群馬県の老人ホーム・介護施設一覧

介護のほんねでは、「家族の家ひまわり大泉【2018年7月オープン】」、「ベストライフ星の里」、『アットホーム』と評判の「太田駅前ケアパークそよ風」をはじめとした、群馬県の老人ホームを2487件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR東日本からさがす

東武鉄道からさがす

わたらせ渓谷鐵道からさがす

上信電鉄からさがす

上毛電気鉄道からさがす

病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす

月額費用

介護度

群馬県の老人ホーム・介護施設一覧 2487

家族の家ひまわり大泉【2018年7月オープン】

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

ベストライフ星の里

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

太田駅前ケアパークそよ風

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

あずみ苑グランデ太田

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

サービス付高齢者住宅はなことば前橋

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

こだわり条件

家族の家ひまわり館林

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

こだわり条件

サービス付き高齢者向け住宅 はなことば高崎

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

こだわり条件

サンクレセント太田【2018年6月3日オープン】

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

あいりす吉井

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ヴィラ清里

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ナーシングホームnagomi

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

咲楽パークス日高

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

サービス付き高齢者向け住宅みかぼの郷(旧名称:あんず)

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

はなみずき榛東

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

有料老人ホームがゆう

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

サービス付き高齢者向け住宅 みずきの里

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

住宅型有料老人ホーム五代・東山

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

はなぞの

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

こだわり条件

プチスタイル若宮

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ゆりの里

有料老人ホーム 入居支援金対象

こだわり条件

会員登録は
お済みですか?

施設の口コミが見られるほか、おさがしの条件を登録しておくと、介護のほんね入居相談員が無料で施設さがしをサポートいたします!

会員登録する

群馬県の介護施設・老人ホームの特徴

群馬県は、人口約198万人の日本列島のほぼ中央にある内陸県です。その広さは約6362平方キロメートルで、関東では栃木に次ぐ2番目の広さ。土地の約6割は森林に覆われ、2000メートル級の山岳や尾瀬などの湿原、湖、吾妻峡をはじめとする渓谷や利根の清流といった美しい大自然があるのが特徴です。「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産に選ばれたことでも注目を集めました。収穫量全国1位のこんにゃくいもや、下仁田
町を中心に生産している下仁田ねぎといった農産物も豊富です。

群馬県の老年人口割合は年々上昇を続けていて、平成25年には25.8%と過去最高に達しています。群馬県内で最も老年人口割合が高いのが南牧村(58.5%)、最も低いのが玉村町(19.2%)です。群馬県全体で年少人口、生産年齢人口は減少の一途をたどっていることから、今後ますます高齢化が進むと予測されます。

群馬県内には、東京に本社を置く大手企業をはじめとして、地元企業や医療法人などが運営する老人ホームがあり、選択肢は幅広くあります。しかし、最も高齢化の進んでいる南牧村などのような地域には、民間企業が運営するような老人ホームはほとんどないため、注意が必要です。前橋市や高崎市といった群馬県の中心地域には、老人ホームが数多くあるので、そのあたりの地域であれば探しやすいでしょう。

群馬県では積極的に認知症対策を行っています。認知症地域連携パス「ささえあい手帳」を発行し、認知症の人や家族の支援者が、診療情報や介護サービスの利用状況などの情報共有がしやすいように工夫しているのもその一つです。元気なシニアに向けては、希望者に「ぐんまちょい得シニアパスポート(ぐーちょきシニアパスポート)」を配布しています。積極的な外出を促し、地域との交流や健康維持をしてもらうことが目的です。また、県のアンケート調査によると、県内の介護施設を運営する事業所は、人材確保のために外国人雇用を行うことに前向きであると答えています。これを受け、県は日本語教室や事業所向けの受け入れ準備講座の開催などを始めています。