徳島県の老人ホーム・介護施設

介護のほんねでは、『とても綺麗で豪華な印象の施設でした。』と評判の「介護付有料老人ホームエクセレント徳島」、「エクセレント 迎賓館」、「エクセレント両国ガーデンヒルズ」をはじめとした、徳島県の老人ホームを1011件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

徳島県の市区町村からさがす
路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR四国からさがす
阿佐海岸鉄道からさがす

徳島県の老人ホーム・介護施設 1011

エクセレント 迎賓館

株式会社エクセレントケアシステム

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

介護付有料老人ホームエクセレント徳島

株式会社エクセレントケアシステム

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

エクセレント城南

株式会社エクセレントケアシステム

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

エクセレント両国ガーデンヒルズ

株式会社エクセレントケアシステム

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

あじさいのもり(旧名称:ナーシングホーム徳島眉山)

日本シニアライフ株式会社

住所
入居条件
要介護1-5
二人部屋あり

ふるさとの和

有限会社優心

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5

那賀町に陽はまた昇る高齢者住宅

那賀町に陽はまた昇る株式会社(旧名称:那賀町に陽はまた昇る合同会社)

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5

グループリビング「ももの苑」

株式会社友和

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

ぽっかぽか

合同会社柚葉

住所
入居条件

那賀町に光を照らす高齢者住宅

那賀町に光を照らす株式会社

住所
入居条件

サービス付き高齢者向け住宅ほほえみ北島

有限会社ほほえみ(徳島県)

住所
入居条件

サービス付き高齢者向け住宅ほほえみ

有限会社ほほえみ(徳島県)

住所
入居条件

しあわせの郷 華

有限会社ミマメディカルサ-ビス

住所
入居条件
自立 要支援1-2 要介護1-3

サービス付き高齢者向け住宅しあわせ家族

株式会社花雲

住所
入居条件

サービス付き高齢者向け住宅しあわせ家族高島(旧名称:サービス付き高齢者向け住宅楽居の里)

株式会社花雲

住所
入居条件

ケアホーム「長生苑」

株式会社ライフサービス

住所
入居条件

長寿の里はるかぜガーデン

医療法人近藤内科医院

住所
入居条件

とみおかの里有料老人ホーム

有限会社シルバー在宅介護

住所
入居条件
要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円 二人部屋あり

サービス付き高齢者向け住宅 阿波っ子

有限会社たまきメディカルサポート

住所
入居条件

サービス付き高齢者向け住宅 アイナの郷

医療法人道志社

住所
入居条件

近隣の都道府県から再検索する

徳島県の老人ホーム・介護施設の特徴

徳島県は四国の東部に位置する人口約75万人の県です。県庁所在地は徳島市。県全体の面積のおよそ8割を山地が占め、剣山地は県を南北に分ける分水嶺です。北側の吉野川下流には水田地帯が広がり、南側は森林地帯と海に迫る岩石海岸が見られます。鳴門の渦潮や祖谷のかずら橋、樫原の棚田など自然に恵まれた観光名所、阿波おどりなどが有名です。地元の名産品は生産量日本一の阿波尾鶏、阿波和三盆糖、徳島ラーメン、地酒のほか、
阿波和紙、大谷焼など伝統工芸品もあります。

徳島県の高齢化率は平成28年7月現在、31.6%と全国平均27.3%を大きく上回り、山間地では50%を超える町もあります。全国よりも早く高齢化が進行している徳島県では、高齢化した地域社会をどのように支えていくかという発想から転換し、高齢者も生涯現役で活躍できるような福祉の取り組みが必要とされています。

徳島市を中心に山間部も含め、ほぼすべての市町村に高齢者施設があります。徳島市に本社がある株式会社エクセレントケアシステムや、地域の中小事業者が運営する小規模の介護施設や有料老人ホームが多く立地。費用相場は平均的な価格帯で、医療法人や社会福祉法人、NPO法人が運営する介護施設では、地域密着の医療・介護サービスが受けられます。また一方で特色のあるサービスが受けられる介護施設は少ないです。

三好市が進めている「生涯活躍のまち」構想が県内で初めて、国の地域再生計画の認定を受けました。同構想では同市池田町の阿波池田駅周辺と州津の箸蔵地区の2ヶ所を対象地域に想定し、首都圏などの都市部から中高年者や高齢者を受け入れます。お試し居住施設兼オフィスやサービス付き高齢者向け住宅などを、地域の交流拠点や空き家を改修して整備します。目標は2020年度末までに100人を受け入れることです。40~50代の就労意欲のある中高年も移住対象に見込むことで、医療・福祉の担い手や後継者不足の解消を図り、人口減少に備えた地域再生を目指しています。