広島県の老人ホーム・介護施設一覧

介護のほんねでは、「そんぽの家 南蔵王(旧名称:コミュニテイホームアミーユ南蔵王)」、「そんぽの家 福山城東(旧名称:コミュニティホーム アミーユ福山城東)」、『綺麗な施設』と評判の「SOMPOケア ラヴィーレ広島光が丘(旧名称:レストヴィラ広島光が丘)」をはじめとした、広島県の老人ホームを3050件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

広島県の市区町村からさがす

広島県の市区町村からさがす

路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR西日本からさがす

井原鉄道からさがす

スカイレールサービスからさがす

広島高速交通からさがす

広島電鉄からさがす

病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす

介護度

広島県の老人ホーム・介護施設一覧 3050

そんぽの家 福山城東(旧名称:コミュニティホーム アミーユ福山城東)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

そんぽの家 南蔵王(旧名称:コミュニテイホームアミーユ南蔵王)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

SOMPOケア ラヴィーレ広島光が丘(旧名称:レストヴィラ広島光が丘)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

SOMPOケア ラヴィーレ舟入(旧名称:レストヴィラ舟入)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

プレザンメゾン西広島(旧名称:たのしい家西広島)

有料老人ホーム 入居支援金対象

ベストライフ福山

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ベストライフ広島

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ベストライフ広島中区

有料老人ホーム 入居支援金対象

こだわり条件

ケアホーム・ソフィア

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

介護付有料老人ホームあかしあ大河

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

住宅型有料老人ホームメリィハウス西風新都

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

住宅型有料老人ホームメリィハウス八千代

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

介護付有料老人ホーム メリィハウス西風新都

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

介護付有料老人ホームメリィハウス八千代

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

ライフパートナー伴東

有料老人ホーム 入居支援金対象

こもれびの家可部

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

有料老人ホームチアフル西館(旧名称:ケアホームおひさま)

有料老人ホーム 入居支援金対象

有料老人ホームチアフル東館

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

こもれびの家 御薗宇

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

サービス付き高齢者向け住宅チアフル

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

会員登録は
お済みですか?

施設の口コミが見られるほか、おさがしの条件を登録しておくと、介護のほんね入居相談員が無料で施設さがしをサポートいたします!

会員登録する

広島県の介護施設・老人ホームの特徴

広島県は、人口約290万人で、中国地方の瀬戸内海に面した位置にある県です。南北を中国山地と四国山地に囲まれた地形で、その面積は全国の都道府県で10番目の広さ。原爆ドームや厳島神社といった世界遺産が観光地として有名です。四季折々の景色やスキーなどのレジャーも楽しめます。食べ物は、広島風お好み焼きやもみじまんじゅうが名物として知られています。牡蠣やアナゴといった海の幸を始め、レモンや松茸、広島牛など、
産物の生産も活発です。

広島県における高齢化率は27.3%で全国平均に近い数字ですが、年々上昇傾向となっています。市町村別にみると、大崎上島町や神石高原町、安芸太田町で45%を上回っているほか、庄原市や江田島市も40%を超える数字となっています。これらの各地域でも高齢化率は上昇傾向にあり、高齢化対策が急務となっています。

ベストライフやSOMPOケア ラヴィーレといった、大手企業が全国展開している老人ホームが各地にありますが、高齢化の進む大崎上島町や神石高原町、安芸太田町は施設数が少ない傾向にあります。また、広島県全体として高級路線の老人ホームは少なく、平均的な価格の施設が多くなっています。そのため、特別高級な老人ホームを探そうとすると、やや難しいかもしれません。

広島県では、高齢者の自立した生活を支えるために地域包括ケアシステムを全地域に広めることを目標として、第6期ひろしま高齢者プランを策定しています。このプランには、高齢者の社会参画や健康づくりのほか、介護サービスの整備や認知症施策などが内容として盛り込まれています。認知症対策としては、施策の取り組み促進を検討する推進会議も開かれています。この一環として、平成24~26年度には認知症地域連携パスの構築に向けて、県内4地域をモデルとした、連携ツールの作成や普及に関する取り組みが行われました。また、広島市でも独自の施策を行っており、あんしん電話設置もそのひとつ。これは、ひとり暮らしの高齢者が緊急時に発信装置のボタンを押すことで、電話相談センターが通報を受信し、近隣の協力員や消防局に事態を知らせる仕組みで、高齢者を見守る役割を担っています。