三重県の老人ホーム・介護施設

介護のほんねでは、「リバティハウスⅠ」、「リバティハウスⅡ」、「しまの憩」をはじめとした、三重県の老人ホームを2099件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

三重県の市区町村からさがす
路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR東海からさがす
JR西日本からさがす
近畿日本鉄道からさがす
四日市あすなろう鉄道からさがす
三岐鉄道からさがす
伊勢鉄道からさがす
伊賀鉄道からさがす
養老鉄道からさがす
病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす
介護度
その他

三重県の老人ホーム・介護施設 2099

リバティハウスⅠ

社会福祉法人三重福祉会

住所
入居条件

リバティハウスⅡ

社会福祉法人三重福祉会

住所
入居条件
自立
二人部屋あり

しまの憩

株式会社フロンティアの介護

住所
入居条件
要支援 要介護
入居費用0円

ベストライフ長島

株式会社ベストライフ中部

住所
入居条件
自立 要支援 要介護

さわやかシーサイド鳥羽

株式会社さわやか倶楽部

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円 ショートステイ可

サービス付き高齢者向け住宅虹

株式会社CHEERFUL

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

住宅型有料老人ホーム虹D棟

株式会社CHEERFUL

住所
入居条件

住宅型有料老人ホーム虹C棟

株式会社CHEERFUL

住所
入居条件

住宅型有料老人ホーム虹B棟

株式会社CHEERFUL

住所
入居条件

サービス付き高齢者向け賃貸住宅虹B棟

株式会社CHEERFUL

住所
入居条件

サービス付き高齢者向け賃貸住宅虹A棟

株式会社CHEERFUL

住所
入居条件

住宅型有料老人ホーム虹A棟

株式会社CHEERFUL

住所
入居条件

グループリビング亀山

メディカル・ケア・サービス株式会社

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

憩いの里津ケアホーム

株式会社ライフ・テクノサービス

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

憩いの里四日市ケアホーム

株式会社ライフ・テクノサービス

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

住宅型有料老人ホーム なごみ

にこ株式会社

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5

エスぺランサ

株式会社みどりの森

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

みらくる

株式会社すみれ(三重県)

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

有料老人ホーム椛(旧名称:宅老所椛)

有限会社椛

住所
入居条件
入居費用0円

住宅型有料老人ホーム志摩新生館

株式会社サン・ドリームナゴヤ

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

近隣の都道府県から再検索する

三重県の老人ホーム・介護施設の特徴

三重県は、紀伊半島の東半分に位置しており、日本列島のほぼ真ん中にある県です。人口は約182万人。登山やスキーが楽しめる山岳や、眺めの良いリアス式海岸など、豊かな自然に恵まれています。伊勢神宮や、世界遺産の熊野古道、イルミネーションで有名な「なばなの里」などの観光名所があるのも三重県の特徴。松阪牛や伊勢えび、あわびといったグルメも豊富で、これらを目的に多くの観光客が訪れています。あわびなどを採る海女
さんの数は、全国で日本一です。

三重県の高齢化率は27.9%。全国平均の26.6%と比べると、やや高い数値です。他の都道府県と同様に、人口は徐々に減っていく一方で、高齢化率は今後も上昇していく傾向にあります。市町村別に見ると、尾鷲市・熊野市・大紀町・南伊勢町・紀北町で40%を上回っている状況です。他にも、鳥羽市や志摩市など、30%を超えている市町村がいくつかあります。

三重県全体では、県庁所在地である津市を中心に、比較的多くの介護施設が存在します。東京に本社を置く大手企業のほか、三重県内や東海地方を拠点とする企業が運営する老人ホームも少なくありません。介護施設の特徴としては、自然に囲まれた穏やかな雰囲気のところが多いことと、価格がリーズナブルな施設が多いことが挙げられます。高級路線の老人ホームを希望するなら、名古屋方面で探す方が良いかもしれません。

三重県では、県全体で地域包括ケアを進めていく活動をしているほか、市町村単位でも独自の取り組みをしています。玉城町では、利用者が自由に乗り降りする場所や時刻を決められる、「オンデマンド交通」を導入しました。「元気バス」と呼ばれるこのバスは、高齢者の通院や買い物などにおいて、重要な交通手段となっています。気軽に利用できるこのバスを導入したことで、高齢者同士の交流が深まり、活動量の増加につながったとのこと。また、伊勢市厚生地区では、地域で助け合う取り組みがされています。住民たちでつくる「厚生地区まちづくりの会」が「厚生お助け隊」を結成。買い物弱者向けの商品宅配や、掃除・買い物の付き添いなどを行っています。