住宅型有料老人ホームとは|特徴・費用の目安などの基本情報を紹介

高齢者の住まいとして定着している「住宅型有料老人ホーム」とは、どのような施設なのでしょうか。サービス内容や費用をはじめ「サービス付き高齢者向け住宅」や「介護付き有料老人ホーム」との違いについて解説します。

更新日:
写真
平栗 潤一

この記事の監修

平栗 潤一

一般社団法人 日本介護協会 理事長

大手介護専門学校にて12年で約2,000名の人材育成に関わり、その後、人材定着に悩む介護事業所の人材育成や運営支援を実施。2020年4月からは一般社団法人日本介護協会の理事長に就任し、介護業界の発展を目指して介護甲子園を主催している。

住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームとは、生活支援などのサービスが付いた高齢者向けの住まいです。

厚生労働省の調査によると、全国に5,000施設以上あり、入居者は14万人以上にのぼります。施設数が多い分、サービス内容や費用も施設によってさまざまです。

緊急時にも対応してくれるため「まだ介護が必要ではないが、自宅での生活に少し不安を感じる」という人に当てはまる施設でしょう。ご自宅よりも安心して暮らせる環境が整っています。

はじめに入居条件について見ていきましょう。

入居条件は自立から要介護5まで

住宅型有料老人ホームの入居条件は、基本的に60歳以上の高齢者です。なかでも比較的、自立した元気な人や軽度の要介護者が多い傾向にあります。受け入れ体制は自立から要介護5の人まで施設によってさまざまです。

ただし施設によっては「手厚いケアが必要な人」や「重度の認知症の人」も受け入れられます。詳しい入居条件に関しては事前に施設へ問い合わせましょう。

また、身体状況が悪化した場合に退去を強いられる施設もあります。例えば「他の入居者に暴力を振るった」「対応できないほど、重度な医療行為が必要になった」などが強制退去の理由です。入居を検討する際には、退去条件も確認しましょう。

入居条件の目安
年齢 60歳以上
介護度 自立~要介護5
認知症の受け入れ 施設によって異なる

自由に選べる「介護サービス」

「介護サービス」とは、介護保険が適用されるサービスです。「介護が必要である」と認定された方が利用でき、具体的にいうと以下の行為などが該当します。

  • 身体介護(食事介助、排泄介助、着替えの介助、入浴介助)
  • サービス利用者に対する介護の指導、助言など
  • 看護師によるバイタルチェックや服薬管理
  • 理学療法士や作業療法士などによるリハビリテーション
  • 福祉用具のレンタル・購入
  • 介護に伴うリフォーム工事
  • ケアプランの作成

住宅型有料老人ホームは生活支援レクリエーションなどのサービスが充実しています。しかし、介護サービスに関しては、基本的に施設では提供していません。

住宅型有料老人ホームの入居者は、介護サービスが必要になった場合、外部のサービスを利用します。「訪問介護」「訪問看護」「訪問リハビリテーション」など自分に必要なサービスを加えられることは、住宅型有料老人ホームの特筆すべき特徴といえるでしょう。

介護サービス費は介護保険で一部負担するため、全額支払う必要はありません。ただし限度額を超えてしまうと、月々の費用が高くなるので要注意です。介護保険の限度額については、後ほど「住宅型有料老人ホームの費用」の項目で解説します。

よって、お元気な人は介護サービス費を抑えられるため、月額費用が抑えられるでしょう。また介護保険の限度額内で福祉用具をレンタルすることも可能です。歩行補助つえ、マットレスなど生活に必要な物をそろえられます。

ここでは外部の介護サービスについて紹介しました。続いて、住宅型有料老人ホームが提供するサービスについて解説します。

住宅型有料老人ホームが提供するサービスとは

住宅型有料老人ホームといっても、レクリエーションが盛んな施設、お食事にこだわっている施設、リハビリに注力している施設など、施設によって特徴があります。

なぜなら住宅型有料老人ホームは、次のサービスのうちいずれかが提供されていれば「住宅型有料老人ホーム」と名乗れるからです。厳しい縛りはなく柔軟に運用できるので、施設によってサービスの内容や手厚さが異なります。

