Q

親の介護でストレスが溜まり、お金がないのも心配です。緩和する方法は?

現在、親の在宅介護をはじめて5年目です。最初のほうは疾患を理解しながら進めていましたが、だんだんとストレスが溜まってきました。今後の介護費用も不安です。精神的な問題を緩和する方法はありますか?

A1人でストレスを抱え込まず、周りの信頼できる人に相談しながら進めましょう。

介護は長期にわたって続くものです。在宅介護には、家族の理解が求められます。実際に介護をしながら金銭面も含めて問題やストレスを抱えている方も多くいらっしゃることでしょう。どのようにすれば、在宅介護のストレスを緩和できるのか、在宅介護のコツをご紹介します。

平栗 潤一
平栗 潤一
一般社団法人 日本介護協会 理事長

在宅介護はどうしてもストレスを感じてしまう

親の介護をしている方は、男性よりも女性の方が圧倒的に多く、年代は50代から70代が多く見られます。自分の家庭や生活において、あらゆる変化が訪れる時期です。

例えば、自分や配偶者の仕事における昇進。また定年退職などによる第二の人生のスタート。子どもの進学や独立、結婚、孫の誕生などのイベントがあります。また更年期による体調の変化などもあるでしょう。

もし40代で親の介護が必要になった場合、子どもが未成年である可能性が高いので、子育てと介護を両立しなくてはいけないケースもあります。

男性が介護をする場合、それまでは家庭にいる時間があまりなかったことから、女性とは異なるストレスを抱えることもあるかも知れません。

心身ともに負担が大きい年代で、さらに親を在宅介護するとなると、ストレスは相当なものです。「ストレスを感じない方はいない」と言っても過言ではないでしょう。

厚生労働省が統計を発表している、平成28年度国民生活基礎調査で、要介護者のうち介護が必要になった原因として、認知症もしくは脳卒中が上位を占めています。これらの病気は、意思疎通が難しくなるのが特徴です。また自分の親が徐々に衰えていくという現実を目の当たりにします。そのため、身体的のみならず精神的なストレスも大きくなってしまうのです。

親を在宅介護していてストレスを受けることは、誰にでも起こりうる自然な現象になります。引け目を感じる必要はまったくありません。

ストレスを緩和するためにはどうすればいい?

介護におけるストレスを全てなくすことは難しいことでしょう。しかし少しでも緩和することで、気持ちが前向きになれるかも知れません。ストレスを和らげるには、どのような手段があるのでしょうか。

ケアマネジャーに相談して、施設での介護も視野に入れる

ケアマネジャーとは、介護支援専門員とも呼ばれます。介護保険制度のプロとして、介護を受ける側と提供する側に有益な情報を提供しながらサポートする職業です。ケアマネジャーには、次のような仕事があります。

  • 要介護認定の申請代行・認定調査の受託
  • 介護支援サービスを受ける際のケアプラン作成・仲介や実施管理・継続的な把握や評価
  • 介護保険の給付管理(支給限度額の確認、利用者負担額の計算、サービス利用票や提供票の作成、給付管理票の作成や提出)

要介護者にマッチした介護サービスを受けられるように、要介護者やその家族の立場でアドバイスをしたり手続きをしたりする役割を担っているのです。

介護サービスを受けるためには、ケアマネジャーが作成したケアプランの提出が必須です。肉体的・精神的に在宅介護を続けることが厳しい場合、ケアマネジャーに相談して施設サービスを検討するのも1つの方法です。

その場合、まずはお住まいの市区町村の役場で、介護に関する手続きを担当している窓口(高齢者福祉課・介護保険課などの名称がついています)に相談し、要介護認定の申請手続きをしましょう。

ご家族によっては「自宅で少しでも長く住みたい」と思う方も多く、施設への入所を拒むケースもあります。第三者であるケアマネジャーが介入することでスムーズに説得できる場合もあるでしょう。まずは1日限りのデイサービスから始め、抵抗なく施設を利用できるようになると、家族の負担もかなり軽減できます。

信頼できる人に相談をする

ストレスを緩和する方法として、信頼できる人に相談をするのもいいでしょう。家族に相談できる相手がいればいいのですが、難しいケースもあるかもしれません。その場合は、同じ悩みを持っている友人同僚近所の方市町村の相談窓口など、相談できる相手を前もってピックアップしておくと安心です。自治体や施設によっては、介護の悩みを話せる「介護家族の会」のような集まりを設けているところもあります。

具体的な解決策は見つからなくとも、話すだけで悩みを共有でき、気持ちが落ち着くこともあるかも知れません。

介護をしていると、自宅から出ることも少なくなり、周囲との接点が少なくなりがちです。人によっては、社会から孤立したような感覚を覚えます。相談をすることで、孤独が和らぎ、人とのつながりを再認識できるのです。

