島根県の老人ホーム・介護施設

介護のほんねでは、「ベストライフ松江」、「ライラック」、「ゆうあいハウス」をはじめとした、島根県の老人ホームを1006件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

島根県の市区町村からさがす
路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR西日本からさがす
一畑電車からさがす
病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす
月額費用
介護度

島根県の老人ホーム・介護施設 1006

ベストライフ松江

株式会社ベストライフ西日本

住所
入居条件
自立 要支援 要介護

ライラック

株式会社ライラック

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

ゆうあいハウス

株式会社中林建築設計事務所

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

さくらが丘

サンライフほのぼの有限会社

住所
入居条件
要支援 要介護
入居費用0円

ホーム・スイートホーム きらり新館

株式会社中林建築設計事務所

住所
入居条件
自立 要支援 要介護
入居費用0円

愛桜苑

社会福祉法人かしま福祉会

住所
入居条件

介護付有料老人ホーム ゆうらいふ長浜

株式会社ライフサポート(島根県)

住所
入居条件
自立 要支援 要介護
入居費用0円

心暖

株式会社ウォームス

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5
生活保護相談可 二人部屋あり

住宅型有料老人ホーム心の蓮

株式会社LifeTerrace​

住所
入居条件
要介護3-5

鳳光苑

株式会社ハピネライフ一光(旧名称:株式会社ヘルスケア一光)

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

ハーモニーハウス出雲

株式会社ハピネライフ一光(旧名称:株式会社ヘルスケア一光)

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

出雲鳳光苑

株式会社ハピネライフ一光(旧名称:株式会社ヘルスケア一光)

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

家族の家出雲(旧名称:ケアセンター出雲 家族の家)

株式会社ハピネライフ一光(旧名称:株式会社ヘルスケア一光)

住所
入居条件
要介護1-5
入居費用0円

住宅型有料老人ホーム花穏

株式会社あしたの木

住所
入居条件
入居費用0円

すいせん渡橋

株式会社ハピネライフ一光(旧名称:株式会社ヘルスケア一光)

住所
入居条件
要支援 要介護
入居費用0円

あおぞら八重垣別館

株式会社ケアガイド

住所
入居条件
自立 要支援 要介護

あおぞら八重垣

株式会社ケアガイド

住所
入居条件
要支援 要介護

ヘルスケアアパートメント松江

株式会社ライブアシスト

住所
入居条件
60歳未満入居可 60歳以上入居可 生活保護相談可

ヘルスケアアパートメント東出雲(旧名称:ナーシングホームなでしこ東出雲)

株式会社ライブアシスト

住所
入居条件
60歳未満入居可 60歳以上入居可 生活保護相談可

島根県の老人ホーム・介護施設の口コミ・評判

島根県の老人ホーム・介護施設の口コミ・評判

島根県の老人ホーム・介護施設の特徴

鳥取県は、中国地方の日本海側に位置しています。人口は約57万人。海と山に囲まれ、四季おりおりの自然を楽しむことができます。冬には雪がたくさん降りつもりますが、気温は比較的暖かな地域です。鳥取県といえば「砂丘」を思い浮かべる人も多いと思います。鳥取砂丘は国の天然記念物に指定されており、毎年250万人以上の観光客が訪れています。また、鳥取県は面積の74%が森林で、全国的にも良質なスギの産地として知られ
ています。八頭郡では江戸時代からスギが造林されています。

鳥取県の人口は平成に入り減少傾向にありますが、平成27年現在、老年人口割合が30.0%で鳥取県で過去最高となりました。15歳未満の年少人口割合は、日吉津村が15.0%と最も高く、次いで湯梨浜町、米子市、鳥取市となります。15歳~64歳の生産年齢人口割合は、全市町村で低下しています。老年人口割合は、日南町が49.6%と最も多く、次いで日野町、若桜町、江府町と続きます。鳥取県が予想した2035年の老年人口割合は34.5%と増加します。年少人口割合と、生産年齢人口割合は減少の予想となり、今後の地域活力の低下が懸念されます。

鳥取県の介護施設数としては、全国平均レベルを大きく上回っています。しかし、民間の施設数(有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など)は、全国的に見てもあまり多くないエリアです。介護施設の多くが鳥取市や米子市などの都市に集中し、町村部では満足とは言えない現状です。鳥取県東部では、平成26年以降、在宅療養後方支援病院が在宅医療を行っている診療所と共同して、在宅患者の診療に当たるようになりました。鳥取県では今後も医療と介護の密接な連携により、高齢者が安心して暮らせる地域の実現を目指しています。

鳥取県南部町では、65歳以上の高齢者が参加する団体に対し、介護予防のための補助金の交付を始めました。条件は週1回以上、1回2時間以上の活動に15~30分程度の体操を取り入れること。高齢者の人数に応じて1回当たり1000~2000円の補助が出ます。南部町内の町高齢者自立訓練センターでは、タオルに足をかけ勢いよく天井に伸ばす体操が行われるなど、地域コミュニティの活性化にもつながっています。超高齢社会が目前に迫る中、鳥取県南部町では介護予防に取り組むことで健康寿命の延伸につなげています。