いずれかのサービスを提供(複数可)
  • 食事の提供
  • 介護(入浴・排泄・食事)
  • 洗濯や掃除などの家事
  • 健康管理

手厚いサービスを提供している施設も多い

介護が必要になった場合は、外部サービスを利用すると解説しましたが「居宅介護サービス事業所」「リハビリ施設」「病院」などを併設している住宅型有料老人ホームも増えています。その場合は、介護付き有料老人ホームと変わらないレベルのサービスを利用できるでしょう。

また多くの施設は緊急時に対応できるよう、介護職員が24時間常駐したり、病院や医療連携を図っていたりします。

職員体制(人員基準)

住宅型有料老人ホームは「管理者(施設長)」の配置のみ義務付けられています。その他の職員に対して配置する人数に基準は定められていません。そのため、施設は提供するサービスに応じて、必要な専門職を配置します。施設によって「介護職員」「看護師」「機能訓練師」などのスタッフがいる場合もあるのです。

施設を検討する際には、職員体制を確認しておきましょう。

住宅有料老人ホームの人員基準
  • 管理者(施設長):1人
  • 活相談員:必要数
  • 介護職員:必要数
  • 看護職員:必要数
  • 機能訓練指導員:必要数
  • 栄養士:必要数

※「必要数」とはサービス提供に支障がない配置数のこと

食事の提供

住宅型有料老人ホームは、食事の提供は必須ではありません。しかし、大多数の施設は食事を提供しています。

施設内の厨房で調理した作りたてを提供したり、セントラルキッチンで調理した食事を配送したりと、食事の提供方法はさまざまです。介護食や治療食などが必要な人は、施設に個別に対応してもらえるかを確認しておきましょう。

施設によってはキッチンを備えた居室もあります。自炊を楽しみたい人には、キッチン付きの居室がおすすめです。

居室

住宅型有料老人ホームは、基本的にプライベートが守られた個室を用意しています。他にも2人部屋や多床室がある施設もあり、居室タイプも多彩です。

ほとんどの居室には、トイレ・洗面台・ベッドが完備されています。なかには、浴室やキッチンが設置されている施設もあり、住環境は賃貸マンションと変わりません。

緊急事態にも気づけるよう「ナースコール」「見守りセンサー」が設置されていることも多く、自宅よりも安心できるスペースです。

共用スペース

住宅型有料老人ホームの共用スペースは、入居者同士の交流の場となるため、施設ごとに工夫が凝らされています。

基本は「食堂」「浴室」「談話室」などが用意されており、施設によっては「カラオケルーム」「シアタールーム」「プール」などの娯楽施設を備えている施設もあります。

住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

ここまで住宅型有料老人ホームの特徴を解説しました。施設によって差があることが分かったと思います。次にメリット・デメリットをまとめました。入居者の状況に応じて、住宅型有料老人ホームでの生活が向いていないこともあります。ご自身の状況と照らし合わせて検討してください。

メリット

  • 外部の介護サービスを自由に選択できる
  • 介護保険適用の福祉用具をレンタルできる
  • レクリエーションが多彩で日々の生活に刺激がある
  • 居室は1人1部屋、共用設備が充実
  • 自立している人が多く、自由度が高い

デメリット

  • 介護サービスを利用しすぎると月々の費用が高くなる
  • 重度の介護の場合は、住み続けることが難しい
  • 看取りに対応していない施設も多い
  • 公的施設に比べると、入居費用・月額費用は高め

他の老人ホームや介護施設との違いは?