親と一度しっかり話して息抜きの時間をつくる

介護の時間は、常に家族の体調や行動を観察しながら、気が抜けない時間を過ごすことでしょう。緊張が張り詰めたままの状態が長時間続くと、体の不調をきたしてしまいます。体調を崩してしまっては本末顛倒です。

これを防ぐには、意識して息抜きの時間をつくることがとても大切です。自分のための時間が過ごせれば、良い気分転換となって、また介護に向かうことができるでしょう。

ご家族によっては、施設や介護サービスの利用に対して快く思わない方もいらっしゃると思います。しかし自分の気持ちを理解してもらえるよう話してみてください。それが介護者と親の双方にとって、大きなメリットにつながるのです。

すでに「介護うつ」になっている可能性も

「介護うつ」とは、介護者が介護を通して受ける不安やストレスが原因で発症するうつ病のことを指します。毎日の介護でストレスやプレッシャーが蓄積すると、自分が気づかないうちに、介護うつの症状が出ている方もいらっしゃる可能性が高いのです。

次のような症状が出ていると、介護うつを発症している可能性が高いため、できるだけ早いうちにセルフチェックすることをお勧めします。

  • 物事の決断がしにくくなった
  • 以前は興味のあったことが楽しくなくなった
  • 落ち着きがなく、イライラしやすくなった
  • 疲れやすく、疲れが抜けにくくなった
  • 頭痛や肩こりが以前よりひどくなった
  • 集中力が欠けるようになった
  • 誰とも会いたくなく、話すこともしんどいと感じる
  • 食欲がなく、体重が減った
  • 下痢・腹痛・動悸・目まいなどが続いている
  • 身だしなみに気が回らなくなっている
  • 熟睡できず、夜中に目が覚める
  • マイナス思考で物事を考えるようになった
  • 急に涙が出て、止められない
  • 憂鬱な気持ちが止まらない

これらのなかで、複数当てはまる場合は、1人で抱え込むことなく早急に医師やケアマネジャーなど専門家の指示を仰ぐようにしましょう。

親の介護は費用面でも不安になる

介護を受けるには、費用がかかります。介護の期間が読めないことから「一体どのくらいかかるのか」と不安に思う方は多いことでしょう。そこで、在宅介護でかかる費用とその内訳を詳しくご紹介します。

在宅介護は月に5万円かかる

在宅介護における介護費用は、次の2つに分けられます。

  • 居宅介護サービスにかかる費用(デイサービス・デイケア・ホームヘルパーなどの利用にかかる)
  • 居宅介護サービス以外の費用(介護食・おむつ・介護のための自宅リフォーム・ベッド用品・入浴用品など)

家計経済研究所が2016年に実施した「在宅介護のお金とくらしについての調査」によると、この2つを合わせて月々平均5万円かかるという調査結果が出ています。内訳は、介護サービスにかかる費用が1万6,000円、介護サービス以外の費用が3万4,000円です。

(参考:季刊 家計経済研究113号「在宅介護のお金とくらしについての調査」

また、要介護度が上がると費用も高くなる傾向が見られます。在宅介護を受けるときには介護保険の支給対象となり、自己負担分は1割もしくは2割で済みますが、限度額を超えた分は全額自己負担となります。

公益財団法人生命保険文化センターの調査によると「介護期間は平均4年7カ月」という数値が発表されています。これは平均ですので、なかには10年以上介護を続けた方もいらっしゃいます。介護の期間が長くなるほど、費用もかかものです。まとまった金額を用意しておきましょう。

(参考:公益財団法人生命保険文化センター「介護にはどれくらいの年数・費用がかかる?」

まずは年金を中心に介護費用を見積もる

在宅介護の費用は、要介護者の貯金や退職金、年金などから支払うのが基本です。家族には家族の生活がありますので、基本的には在宅介護の費用を全額負担する必要はありません。不足分だけを家族で分担して補う程度で、考えるようにしましょう。

在宅介護を続けるなかで、要介護者からお金に関して文句をいわれてしまうかもしれません。しかし在宅介護の場合は働く時間も確保できないのが現状です。基本的には介護者の資産は崩さずに、要介護者のお金を利用しましょう。

より金銭的に楽に進めるために制度を利用する

介護費用を少しでも楽にするために、国の制度や民間企業のサービスなどを利用するのも手段の1つです。知っておくだけで、金銭的なストレスを緩和できるかもしれません。

マイホーム借上げ制度

どうしても足りない場合は、不動産を活用するケースも増えています。一般社団法人 移住・住みかえ支援機構が推進する「マイホーム借上げ制度」は、自宅を売ることなく賃料収入を得ることができる制度です。

