和歌山県の老人ホーム・介護施設

介護のほんねでは、「ハピネスハウス成幸」、「ロイヤルケア 向陽 太田」、『和やかな雰囲気』と評判の「清美の郷あゆむ」をはじめとした、和歌山県の老人ホームを1276件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR東海からさがす
JR西日本からさがす
南海電鉄からさがす
紀州鉄道からさがす
和歌山電鐵からさがす
病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす
月額費用
介護度
その他

和歌山県の老人ホーム・介護施設 1276

ハピネスハウス成幸

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

ロイヤルケア 向陽 太田

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

蒲輪の里 セゾン西浜

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
要介護1-5

清美の郷あゆむ

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
要介護1-5

ひだまり

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
要介護1-5

Kiyomi's郷あゆむ

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
要介護1-5

そうせい園部

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5

福徳の里

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
要介護1-5

蒲輪の里西浜

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5

そうせい関戸

フジ・アメニティサービス株式会社

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5

さわやか和歌山館

株式会社さわやか倶楽部

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

ニチイケアセンター木の国ありもと

株式会社ニチイ学館

住所
入居条件
自立 要支援 要介護
入居費用0円

ライフサイズ野崎(旧名称:ピュアネス野崎)

株式会社KINJITO

住所
入居条件

介護付き有料老人ホーム第2あすか苑

株式会社あおぞらケアセンター

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

あすか苑

株式会社あおぞらケアセンター

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

かいてきの郷

株式会社ジュネス(和歌山県)

住所
入居条件
要介護1-5
入居費用0円

やすらぎ

株式会社やすらぎ(和歌山県)

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

はまゆう倶楽部南紀白浜

株式会社メディエイト

住所
入居条件
要介護1-5
二人部屋あり

湧れの杜

有限会社ViVifala島ゆかこ

住所
入居条件
要介護1-5

粋の杜

有限会社ViVifala島ゆかこ

住所
入居条件
要介護1-5

LINE で無料入居相談

LINEで気軽に相談OK!

LINE LINEで相談する

QRコードからも
アクセス!

@kaigonohonne

QRコード

和歌山県の老人ホーム・介護施設の特徴

和歌山県は、紀伊半島の西半分に位置する県で、人口は約95万人です。世界遺産である高野山や熊野三山、日本三大火祭りのひとつである那智の火祭り、白良浜などの観光地でも知られています。パンダが見られるアドベンチャーワールドも人気です。和歌山県のグルメといえば、和歌山ラーメンや柿の葉寿司も有名。農業も盛んで、特に柿の生産量は日本一。柿を干して作ったあんぽ柿も特産品です。また、梅栽培の「みなべ・田辺の梅シス
テム」は世界農業遺産に登録されています。

和歌山県の高齢化率は、29.5%。この数値は全国で6位、近隣の都道府県で比べると1位となります。市町村別に見ると、古座川町で50.4%、北山村で49.7%、すさみ町で43.8%と、かなり高い数値のところも。橋本町は、県内で3番目に高齢化率が低い地域ですが、それでも27.8%と全国平均約26%を上回っている状況です。全国的に高齢化率が上昇していく傾向にある中、三重県は特に急速に高齢化が進んでいくことが予測されます。

和歌山県内の老人ホームは、その半数近くが和歌山市内にあります。県内でも高齢化が進んでいる古座川町や北山村などは、施設が数件しかないため、入所を希望するなら他の地域へ移ることも検討する必要がありそうです。県内には、都内や大阪などに本社を置く大手企業が運営する老人ホームや、地元の法人が運営する介護施設まで、いろいろな施設があります。それぞれで特徴があるので、どこを優先ポイントとするか考えながら選ぶと良いでしょう。

和歌山県では、身体的な理由や、住んでいる場所の都合などで、自力で外出することが難しい高齢者のために、福祉有償運送を行う法人などを支援する事業を行っています。福祉有償運送とは、福祉的な観点から、NPO法人などにボランティア有償運送を認める登録制度のこと。これにより、高齢者が通院や買い物などしやすくなることが目的です。他にも、地域で支え合う仕組みづくりや、高齢者の生きがいづくりの対策を行っています。また、県は2004年から、「わかやまシニアエクササイズ」として介護予防運動を進める活動を始めました。2015年の調査で、和歌山県は要介護認定率全国1位となっています。活動開始後から認定率は低下し始めており、継続することで今後の効果が期待されています。