有料老人ホームとは|費用・種類・他の施設との違いなどを紹介

家族が年齢を重ね高齢者となってくると、介護について考えることでしょう。介護は自宅でもできることではありますが、この際有料老人ホームを利用することを検討してみてはいかがでしょうか?

今回はよく疑問にありがちな有料老人ホームの費用や種類の違いなどをご紹介していきます。有料老人ホーム選びに役立つ情報ですので、ぜひ最後までご覧ください。

有料老人ホームとは|費用・種類・他の施設との違いなどを紹介
平栗 潤一

この記事の監修

平栗 潤一

一般社団法人 日本介護協会 理事長

大手介護専門学校にて12年で約2,000名の人材育成に関わり、その後、人材定着に悩む介護事業所の人材育成や運営支援を実施。2020年4月からは一般社団法人日本介護協会の理事長に就任し、介護業界の発展を目指して介護甲子園を主催している。

有料老人ホームとは日常生活に欠かせないことをサポートしてくれる施設

有料老人ホームとは高齢者向けに心身の健康を保ちながら楽しく生活できるよう、あらゆるサービスを整えた住まいのことを指します。入浴や排泄、食事の提供、食事の提供・介護に加えその他の日常生活を送るうえで欠かせないことをサポートすることを目的に作られているのが特徴です。

そんな有料老人ホームは入居するためには数千万円といった高額が費用を必要とするものだと認知されている傾向にあります。家族の多くは費用が高い故に有料老人ホームを候補から外している姿が多々見られます。

しかし有料老人ホームはここ数年で変わってきており、入居費は低価格化し環境の向上も見られ、今や多くの人に利用されやすい施設に変化してきているのです。

【種類別】有料老人ホームの特徴

整った環境での充実した暮らしを得られる有料老人ホームは様々な種類があります。特徴もそれぞれ違ってくるので、詳しくご紹介していきましょう。

有料老人ホームは介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホーム、そして健康型有料老人ホームの3つに分類されます。

介護付き有料老人ホームの特徴は「介護スタッフが24時間365日常駐していること」

介護付き有料老人ホームの特徴には、介護スタッフが24時間365日常駐する形で生活のサポートや相談、見守り、安否確認でセカンドライフの安心安全を作っていきます。施設によって提供できるサービスには若干の違いがありますが、認知症介護や看取りなど様々なニーズに対応しているのが特徴です。

費用に関しては介護度に応じた一定の月額費用で介護サービスが提供されています。入居できる年齢は60歳以上や65歳以上に設定されているところが多いですが、ただそれよりも若い年齢であっても特定疾病であれば要介護認定が下りる形で入居できる施設もあります。

そして介護付き有料老人ホームは、さらに3つの種類にも分けられるのです。

介護付き有料老人ホームについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

介護付き有料老人ホーム(入居時自立型)の特徴は自立の方のみを対象にしていること

介護付き有料老人ホーム(入居時自立型)は入居時に自立していることを条件にしている有料老人ホームです。そのため、要介護1~5に値する方は残念ながら入居ができません。

身の回りのことが自分でできる状態の人に合わせた施設となっているので、介護スタッフの人数は比較的少ないのが特徴であり、さらに娯楽を楽しめる設備もたくさん備わっている傾向にあります。ただし自立状態から要介護状態に写ってしまうと退去しなくてはならない可能性もあるので注意が必要です。

介護付き有料老人ホーム(介護専用型)の特徴は要介護1以上の方を対象にしていること

介護専用型となるとこちらは、先ほどとは違い要介護1~5にあたる方のみが入居可能となります。介護スタッフの数は増え、施設の中にはリハビリ設備が整っていることが多いです。

介護付き有料老人ホーム(混合型)の特徴は幅広い方に柔軟に対応できること

混合型は入居時自立型と介護専用型のどちらの特徴も備えた施設です。自立状態である方でも、要介護である方どちらも入居可能となっています。

住宅型有料老人ホームの特徴はあくまで生活上のサポートのみであること

住宅型有料老人ホームでは、原則65歳以上で自立~軽度の要介護の方が入居対象となっている老人ホームです。提供されるサービスは生活上のサポートに留まり食事の提供に洗濯、清掃といったことだけになります。