もし在宅介護のために介護者がお子様の住まいに引っ越し、もとの住まいが空き家になっているならば、利用すると定期的な賃貸収入になります。

リバースモーゲージ

「リバースモーゲージ」は、自宅を担保として月々の融資を受け、亡くなった時点で売却するものになります。ただし利息がかかってしまいますので、ご注意ください。

困った時はケアマネジャーに相談しケアプランを見直す

費用の面で困ったときには、まずケアマネジャーに相談しましょう。ケアプランを変更するには、ケアマネジャーに依頼して計画を見直してもらう必要があります。

ケアマネジャーに希望予算を伝えることで、ケアマネジャーは予算や要介護度などに応じてどのような介護サービスを受けられるかを組み立ててくれます。

ケアマネジャーの業務の1つに「モニタリング」というものがあり、一度作成したケアプランが適切かどうか、月1度以上面談して確認することになっています。親の様子が変わったときだけでなく、プランの変更もこのときに伝えるといいでしょう。

費用以外にも、介護サービスを受けたことによってサービスが合う・合わないという実情や、在宅介護できる家族が減ったために介護サービスを増やしてほしいという希望なども、ケアマネジャーとこまめに相談してプランを見直しましょう。

在宅介護は兄弟姉妹間のトラブルも

在宅介護は、費用面だけでなく、兄弟姉妹の間でもトラブルが起こることがあります。気心が知れているだけに、トラブルも起きやすいのです。では具体的にどのようなトラブルがあるのでしょうか。

「介護は長男がする」という決まりはない

ひと昔前の日本では、長男は親と同居し、その妻が義父母の介護を引き受けるのが当然という流れが見られました。現在では、少子化や人口の都市集中などにより、このような制度は徐々に見られなくなっています。

しかし、地域や家族の考え方などにより、今も長男の妻が介護をするのが当たり前というところもあります。長男の妻がこの考えに同意できなかったり、仕事を持っていて介護をすることが難しかったりすると、不満を抱えてしまうでしょう。

介護は長男が行う、という決まりはありませんので、家族で協力して続けることが重要なのです。現代は少子化が進んでいますので、分担できる家族が少なくなっていますが、その分気持ちや考えを共有しやすい場合もあります。

あらかじめ費用や介護の担当を決めておく

親の介護が必要になったとき、兄弟間でまず決めておきたいのは「費用の分担について」「介護担当について」です。もし、親の意思が確認できる段階であれば、介護に対する希望や親の経済状況を聞くことができると安心です。

在宅介護が希望なのか、もしくは入所したい施設があるのかなどによって、かかる費用や家族の役割分担も大きく変わってきます。日常会話で、それとなく話をしてみると、親の本音が聞けるかも知れません。

家族のなかでも、たとえ大まかでも介護の担当を決めておけば、急に介護が必要になったとしても自然に始められます。各々のできること・できないことを確認し、誰が中心となって介護を進めるかを決め、それを他の家族がどのようにサポートできるかを話し合います。このとき、決して中心人物だけに負担が偏らないように注意し、少しでも援助できることがあれば積極的に伝えるようにしたいものです。

ショートステイなどの短期的なサービスも活用

介護は、決して楽なものではありません。いつまで続くのか誰にも分からないなかで、先の見えない毎日を過ごすことで、不安な気持ちを持つ方がほとんどです。特に在宅介護では、自宅での拘束時間が長くなることで気持ちが休まる時間がさらに少なくなり、身体的にも精神的にも負担がかかります。

決して1人で抱え込むことなく、家族やケアマネジャーに積極的に相談し、常に連携をとることが重要です。家族で共倒れになってしまう事態を防ぐために、時には介護から離れる時間を作りましょう。例えば短期入所(ショートステイ)という介護サービスがあります。1日から利用が可能ですので外出予定などの際も活用ができます。

頑張り過ぎずに、利用できる介護サービスは積極的に利用することをおすすめします。笑顔で介護が続けられるように、ここでご紹介した方法や制度をぜひ活用してみてください。

平栗 潤一

この記事の監修

平栗 潤一

一般社団法人 日本介護協会 理事長

大手介護専門学校にて12年で約2,000名の人材育成に関わり、その後、人材定着に悩む介護事業所の人材育成や運営支援を実施。2020年4月からは一般社団法人日本介護協会の理事長に就任し、介護業界の発展を目指して介護甲子園を主催している。

みなさんの介護の悩みや気になることを教えてください

集まった質問は今後の参考にさせていただきます!

質問を投稿する