和歌山県の老人ホーム・介護施設

介護のほんねでは、「ニチイケアセンター木の国ありもと」、「ハピネスハウス成幸」、『和やかな雰囲気』と評判の「清美の郷あゆむ」をはじめとした、和歌山県の老人ホームを1277件掲載中。

市区町村から探す

路線・駅から探す

和歌山県の市区町村からさがす

路線・駅からさがす

JR東海からさがす
JR西日本からさがす
南海電鉄からさがす
紀州鉄道からさがす
和歌山電鐵からさがす
費用

費用からさがす

月額費用
入居費用
施設区分・介護度・空室状況

施設区分・介護度・空室状況からさがす

施設区分
施設の特徴
介護度
空室状況
特徴

特徴からさがす

受け入れ体制
施設設備・ルール
入居詳細条件
医療看護体制

気になる施設を チェックすると、まとめて資料請求・空室確認・見学申込みができます。

※施設によっては資料請求できない場合もございます。予めご了承ください。

和歌山県の老人ホーム・介護施設 1277

株式会社ニチイ学館

  • 空室状況
    5室以上
    12/01更新
  • 費用
    月額費用
    17.2 万円
    ※旧税率(8%)に基く税込価格です。新税率(10%)の費用はお問い合わせください。
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援 要介護
    入居費用0円

フジ・アメニティサービス株式会社

  • 空室状況
    5室以上
    12/03更新
  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    10.0 15.6 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    二人部屋あり

フジ・アメニティサービス株式会社

  • 空室状況
    残り 合計4
    12/03更新
  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    10.3 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5

フジ・アメニティサービス株式会社

  • 空室状況
    残り 合計2
    12/03更新
  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    10.3 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5

フジ・アメニティサービス株式会社

  • 空室状況
    残り 合計1
    12/03更新
  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    10.0 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5

フジ・アメニティサービス株式会社

  • 空室状況
    残り 合計1
    12/03更新
  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    10.3 16.5 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5

フジ・アメニティサービス株式会社

  • 空室状況
    5室以上
    12/03更新
  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    10.3 万円
    ※旧税率(8%)に基く税込価格です。新税率(10%)の費用はお問い合わせください。
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5

フジ・アメニティサービス株式会社

  • 空室状況
    残り 合計2
    12/03更新
  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    10.1 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5

フジ・アメニティサービス株式会社

  • 費用
    入居費用
    10.0 万円
    月額費用
    10.6 16.9 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    二人部屋あり

フジ・アメニティサービス株式会社

フジ・アメニティサービス株式会社

株式会社さわやか倶楽部

  • 費用
    月額費用
    13.6 万円
    ※旧税率(8%)に基く税込価格です。新税率(10%)の費用はお問い合わせください。
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

ライジングサン株式会社

株式会社みのり

株式会社みのり

株式会社大東アルミ

医療法人あさかクリニック

  • 費用
    月額費用
    10.7 23.1 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円 二人部屋あり

医療法人あさかクリニック

株式会社はるす

  • 費用
    入居費用
    15.0 万円
    月額費用
    12.5 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5

みとうメディカル株式会社

  • 費用
    入居費用
    5.7 万円
    月額費用
    13.3 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

LINE で無料入居相談

LINEで気軽に相談OK!

LINE LINEで相談する
QRコード

QRコードを読み取ると、LINEで気軽にご相談が可能です!

和歌山県の老人ホーム・介護施設のよくある質問

和歌山県の老人ホーム・介護施設の見学時の新型コロナウイルスへの感染症対策にはどんなものがありますか?

