滋賀県の老人ホーム・介護施設

介護のほんねでは、「ハーモニーハウス甲賀」、「湖郷の彩風・彦根」、「エイジフリーハウス草津野村」をはじめとした、滋賀県の老人ホームを1190件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

滋賀県の市区町村からさがす

滋賀県の市区町村からさがす

路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR東海からさがす
JR西日本からさがす
京阪電鉄からさがす
近江鉄道からさがす
信楽高原鐵道からさがす
病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす
介護度
その他

滋賀県の老人ホーム・介護施設 1190

ハーモニーハウス甲賀

自立 要支援1-2 要介護1-5

湖郷の彩風・彦根

日本シニアライフ株式会社

自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円 二人部屋あり

エイジフリーハウス草津野村

自立 要支援1-2 要介護1-5

アクティバ琵琶

トラストガーデン株式会社

自立 要支援1-2 要介護1
60歳以上入居可 二人部屋あり

ハーモニーハウス愛荘

自立 要支援 要介護

イリーゼ草津

要介護1-5
入居費用0円

大津月輪ケアコミュニティそよ風

自立 要支援1-2 要介護1-5
60歳以上入居可

リーガテラス瀬田

株式会社リーガル不動産

要介護1-5
生活保護相談可

サンライフ栗東

株式会社リーガル不動産

要介護1-5
生活保護相談可

リーガテラス南草津

株式会社リーガル不動産

要介護1-5
生活保護相談可

リーガテラス瀬田アネックス

株式会社リーガル不動産

要介護1-5
生活保護相談可

リーガテラス南草津ロイヤル

株式会社リーガル不動産

要介護1-5
生活保護相談可

ケアパートメント豊郷Ⅰ番館

アイデータ株式会社

すまいるⅠ号館

自立 要支援1-2 要介護1-5

ハーネスト唐崎

医療法人社団あかつき会

要支援1-2 要介護1-5

エスケア ザ・グランド湖南リゾート(旧名称:レガロアコンフォート湖南リゾート)

株式会社ネクストライフ

自立 要支援1-2 要介護1-5

レガロアコンフォートRAC滋賀

株式会社はぴねすさぽーと

要支援1-2 要介護1-5

エスケア ザ・グランド草津(旧名称:レガロアコンフォート草津)

株式会社ネクストライフ

60歳未満入居可 60歳以上入居可

レガロアコンフォート大津おごと

株式会社はぴねすさぽーと

要支援1-2 要介護1-5

レガロアコンフォート大津月輪

株式会社はぴねすさぽーと

要支援1-2 要介護1-5
無料の入居相談であなたに最適な施設が見つかります!
フリーダイヤル(無料)

0120-002718

滋賀県の老人ホーム・介護施設の特徴

滋賀県は大津市に県庁所在地をおく人口約141万人の県です。豊かな自然に恵まれており、県の面積の6分の1を占める琵琶湖は近畿地方の重要な水源となっています。滋賀県は東海道や中山道が通るなど、古くから交通の名所として栄えてきた歴史があります。彦根城、安土城、長浜城を始め県内にある城郭の数は1300を超えるとされており、国宝を含めた重要文化財の登録数は全国4位。歴史や文化との触れ合いを目的に滋賀県を訪れ
る観光客が多く、外国人観光客数も増加傾向にあります。産業は工業が盛ん。県内総生産に占める第2次産業の割合は、平成25年度現在で全国1位となっています。

滋賀県の高齢化率は平成28年で24.8%と、全国平均の27.3%よりも低くなっています。また、0~14歳の年少人口の割合や出生率は高く、全国的にも上位に位置しています。高齢化率を地域別でみると、湖東圏域の多賀町が33.6%、湖西圏域の高島市で33.5%。一方、草津市、守山市、栗東市、野洲市のある湖南圏域全体の高齢化率は20.8%です。これは、湖南圏域に主要大学があること、また大阪や京都市内からのアクセスがよいためベッドタウンとしての機能を果たしていることなどが理由として考えられます。

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の数は他県と比べると少ないのが現状です。人気の介護施設は常に満床もしくは順番待ちの状態であることが多いでしょう。とくに琵琶湖を臨む介護施設はその環境のよさが人気を呼び、地域の方以外にも他県からの入居希望者が多い傾向にあります。滋賀県で介護施設を探す際には、条件を少し緩めてみるなど幅広い探し方をするとよいでしょう。

滋賀県では、これからの医療や介護に対するニーズの高まりを見据え、「医療・介護から予防」への転換を目指しています。その一つとして始まったのが「しがウェルネスファーム(SWF)」。保健・医療・福祉の現場と、地域住民に対する健康支援サービスを展開しようと考えている民間企業のマッチングを行っていきます。この取り組みにより、守山市では「のび体操」がスタート。現場のニーズを形にした事業の創出に取り組んでいます。滋賀県は、いまある資源をしっかりと活用しながら、県民ができる限り医療や介護に頼らず健康で過ごせる地域づくりに励む県といえます。