日本には多くの介護施設や老人ホームの種類があり、それぞれの違いを理解することは困難かもしれません。有料老人ホームだけでも「住宅型」「介護付き」「健康型」があります。さらに、住宅型有料老人ホームと似たような、自立した人向けの施設「サービス付き高齢者向け住宅」もあるのです。

以下の記事では住宅型有料老人ホームとその他の施設との比較をしました。

【専門家が解説】介護施設・老人ホームの種類と費用、選び方

「介護付き有料老人ホーム」との違い

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの大きな違いは、介護サービスの提供元です。

介護付き有料老人ホームは、施設が介護サービスを提供します。住宅型有料老人ホームは、外部の訪問介護などを利用します。これらは介護保険制度で定められている決まりです。

特定施設だけ名乗れる「介護付き」

もう少し詳しく解説すると、介護付き有料老人ホームは、自治体から事業指定を受けた「特定施設入居者生活介護」です。通称「特定施設」と呼ばれ、介護保険制度により人員配置・設備・運営方針の基準が定められています。有料老人ホームは、特定施設の指定を受けることで「介護付き」と名乗れるのです。

特定施設の基準をクリアしている住宅型が多いわけ

しかし、特定施設の数は自治体ごとに総量規制があります。特定施設の基準をクリアしていても「介護付き有料老人ホーム」と名乗れないこともあるのです。その場合は「住宅型有料老人ホーム」として運営します。

そのため、住宅型有料老人ホームには介護付きと同じレベルの介護サービスを提供する住宅型も多く存在します。施設を選ぶ際は「介護付き」「住宅型」という視点よりも、サービスの内容や設備、人員体制、ケア方針なそを重視して選びましょう。

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの比較
介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
相違点
  • 特定施設入居者生活介護を受けている
  • 施設が介護サービスを提供する
  • 特定施設入居者生活介護を受けていない
  • 外部の介護サービスを利用する
共通点
  • 民間事業者が運営する有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

介護付き有料老人ホームとは、はじめに確認する基本的な情報をご紹介

「健康型有料老人ホーム」との違い

健康型有料老人ホームとは、自立した人を対象とした食事などのサービスが受けられる施設です。同じ有料老人ホームですが、健康型は全国に16施設しかありません(2020年6月現在)。 参考:厚生労働省「介護を受けながら暮らす高齢者向け住まいについて ―住まいとサービスの関係性―

自立の人しか受け入れていないため、長く住む施設としては不向きです。現在の高齢者のニーズとは合っていないため縮小しています。

健康型と住宅型との違いは、入居条件や介護体制です。住宅型は自立だけではなく、要支援・要介護の人も受け入れています。介護が必要になっても外部のサービスを利用しながら生活を送れるからです。

健康型有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの比較
健康型有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
相違点 自立の人を対象 自立~要介護の人まで対象
共通点
  • 民間事業者が運営する有料老人ホーム
  • レクリエーションや設備が充実

健康型有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

健康型有料老人ホームとは、費用や特徴など基本的な情報をご紹介介

「サービス付き高齢者向け住宅」との違い

通称「サ高住」「サ付き」と呼ばれている「サービス付き高齢者向け住宅」と住宅型有料老人ホームの違いを紹介します。サービス付き高齢者住宅は入居者も比較的アクティブであり、介護が必要になった場合は外部サービスを利用します。住宅型有料老人ホームと混同されやすいのですが、比較すると3つの違いがあります。

住まいの形態

まずは住まいとしての形態について、サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省が管轄する高齢者のための「賃貸住宅」です。提供するサービスとして安否確認と生活相談が義務付けられています。

一方、住宅型有料老人ホームは厚生労働省が管轄している「介護施設」です。施設にもよりますが、住宅型有料老人ホームのほうが入居者同士の交流が活発な場合が多くあるでしょう。

契約方式

契約方式も異なります。サービス付き高齢者向け住宅は「賃貸借方式」を採用しています。これは一般的な賃貸物件と同様の契約方式です。「賃貸借方式」は住宅部分のみの契約であるため、サービスについては別途「サービス利用契約」を結びます。

住宅型有料老人ホームは「利用権方式」の契約です。利用権方式は、施設を利用するための権利を買います。最初に「入居一時金」という前払金を支払うことで、住居とサービスの権利が保証されているのです。契約方式については、費用の項目にて詳しく解説します。

居室面積

最後に居室面積の基準です。サービス付き高齢者向け住宅は、原則として25㎡の居室面積が義務付けられています。キッチンやお風呂などの共用設備が充実していれば18㎡でも許容範囲です。