実際の施設見学にあたり、施設では感染リスクを最小限に抑えるため以下のような感染対策を実施しています。

・マスク着用をお願いしています。

・手指(場合によっては靴裏なども)のアルコール消毒、手洗いうがいを実施しています。

・見学人数を制限しております。

・お急ぎの方を優先して見学を受付けしています。

・発熱 / 全身倦怠感 / 息苦しさ / 咳などの風邪の症状 / 嗅覚障害 / 味覚障害等のある方には見学をご遠慮いただいております。


さらに、対面での見学が不安な方のためにビデオチャットを用いたオンライン見学を実施している施設もありますので気になる方はぜひご検討ください。(※2020年12月03日現在、 和歌山県のオンライン施設見学が可能な施設4件ございます。)

老人ホームの種類について教えて下さい。

介護施設や老人ホームには、入居条件やサービス内容、運営主体などによってさまざまな種類があり、とても複雑です。それらの老人ホームの種類や費用などをわかりやすくまとめてみました。ご参考に、ぜひご覧ください。

和歌山県の高級老人ホームを紹介することはできますか?

はい。もちろん可能です。

高級施設は入居一時金や月額費用の相場は高いものの、そのぶん特別なサービスが豊富にあります。

「一流レストランのシェフが栄養価も考えたうえで調理をする」「外部からプロの講師を招いてレクリエーション体験ができる」「プールやマシーンを使ってリハビリができる」など、生活の質そのものが高まるのが特徴です。(2020年12月03日現在、 和歌山県の高級・プレミアム施設 は全部で2件ございます。)

和歌山県で入居費用0円の老人ホーム・介護施設はありますか?

2020年12月03日現在、和歌山県の入居費用0円の介護施設・老人ホームは全部で85件ございます。

施設に入居する際には、一般的にまとまった初期費用がかかってしまうものです。最初に費用が発生しない場合、入居のハードルが下がります。介護は何かとお金がかかってしまうものです。予算と照らし合わせながら、無理のないかたちで入居をご検討ください。

和歌山県の老人ホーム・介護施設の特徴

和歌山県は、紀伊半島の西半分に位置する県で、人口は約95万人です。世界遺産である高野山や熊野三山、日本三大火祭りのひとつである那智の火祭り、白良浜などの観光地でも知られています。パンダが見られるアドベンチャーワールドも人気です。和歌山県のグルメといえば、和歌山ラーメンや柿の葉寿司も有名。農業も盛んで、特に柿の生産量は日本一。柿を干して作ったあんぽ柿も特産品です。また、梅栽培の「みなべ・田辺の梅システム」は世界農業遺産に登録されています。

和歌山県の高齢化率は、29.5%。この数値は全国で6位、近隣の都道府県で比べると1位となります。市町村別に見ると、古座川町で50.4%、北山村で49.7%、すさみ町で43.8%と、かなり高い数値のところも。橋本町は、県内で3番目に高齢化率が低い地域ですが、それでも27.8%と全国平均約26%を上回っている状況です。全国的に高齢化率が上昇していく傾向にある中、三重県は特に急速に高齢化が進んでいくことが予測されます。

和歌山県内の老人ホームは、その半数近くが和歌山市内にあります。県内でも高齢化が進んでいる古座川町や北山村などは、施設が数件しかないため、入所を希望するなら他の地域へ移ることも検討する必要がありそうです。県内には、都内や大阪などに本社を置く大手企業が運営する老人ホームや、地元の法人が運営する介護施設まで、いろいろな施設があります。それぞれで特徴があるので、どこを優先ポイントとするか考えながら選ぶと良いでしょう。

和歌山県では、身体的な理由や、住んでいる場所の都合などで、自力で外出することが難しい高齢者のために、福祉有償運送を行う法人などを支援する事業を行っています。福祉有償運送とは、福祉的な観点から、NPO法人などにボランティア有償運送を認める登録制度のこと。これにより、高齢者が通院や買い物などしやすくなることが目的です。他にも、地域で支え合う仕組みづくりや、高齢者の生きがいづくりの対策を行っています。また、県は2004年から、「わかやまシニアエクササイズ」として介護予防運動を進める活動を始めました。2015年の調査で、和歌山県は要介護認定率全国1位となっています。活動開始後から認定率は低下し始めており、継続することで今後の効果が期待されています。