山梨県の老人ホーム・介護施設一覧

介護のほんねでは、『リゾートの名にふさわしいゆったりのんびり』と評判の「応援家族石和温泉リゾート」、『心温まる空間』と評判の「ベストライフ甲府」、「介護付有料老人ホームおおさとの憩」をはじめとした、山梨県の老人ホームを835件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR東日本からさがす

JR東海からさがす

富士急行からさがす

病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

施設設備・ルールからさがす

介護度

山梨県の老人ホーム・介護施設一覧 835

応援家族石和温泉リゾート

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ベストライフ甲府

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

介護付有料老人ホームおおさとの憩

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

ラ・ナシカこうふ

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ラ・ナシカやまなし

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ふるさとホーム甲州

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

こだわり条件

スローライフ山梨

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

ハイブリットホーム上機嫌 

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

ピースライフ山梨(旧名称:アミーユ山梨)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

サービス付高齢者住宅 志庵

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

有料老人ホーム サンライフ寿

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

サンホームからかしわ

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

ウェルライフヴィラ河口湖

有料老人ホーム 入居支援金対象

こだわり条件

ヴィラ武田の杜

有料老人ホーム 入居支援金対象

ふるさとホーム甲斐下今井

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

こだわり条件

ふるさとホーム甲斐西八幡

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

こだわり条件

ふるさとホーム甲府

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

こだわり条件

あいらーく鶴川宿

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

サービス付き高齢者向け住宅而今庵

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

ケアフリーテラス朝気

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

会員登録は
お済みですか?

施設の口コミが見られるほか、おさがしの条件を登録しておくと、介護のほんね入居相談員が無料で施設さがしをサポートいたします!

会員登録する

山梨県の介護施設・老人ホームの特徴

山梨県は、日本列島のほぼ真ん中に位置し、1都4県に囲まれる内陸県です。平成28年4月時点での人口は約85万人。富士山をはじめとして急峻な山々に囲まれており、県の約80%近くを森林が占めています。年間日照時間は全国でも最長クラス、年間降水量は最低水準という、からっとした気候が特徴です。ぶどう、もも、さくらんぼなどフルーツの産地として名高く、別名「フルーツ王国」とも呼ばれています。

平成28年4
月時点で、山梨県の65歳以上の高齢者人口は約24万人。高齢化率は28.2%となっており、全国平均の27%をやや上回っています。南巨摩郡早川町や北都留郡の小菅村、丹波山村などが、県内で最も人口が少なく高齢者が多い地域です。高齢化率はなんと45%を越えます。一方県南東部の鉄道や高速道に近い地域では若い世帯が比較的多めです。高齢化率が最も低いのは、忍野村の17.3%となっています。続いて昭和町、中央市、甲斐市となっています。

山梨県は全国的に見ても介護施設が少ない県で、特に有料老人ホーム数が少ないと言われています。県の公式資料でも有料老人ホーム数は約25施設。またサービス付き高齢者向け住宅も近隣県に比較して少なく、約60施設程度にとどまっています。そのため有料老人ホームなどの介護施設を選びたい方にとっては選択肢は多いとは言い難そうです。しかし富士山が見えたり、温泉付きであったり、他県では得難い魅力を持った介護施設も多く、県外の人から人気の高いところなども少なくありません。

山梨県は県民の健康意識や状態の向上を目指して「健やか山梨21」を策定。これにより県民の健康に対する意識が着実に改善しつつあり、2015年には健康寿命日本一を達成しました。それを裏付けるように、平成27年の厚生労働省の調査で、要介護認定率が全国で最も低い値を記録。全国平均の約17%を大きく下回る14.2%となっています。また、山梨県は都心に近いにもかかわらず雄大な自然に恵まれていることから、都市圏からの移住地として人気です。それを受け、県も「暮らし支援センター」を設置。移住情報の提供や移住に関するセミナーの開催などを行っています。