住宅型有料老人ホームは居室面積の基準が設けられていません。施設によって居室の広さが異なります。

サービス付き高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームの比較
サービス付き高齢者向け住宅 住宅型有料老人ホーム
相違点
  • 契約方式は賃貸借方式
  • 初期費用に敷金を支払う
  • 居室面積は18㎡以上
  • 契約方式は利用権方式
  • 初期費用に入居一時金を支払う
  • 居室面積の基準はない
共通点
  • 介護サービスは外部のサービスを利用する
  • 比較的、自由度が高く自立した人が対象

サービス付き高齢者向け住宅についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

サービス付き高齢者向け住宅とは、費用や入居条件、人員基準などをご紹介

「特別養護老人ホーム」との違い

通称「特養」と呼ばれる特別養護老人ホームは、社会福祉法人や自治体などが運営する「公的施設」です。原則、要介護3以上の人が入居対象となります。費用が安いため人気があり、待機者が多いのも特徴です。

住宅型有料老人ホームは民間が運営している民間施設です。入居条件は施設によって違いますが、自立から要介護まで、入居対象は幅広く設定されています。特別養護老人ホームと比べると費用が高く、待機者は少ないのが特徴です。

補足ですが、特別養護老人ホームは常時介護が必要な終身利用できる住まいであるため、介護付き有料老人ホームと比較されることが多い施設です。

特別養護老人ホームと住宅型有料老人ホームの比較
特別養護老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
相違点
  • 公的施設
  • 要介護3以上の人が対象
  • 待機者が多い
  • 民間施設
  • 自立~要介護までの人が対象
  • 比較的入居しやすい

特別養護老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

特別養護老人ホームとは、入居条件や費用、有料老人ホームとの違いを紹介

住宅型有料老人ホームの費用

住宅型有料老人ホームは、高級施設から低価格なホームまで多彩な種類があるので、費用にも幅があります。

住宅型有料老人ホームの費用を大きく分けると「初期費用」「月額費用」です。

月額費用には居住費・食費・その他の費用などを含めた「生活費」と「介護サービス費」があります。あくまでも目安の額ですが、各費用ごとにどのくらいかかるのかを解説しましょう。

費用の目安
初期費用 0~数千万円
月額費用 12万~30万円

初期費用

初期費用は、0円~数千万円と大きく金額に幅があります。これは支払い方式が異なるためです。

支払い方式には「月額払い方式」と「入居一時金方式」があります。どちらかの方式を選ぶかによって、初期費用と月額費用が変わってきます。費用に関しては支払い方式の選択が、入居をするうえで大きな肝となるでしょう。2つの支払い方式の仕組みをきちんと把握しておくことが大切です。

月額払い方式

月額払い方式は、一般的な賃貸物件と同様に、月ごとに家賃や共益費を費払っていく方式です。

メリットとしては、入居時にかかる費用が抑えられることで、なかには初期費用を抑えたい人のために「入居費0円プラン」も多くあります。

デメリットとしては、長期で住み続けると入居一時金方式よりもトータルの支払いが高くなります。 5年以上の入居を考えていない場合は、月額払い方式を選択したほうがリーズナブルに利用できます。

入居一時金方式

入居一時金とは、一定の期間を住み続けることを想定し、住居費の全額または一部を前払いする費用です。

入居一時金方式を選ぶと、入居時に住居費を支払うため月々の費用が抑えられます。長く住めば住むほど得をする仕組みです。例えば、5年分の住居費を最初にまとめて支払う場合、5年目以降もそのままの月額費用で利用できます。

よって、長期の入居を考えている人は入居一時金を支払い、月額費用を抑えたほうが安く施設を利用できます。

反対に早期退所すると損をする仕組みです。入居一時金の15~30%は早期退所しても戻ってこない施設が多いのが実情になります。重要なのは入居者の健康状態などを踏まえて支払い方式を選択することです。

