石川県の老人ホーム・介護施設

介護のほんねでは、『アクティブなスタッフと楽しい生活』と評判の「ベストライフ金沢」、「ワールドステイ松村」、「ワールドステイ神宮寺」をはじめとした、石川県の老人ホームを1172件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

石川県の市区町村からさがす
路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR西日本からさがす
北陸鉄道からさがす
のと鉄道からさがす
IRいしかわ鉄道からさがす
病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす
介護度
その他

石川県の老人ホーム・介護施設 1172

ベストライフ金沢

株式会社ベストライフ埼玉

住所
入居条件
自立 要支援 要介護
二人部屋あり

ワールドステイ神宮寺

株式会社ワールドステイ

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

ワールドステイ松村

株式会社ワールドステイ

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

ワールドステイののいち

株式会社ワールドステイ

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

ココファン金沢藤江

株式会社学研ココファン

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

ココファン金沢清川

株式会社学研ココファン

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

ココファン湯癒館・問屋町

株式会社学研ココファン

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

ココファン金沢鞍月

株式会社学研ココファン

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

ココファン金沢三ツ屋

株式会社学研ココファン

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

ココファン金沢泉が丘

株式会社学研ココファン

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

白寿の里 御経塚

株式会社白寿(石川県)

住所
入居条件
要介護1-5
生活保護相談可

ケアシス金沢南(旧名称:白寿園 金沢南)

株式会社アース(石川県)

住所
入居条件
要介護1-5

ひまわりの郷

有限会社シブヤ

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

太陽のプリズム河原

株式会社サンウェルズ

住所
入居条件
入居費用0円

リライフ白山

株式会社サンウェルズ

住所
入居条件

太陽のプリズム博労

株式会社サンウェルズ

住所
入居条件
入居費用0円

太陽のプリズム白山(旧名称:太陽のプリズム ロハス)

株式会社サンウェルズ

住所
入居条件
入居費用0円

太陽のプリズム藤江

株式会社サンウェルズ

住所
入居条件
入居費用0円

ココファン辰口

株式会社学研ココファン

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

白寿園金沢西

株式会社中央白寿会

住所
入居条件
要介護1-5

石川県の老人ホーム・介護施設の特徴

石川県は本州のちょうど中央部、日本海に突き出すように延びる南北に細長い形状の県です。その形状から海岸線が非常に長く、総延長で約580kmにもなります。人口は石川県全体で約115万人(2016年10月)、金沢市の人口が約45万人と突出して多く、県全体の4割近くの人口が同市に集中しています。加賀藩の時代に造られた兼六園や金沢城などの観光資源に加え、九谷焼、輪島塗、金沢箔など伝統工芸も多いことから、観光
業が盛んです。2015年には北陸新幹線が金沢まで開通、2022年には福井県敦賀市まで至る予定です。

石川県の高齢化率は平成26年10月の時点で27.1%になります。高齢化率の分布は県中央が23.9%と低く、能登北部では44.3%にもなります。高齢者人口の分布は県中央部が6割、南加賀で2割、能登中部・北部で2割と高齢化率の分布とは正反対、人口の少ない過疎地での高齢化が進行していることが窺えます。

県内の介護施設や老人ホームのうち、多くが金沢市に集中しています。各市町村にも1件以上の介護施設は存在しますが、町村になると選択肢は多くありません。地元法人の運営する介護施設がやや多めで、温泉付きの施設や豪華な食事など各施設で独自のサービスを行っています。石川県内には特徴的なサービスをおこなう介護施設が数多く立地しているといえます。

高齢化に伴い買い物弱者が問題になっていることから、買い物利便性向上事業が金沢市で実施されました。同市の商店街や民間事業者、地域団体と連携して新たな事業の立ち上げを支援するという内容で、24時間365日対応の買い物代行サービスなどが実現しています。自宅や住み慣れた地域で最後を迎えたいというニーズから、県内の医師や介護職員などとの連携の下、在宅医療にも力を入れています。また、団塊の世代が後期高齢者となる2025年を想定し、少子高齢化時代を見据えて結婚や出産、子育てへの支援、ワークライフバランスへの取り組みなど、ライフステージに応じた中長期的で幅の広い戦略も取り入れています。