合:1ヶ月の基本料金 5万9605円

モデルケース3

地域区分5級地において、事業所と同一の建物でない(自宅など)に居住する方で、要支援1、介護保険自己負担比率1割の方の場合:1ヶ月の基本料金 3591円

利用料金は、介護度、居住している場所、地域によって異なります。事業所と同じ建物に住んでいる場合と、それ以外の方に大別され、さらに介護度ごとに1か月ごとの基本料金が定められています。これに事業所・利用者別に加算項目が上乗せされます。また通いの場合は昼食代、宿泊を利用する場合は食費や宿泊費、おむつ代等が別途必要です。

サービス内容

居室・設備

居間(食堂)、台所、浴室、宿泊室、トイレなどが設置されています。居間は、概ね15人程度の通いの方が過ごすのに十分な広さになっています。宿泊室は原則1人利用。施設によりますが概ね9室ほど用意されています。個室や、壁や家具などで仕切られた準個室などが主流です。

料理・食事

通い、宿泊の場合は施設で食事が提供されます。台所が設置されており、料理はできるだけ利用者と事業者が共同で行うことが望ましいとされているため、利用者が台所に立つ施設も少なくありません。訪問の場合は、各家庭において介護職員が食材の買い出しに付き添ったり、料理を行うこともあります。

介護/看護/医療体制

日中の通いに対しては3人の利用者に対して1人以上、訪問に対応する職員が1人以上、夜は宿泊者に対応する職員と訪問に対応する職員がそれぞれ1人以上配置されており、24時間体制で全利用者のケアに当たっています。また、常勤ではないものの事業所ごとに看護師や准看護師が1人以上配置されています。常に連絡連携が取れる体制になっていて、看護ケアが必要な方も対応可能です。

介護のほんね入居相談室に相談する