ただし一部の施設では介護サービスを受けることも可能です。入居者がケアマネージャーやホームヘルパーと個別契約をすることで、デイサービスや在宅介護といった形にはなりますが、介護サービスが受けられます。

そんな住宅型有料老人ホームの最大の特徴となるのがレクリエーションやイベントといった楽しみが豊富に詰まっていることです。サークル活動も充実している施設が多く、他の施設以上にこれらのクオリティを高めている施設が多くなってきています。

住宅型有料老人ホームについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

健康型有料老人ホームの特徴は自立の方を対象にしていること

健康型有料老人ホームでは住宅型有料老人ホーム以上に健康的で元気な高齢者に向けた施設です。入居条件は厳しくなり原則65歳以上であることに加えて完全に自立している方が対象です。介護が必要な場合になると基本的に入居対象外になってしまうのでご注意ください。

入居後に要介護状態になってしまった方はこれまでに介護サービスが受けられえる施設に移動せざるを得なくなった方が多いです。ただ、健康型の有料老人ホームも住宅型同様にセカンドライフを充実させるためのサービスが充実している場所が多いです。レクリエーションやイベント活動をたくさん行い、日頃から将棋や囲碁、運動といった趣味を満喫できる施設の造りも魅力的に感じるでしょう。

健康型有料老人ホームについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【種類別】有料老人ホームの費用をあらかじめ知っておく

続いては有料老人ホームの費用について詳しく見ていきましょう。

その他も含めた介護にかかる費用について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

大きく分けると「入居一時金」と「月額利用料」がある

有料老人ホームへ入居する場合、入居一時金と呼ばれる費用と月額利用料が必要になってきます。入居一時金とは看取りができる有料老人ホーム特有のシステムで、その施設を終身利用する権利を取得する意味が込められています

金額は決まりがなく施設によってもバラバラですが入居一時金が高い施設では1,500万円以上かかる所もあるのです。入居一時金は、入居時に一部の金額が初期償却され、残りの金額に関しては年を重ねると共に徐々に償却されていきます。

ただしこの入居一時金は退去した場合、未償却金が返還される仕組みも備わっています。長年住んでいると償却される金額は少なくなってしまいますが、万一入居から数年で退去せざるを得なくなった時には入居一時金が戻ってくると覚えておきましょう。

一方で月額利用料は毎月新たに支払う必要がある費用で、施設を運営する賃料、水道光熱費を含む管理費、そして食費が主な内訳内容になっています。他にも別途費用として介護サービスを利用する際の自己負担額や、嗜好品代、趣味娯楽費、理美容代なども加算された上で毎月算出されて支払う必要があります。

介護付き有料老人ホームの費用は幅が広い

気になる費用の数字ですが、介護付き有料老人ホームから見てみると入居一時金の相場は350万円程度、月額利用料に関しては22万円が平均値です。ただし介護付き有料老人ホームの費用はかなり上と下で金額の差が大きいことが特徴として挙げられます。入居一時金が0円で済む場所もあれば、先ほどご紹介したように1,500万円にも及ぶ場所があるように様々です。

そして入居一時金が安い施設というのは月額利用料が高い傾向にあることを覚えておきましょう。

住宅型有料老人ホームの費用は介護付きより安いが、介護サービス費は含まれない

住宅型有料老人ホームでは入居一時金の平均は88万円、月額利用料金に関しては13万円前後が平均値となっています。介護付き有料老人ホームと比べると費用の差は大きく、できることならば住宅型を選びたくなることでしょう。

ただし、一つ覚えておきたい注意点として住宅型有料老人ホームでは要介護認定の段階ごとに毎月、利用分に応じたサービス料が別途でかかります。限度額で支払った際の金額は要支援1であれば毎月5,430円、要介護1であれば毎月1万6,080円、要介護5では毎月2万4,120円です。住宅型であれば、別途での支払いが必要になります。いっぽう、介護付き有料老人ホームであれば月額利用料に含まれています。

