茨城県の老人ホーム・介護施設一覧

介護のほんねでは、『アットホームで住んでいて楽しい介護施設』と評判の「ラ・ナシカひたちなか」、『雰囲気がいい』と評判の「ご長寿くらぶ土浦・みぎもみ」、「ご長寿くらぶ水戸・金町」をはじめとした、茨城県の老人ホームを2384件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

茨城県の市区町村からさがす
路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR東日本からさがす
首都圏新都市鉄道からさがす
ひたちなか海浜鉄道からさがす
関東鉄道からさがす
鹿島鉄道からさがす
鹿島臨海鉄道からさがす
真岡鐵道からさがす
病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす
介護度

茨城県の老人ホーム・介護施設一覧 2384

ラ・ナシカひたちなか

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ご長寿くらぶ古河・西町A棟【2019年4月オープン】

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ土浦・小松【2019年3月オープン】

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ水戸・石川【2019年2月オープン】

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ牛久・城中Ⅱ

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ牛久・城中Ⅰ

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ土浦・みぎもみ

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶつくばみらい・小絹

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶつくばみらい・伊奈東

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶつくばみらい・みらい平

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ龍ヶ崎・下町

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ新取手

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

ご長寿くらぶ取手・藤代

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ取手・駒場Ⅱ

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ水戸・金町

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶひたちなか・笹野Ⅰ

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

ご長寿くらぶ日立・大沼

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ日立・本宮

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ご長寿くらぶ日立・諏訪Ⅱ

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

ご長寿くらぶ日立・諏訪Ⅰ

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

会員登録は
お済みですか?

施設の口コミが見られるほか、おさがしの条件を登録しておくと、介護のほんね入居相談員が無料で施設さがしをサポートいたします!

会員登録する

茨城県の介護施設・老人ホームの特徴

茨城県は、人口約290万人で、関東地方の北東部に位置しています。北部には、久慈山地・多賀山地などの山々が連なり、中央部から南西部には、関東平野の一部である常総平野が広がります。南部は流域面積全国第1位の利根川が流れており、これを境として千葉県・埼玉県と隣接。南部は、近年、東京に住む子世代などからも人気の高いエリアで、つくばエクスプレスや常磐線などでもアクセス良好です。ほどよい自然に囲まれ、のんびり
暮らしやすいところが多くなっています。ネモフィラやコキアの花畑などで有名な国営ひたち海浜公園や、筑波山が観光地として有名。地元の食べ物は、常陸牛や納豆、生産量日本一のメロンなどがよく知られています。

平成27年のデータでは、茨城県の高齢化率は26.8%で全国平均をわずかに上回っています。茨城県内各地域(県北・県央・鹿行・県南・県西)をそれぞれで見ても、県北地域が28%台と若干高いものの、他の地域は26%前後で、その差はほとんどありません。しかし、大子町や利根町などの、一部地域では高齢化率が40%前後となっており高齢化が急速に進んでいます。将来的には全国の傾向と同様に、徐々に高齢化が進んでいくことが予測されています。

全国に老人ホームを展開している株式会社ニチイ学館や、株式会社ツクイといった大手企業が県内に老人ホームを運営しています。また、茨城県に本社を置く株式会社いっしんが、有料老人ホームやグループホームといったさまざまな業態を展開しています。老人ホームは、水戸市をはじめとし、日立市やつくば市、土浦市に多く所在。入居する老人ホームを探す際は、これらの地域であれば比較的探しやすいと言えるでしょう。

茨城県では、高齢者支援のため「いばらき高齢者プラン21」を策定しています。このプランでは、「『地域包括ケアシステム』構築による誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる社会の実現」を目標とし、地域づくりや環境づくり、介護サービスの整備や人材確保などさまざまな施策が行われています。また、県内の龍ケ崎市では、携帯電話の開閉回数や電池残量などを使って異変の兆候を察知する、高齢者の見守りサービスを始めると発表しています。