京都府の老人ホーム・介護施設一覧

介護のほんねでは、『レクリエーションとイベントが充実した施設』と評判の「ライフ・イン京都」、「グランダ山ノ内」、「アリア嵯峨嵐山」をはじめとした、京都府の老人ホームを1768件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

京都府の市区町村からさがす
路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR東海からさがす

JR西日本からさがす

近畿日本鉄道からさがす

京阪電鉄からさがす

阪急電鉄からさがす

嵯峨野観光鉄道からさがす

叡山電鉄からさがす

京都丹後鉄道からさがす

京都市交通局からさがす

京福電気鉄道からさがす

病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす

介護度

京都府の老人ホーム・介護施設一覧 1768

ライフ・イン京都

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

アリア嵯峨嵐山

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

グランダ山ノ内

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

グランダ南禅寺下河原町

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

ヒルデモア東山

有料老人ホーム 入居支援金対象

プレザンメゾン堀川今出川(旧名称:たのしい家堀川今出川)

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

なごやかレジデンス京都花園

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

トラストガーデン四条烏丸

有料老人ホーム 入居支援金対象

さわやかはーとらいふ西京極

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

スーパー・コート プレミアム宇治

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

ロイヤルレジデンス京都南

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

ライフハウス京都醒ヶ井

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ベストライフ山科【2019年10月オープン】

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

ベストライフ京都西京極【2019年3月1日オープン】

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

ベストライフ京都北大路

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

ベストライフ京都

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

ベストライフ京都洛北

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

ベストライフ京都桃山

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

プレザンメゾン京都宇多野(旧名称:たのしい家京都宇多野)

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

そんぽの家S 東寺(旧名称:Cアミーユ東寺)

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

会員登録は
お済みですか?

施設の口コミが見られるほか、おさがしの条件を登録しておくと、介護のほんね入居相談員が無料で施設さがしをサポートいたします!

会員登録する

京都府の介護施設・老人ホームの特徴

京都府は日本のほぼ中央の位置しており、北は日本海に面し、南は大阪府や奈良県などに接する、南北に長い形をしています。海岸線はリアス式海岸になっていて、内陸は丹波山地を中心とした山地が多くを占めているという、変化に富んだ景色が特徴です。京都といえば、言わずと知れた観光地。多くの世界遺産や祭りなどの独特な文化は、日本人だけでなく外国人にも人気があります。産業では、西陣織や京友禅をはじめとした、さまざまな
伝統工芸品のほか、加茂なすなどの京野菜の生産も盛んに行われています。

京都府全体の高齢化率は27.1%で、京都市を除く市町村では27.7%となっています。特に高齢化が進んでいるのは、笠置町・南山城村・伊根町で、その高齢化率は40%を超えている状況。他にも35%前後の市町村はいくつかあり、市町村で格差があることがわかります。平成22年以降は、全体の人口も減少傾向にあり、高齢化はますます進んでいくと言えるでしょう。

京都府内には、全国展開している大手企業が運営する老人ホームの他、地元の法人が運営する介護施設などさまざまなタイプがあります。京都らしい歴史や風情を大切にする和モダンな施設や、観光地に近い立地の施設もあり、入居者だけでなく家族も落ち着ける環境のところも多いです。京都府全体では老人ホームは多くありますが、その半数以上の所在地は京都市内になっています。施設数が少ない地域も多く、住んでいる場所の近くで探そうとすると難しいこともあるかもしれません。入居を検討する際には、早めに情報収集を始めたほうが良いでしょう。

京都府での高齢者対策としては、地域全体で高齢者を支えていくための地域包括ケアの推進や、健康維持のための活動などが行われています。2016年には、山間部に住む高齢者の移動手段として、ゴルフカートを公道で使う実験がされました。まだ検証段階ですが、高齢者が手軽に活用できる交通手段として期待されています。また他にも、公益財団法人京都SKY(スカイ)センターでは、高齢者の生きがいづくり・健康づくりのため、イベント開催やサークル活動の支援、情報発信などが行われています。