支払い方式のメリット・デメリット
月額払い方式 入居一時金方式
メリット
  • 初期費用を抑えられる
  • 早期退所しても損しない
  • 月額費用を抑えられる
  • 5年以上など、長期利用の人はトータルで得する
デメリット
  • 長期利用すると、入居一時金方式よりも損する
  • 早期退所すると入居一時金の一部は返金されないこともある

月額費用(生活費+介護サービス費)

住宅型有料老人ホームの月額費用は毎月発生する利用料金です。ここでは「生活費」「介護保険サービス費」に分けて考えてみましょう。

主な月額費用
月額費用 内訳
生活費 居住費
食事
管理費
水道光熱費
その他(生活日用品・医療費など)
介護サービス費 介護保険の自己負担額
利用限度額を超過した介護サービス費

生活費

生活費は、主に居住費や食費などを含めた費用です。施設によって提供するサービスの幅が大きいため、月額の支払いにも差が出ます。あくまでも目安ですが12~30万円といわれています。

生活費は、施設を選ぶうえで重要なポイントでしょう。住宅型有料老人ホームの月額費用は施設によって開きがあるので、経済状況に合わせて、自分に適した施設を見つけてください。

介護サービス費

介護サービス費は、介護度や利用頻度に応じて変動するため、理解するまでは難しく感じるかもしれません。

大切なことは「介護サービス費は国が一部負担してくれるため全額支払う必要がない」ということです。介護保険制度により、自己負担額は原則1割となっています。

併せて、介護サービス費には「利用限度額」が定まっていることも覚えておきましょう。利用限度額は介護度により異なり、重度になるほど利用限度額は高額です。また、利用限度額を超えてしまった分は、全額自己負担となります。

要介護度別の支給限度額
介護度 利用限度額 自己負担額(1割負担)
要支援1 50,320円/月 5,032円/月
要支援2 10万5,310円/月 10,531円/月
要介護1 16万7,650円/月 1万6,765円/月
要介護2 19万7,050円/月 1万9,705円/月
要介護3 27万0,480円/月 2万7,048円/月
要介護4 30万9,380円/月 3万0,938円/月
要介護5 36万2,170円/月 3万6,217円/月
引用:厚生労働省「2019年度介護報酬改定について

例えば、要介護1の人が1カ月に介護サービス費を15万円使った場合と18万円使った場合を比較してみましょう。以下の図のように利用限度額をオーバーすると負担が大きくなることが分かります。なるべく利用限度額をオーバーしないように月々のやりくりを計画してください。

介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホームは利用限度額を気にしなくていいため、日常的に介護が必要な人は、2つの施設を推奨します。

住宅型有料老人ホームに入居するまでの流れ

初めて介護施設への入居を検討している人のために、入居までの流れを解説します。「介護のほんね」入居相談室調べによると、施設を探してから入居までの平均期間は2〜3カ月です。急ぎの人は早めの施設探しをおすすめします。

STEP1:施設を探す

ご本人・ご家族の条件にフィットする施設を探します。施設数が多いので、最初は難しいかもしれません。

担当のケアマネジャーがいる場合はケアマネジャーに相談してください。また介護施設の紹介サイトを活用するのも一案です。

複数の候補を絞り込むときには、住宅型有料老人ホームやサービス高齢者向け住宅など施設形態を気にする必要はありません。それよりも予算、立地、サービス内容がご本人やご家族の条件に合うかが大切です。

STEP2:見学/申し込み

施設へ直接足を運び、見学します。入居者の様子、スタッフの対応、施設の清潔さ、周辺環境などの雰囲気をつかんでください。見学の時間帯によっては、食事の試食も可能です。また、介護や医療行為が必要な方は、必ず施設に確認しましょう。

条件と合う施設が見つかれば申し込みを済ませて、仮押さえします。申込後、すぐに入居できるわけではないので、入居までに時間がかかることを念頭に置いておきましょう。

STEP3:必要書類の準備

仮押さえ期間は、おおよそ1カ月です。早めに必要書類の準備を進めましょう。施設によって必要書類は異なりますが、おおかた診療情報提供書や健康診断書が必要です。

診療情報提供書 かかりつけの医師が入居者様の日常生活上の注意点などの情報をまとめたもの
健康診断書 健康診断を受けた際に発行される書類

STEP4:面談および入居審査

面談では、施設側が利用者の健康状況や希望条件などを確認します。

面談内容や、要介護度、健康状況、経済状況、身元保証人の有無などの情報をもとに審査します。

身元保証人についてですが、身元保証人がいなくても入居できる施設もあります。または、身元保証人を代行する保証会社もありますので、困った場合は施設へ相談してみてください。