健康型有料老人ホームの費用は入居一時金が高額になる

健康型有料老人ホームがご紹介してきた中でも最も入居一時金が高い傾向にある施設です。その費用は数億円にもなる場所もあり、月額利用料に関しては10~40万円が相場になっています。

ただ、健康型有料老人ホームでは介護が必要になると退去しなければならないため、多くの場合が入居一時金を償却するまでに至りません。入居数年後には退去した一部が手元に戻ってくるので、実際にはそんなに負担になる訳でもないでしょう。

介護保険を使った場合の自己負担額は1~3割で済む

介護が必要な方お金が給付される介護保険は、有料老人ホームの介護サービス費用を支払うことにも利用できます。気になる介護保険を使用した際の自己負担割合ですが、これは総額の1~3割の負担で済みます。残りの7~9割は国や都道府県の税金によって賄われており、格段に費用を抑えることが可能になっているのです。

介護保険料について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

もし費用を払えない場合も即座に退去が必要になることはない

介護保険を使用したとは云えどもそれでも負担が0になるわけではないので、なかには費用が払えない問題に直面する方もいることでしょう。そのような場合でもすぐに退去させられることはないので安心してください。基本的には1~2ヶ月程度猶予が設けられているはずなので、入居者が不安に思うこともありません。

ただし3ヶ月滞納するといったようにあまりにも長引かせてしまうようだと、身元引受人(連帯保証人)に支払い要請がいったり、強制退去を求められたりする場合があるので注意してください。もし費用が払えなくなりそうだと分かったら早めに施設に連絡しておくのがおすすめです。

有料老人ホームの人員基準とサービス内容について

有料老人ホームでは設備環境とサービスの充実性を整えるため、揃える人員基準がしっかりとしています。管理者、生活相談員、栄養士、調理員を配置し、介護職員に関しては定期的に研修を実施しなければなりません。また、働く職員1人ひとりの健康管理や衛生管理も徹底してやっていき、人の命を守る仕事としてきちんと責任をもって仕事をしています。

サービス内容に関してはそれぞれどんなことに気を付けているのか疑問に思うことでしょう。サービス内容はそれぞれの以下のような点に注意しながらサービスとして提供されています。

【食事】高齢の方でも飲み込みやすく栄養がある

入居者の楽しみの一つでもある食事はとにかく安全を第一に、健康を支える食事を提供しています。それはメニューの構成や使用する食材だけに留まらず、提供方法にも気を遣います。

高齢者となると若い人のように筋肉を上手く使えるわけではありません。そのため飲み込みが思うようにいかず誤嚥を起こすことが考えられます。介護スタッフは誤嚥による窒息死をもたらさないためにも食事の際もしっかりと向き合って、入居者が安全に食事を楽しめるようにしているのです。

【入浴】自立型と介護型で頻度が違う

入浴は、自立型の施設であれば自由に入ることができ、さらには大浴場が用意されている施設もあって十分に入浴を楽しめるでしょう。介護サービスが必要な介護型の施設では週に2~3回の入浴となる施設が多いです。

また、寝たきりの状態や車いすのままでも入浴が可能な機械浴の設備を設けている場所にて安全に配慮した入浴ができる施設も多くなってきています

【医療措置】病院と連携した素早い対応

有料老人ホームは専門の医療機関ではないためあらゆる病気を施設内で治すことはできません。しかしながら多くの施設では病院と連携しているため、万一何か起きても素早い対応ができるようになっています。どの施設もスタッフが必ず24時間常駐しているというわけではありませんが、居室にナースコールを設置したりモニター越しに安全確認を行ったりなど、施設側ができる配慮で入居者の健康をサポートし続けるのです。