STEP5:契約/入居

入居審査が通れば、契約を結びます。費用や退去条件などでトラブルにならないように契約書や重要事項説明書をきちんと確認することが大切です。疑問点があれば入居前に解消しておきましょう。

あとは入居日を決め、当日に入居(引っ越し)をして完了です。新しい生活がスタートします。

住宅型有料老人ホームの実際の生活【施設にインタビュー】

住宅型有料老人ホームの概要や入居条件、特徴、費用などについてご説明してきましたが、それでも実際にはどのようなスタイルで生活をするのかを想像できていない方も多いと思います。そこでこれまでにインなtビューした住宅型有料老人ホームのインタビュー記事をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。1日の流れなども記載しています。

広島市安佐南区のメリィハウス西風新都

メリィハウス西風新都は広島市安佐南区の住宅型有料老人ホームです。全部で468室もある大型の老人ホームになります。2005年の開設当時は西日本で最大の老人ホームと言われていた施設になります。プール、カラオケルーム、温泉などさまざまな共用部がある施設です。詳しいインタビュー記事は以下のリンクからご覧ください。
メリィハウス西風新都【前編】468室ある老人ホームが地元で愛される理由は「女性の視点」
メリィハウス西風新都【後編】人気の大型老人ホームに「おもてなし」の極意を聞いてみました

札幌市中央区のネクサスコート旭ヶ丘

ネクサスコート旭ヶ丘は札幌市中央区の住宅型有料老人ホームです。敷地内に「訪問診療内科」「デイサービス」「定期巡回随時対応型訪問介護・看護事業所」「居宅介護支援事業所」などの施設があり、看護師も24時間常駐となっています。詳しいインタビュー記事は以下のリンクからご覧ください。
ネクサスコート旭ヶ丘が大切にしている「つながり」とは? 絆を深める秘訣は日々の「声かけ」

埼玉県越谷市のロングライフ越谷

ロングライフ越谷は埼玉県越谷市の住宅型有料老人ホームです。「グッドフィーリング」「ヘルス&ナチュラルビューティー」などの独自のコンセプトのもと、快適さを追求した施設とサービスを提供しています。詳しいインタビュー記事は以下のリンクからご覧ください。
ロングライフ越谷がこだわる「グッドフィーリング」な生活とは? 高齢者にとって心地よい暮らしを探る

まずは施設に足を運び、状況を確認する

超高齢社会のいま、高齢者のライフスタイルも多様です。そのニーズに応えるべく、住宅型有料老人ホームしかり、多様なサービスを提供する介護施設が増えてきています。その分、施設検討時も悩むかもしれません。

ここでは住宅型有料老人ホームについて紹介しました。施設の特徴を把握することは、施設を検討する際に必ず役立ちます。

住宅型有料老人ホームは比較的自由にサービスを組合せることができるため、人気になっています。デイサービスなどもここを希望するなど場所やサービスの希望を出すことも可能です。あくまでも住宅ですので、施設によって導入している介護サービスは異なります。色々見学しながら自分にあった施設選びをして頂くことをオススメします。

実際に、候補の施設が見つかれば、施設へ足を運んでみてください。「職員の対応」「入居者の表情」「館内の清潔感」など、見学することで見えてくることがあります。入居を決める際は、ホームページやパンフレットでは分からない、居心地や雰囲気の良さも大切にしてください。

この記事のまとめ

  • 「まだ介護が必要ではないけど、自宅での生活に少し不安を感じる」という人に当てはまる施設
  • 他の施設との違いを明確に把握しておくことが大切
  • 施設によってサービスはさまざまなので、まずは実際に見学が必須になる