また、インシュリン注射や胃ろうといった経管栄養や膀胱留置カテーテルといった医療的処置については施設内の看護スタッフが対応に当たる場合もあります

【リハビリ】施設によって担当者は違う

有料老人ホームのリハビリは施設によって様々で、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といった専門スタッフが行うところもあれば看護師や介護スタッフがリハビリをすることもあるのです。リハビリは体操やダンスといったようにレクリエーションを通じてやっていくものもあれば、機械を用いて本格的なリハビリができるなどの違いがあるので、入居者に合ったリハビリができる場所を選択するのが良いでしょう

有料老人ホームと他の施設との違い

高齢者のお世話をする施設は有料老人ホーム以外にもたくさんあります。ここからは人気を集める施設であるサービス付き高齢者向け住宅や特別養護老人ホームについて詳しく見ていきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)との違いは契約形態

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は有料老人ホーム同様に高齢者が介護サービスを受けられる場所です。この2つの違いは契約形態に色濃く出ています。有料老人ホームの場合は「利用権方式」が主です。入居の際に一時金を支払うことで、終身まで居室と共用部分を利用でき、もちろん介護も受けられます。

一方、サービス付き高齢者向け住宅は「建物賃貸借契約」を結ぶ場合が多くあります。数年間~終身のスパンで建物に関しての安定した居住権を得られる契約です。ただし介護サービスは付属していません。別途、介護事業者と契約をする必要があります。

有料老人ホームが介護と居住の両方を確保しているのに対してサービス付き高齢者向け住宅は建物の居住に限ったサービスであると位置づけられます。

サービス付き高齢者向け住宅について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

また「利用権方式」と「建物賃貸借契約」に関しては以下の記事で紹介しています。

特別養護老人ホーム(特養)との違いは公的か民間か

特別養護老人ホーム(特養)もまた、社会福祉法人や自治体が運営する公的施設の介護施設です。

こちらに入居する条件としては要介護3~5である必要があり、さらには入居待ちの期間が長いことも挙げられます。

重度の認知症も受け入れてくれる施設だけあって人気は高いですが、ただ看護師は日中にしかおらず夜間も医療ケアを必要とする場合には入居が難しくなります

特別養護老人ホームについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

有料老人ホームに入居するまでの流れ

最後に入居するまでの流れをご説明していきましょう。

まずは希望条件を整理する

入居する人に合った老人ホームを選択できるように、まずは希望条件を整理していきましょう。条件を絞っていくことで施設を選びやすくできます。

施設の情報を集める

続いては施設の情報を集めていきます。何カ所か情報をまとめたら資料やパンフレットを取り寄せてみましょう

施設を見学するく

集めた情報を照らし合わせて、条件に合う施設があったら実際に施設を見学しに行きましょう。見学せずに安易に入居を決めてしまうと後々後悔することにもつながってきてしまいます。必ず見学してから契約へと進めていってください。

納得いく施設が見つかったら申し込み後、審査に

納得いく施設が合った場合は契約を結ぶ前に審査に移ります。実際に施設側で入居できるか否かを調べるものです。例えば他の入居者に対する暴力の心配はないか、徘徊などの心配はないか、など細かい部分までをみていきます。

契約後、入居

審査に通ったら契約書にサインをしてから入居となります。

有料老人ホーム入居の際は見学が必須

介護サービスを行う施設は有料老人ホームだけでも多くの種類が存在しています。多くあっては選ぶのにも苦労を強いられますが、きちんとサービスや費用を比較して選ばないと、入居者が困るだけではなく転居したり費用がかさんだりなど、あなた自身も苦しめられることなります

施設選びの際は必ず見学をしていきましょう。入居前と入居後のギャップに悩まされないためにも重要になってきます。

この記事のまとめ

  • 有料老人ホームは種類多様でそれぞれ必要となる費用も違う
  • 有料老人ホームは手厚いサービスを売りにしている
  • 家族に合った施設選びは見学が大事になる

豊富な施設からご予算などご要望に沿った施設をプロの入居相談員がご紹介します

介護まるわかりガイド