香川県の老人ホーム・介護施設一覧

介護のほんねでは、『老人に体を動かすことを強制する、良い意味でのスパルタ介護施設』と評判の「ラ・ナシカこうざい」、「ひだまり」、「さくらガーデン喜楽」をはじめとした、香川県の老人ホームを1187件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

香川県の市区町村からさがす
路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR西日本からさがす

JR四国からさがす

高松琴平電気鉄道からさがす

病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす

月額費用

介護度

香川県の老人ホーム・介護施設一覧 1187

ラ・ナシカこうざい

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ひだまり

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

さくらガーデン喜楽

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

グループリビングらく楽丸亀市役所前

有料老人ホーム 入居支援金対象

こだわり条件

グループリビング らく楽多肥

有料老人ホーム 入居支援金対象

こだわり条件

シニアホーム さんさん(燦燦)

有料老人ホーム 入居支援金対象

シニアホームほほえみ

有料老人ホーム 入居支援金対象

ライフケア桜三月

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

サービス付高齢者住宅ハイ・フォロー高松東

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

さくら(旧名称:ライフパートナー高松Ⅰ番館)

有料老人ホーム 入居支援金対象

こだわり条件

有料老人ホームあざみ

有料老人ホーム 入居支援金対象

サービス付高齢者住宅 ERST(エルスト)

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

介護付有料老人ホーム ハイ・フォロー・ゴールド

有料老人ホーム 入居支援金対象

リハビリホームあすか高松木太

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

のぞみ

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ナーシングホームあすか高松多肥

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

介護付き有料老人ホーム もとやまガーデン

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

よんでんライフケア栗林

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

アルファリビング高松紺屋町(旧名称:アルファリビング香川県庁前、介護付有料老人ホームあずさ)

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

サン・ファミリア伏石

有料老人ホーム 入居支援金対象

こだわり条件

会員登録は
お済みですか?

施設の口コミが見られるほか、おさがしの条件を登録しておくと、介護のほんね入居相談員が無料で施設さがしをサポートいたします!

会員登録する

近隣の都道府県から再検索する

香川県の介護施設・老人ホームの特徴

香川県は四国地方の北東部に位置し、110あまりの島々からなるに面した県です。これらの島々を合わせた海岸線の総延長は724kmに達します。小豆島などの離島にも県民が居住し、香川県全体で約97万人(2016年11月時点)の人々が生活しています。人口1万人当たりに対するうどん・そば店の比率が全国1位であり、うどんを中心に観光業で盛り上がりを見せています。県のキャッチコピーにも「うどん県」というキーワード
が使用されています。また、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋が県内に架けられ、本州とのアクセスも良好。観光客の増加や特産品の流通で大きな役割を果たしています。

県内の高齢化率は2014年には29.2%、全国平均の26.7%を上回っており、今後も高齢化が進んでいくことが予想されています。宇多津町、高松市を除いた県内の市町村の高齢化率は総じて全国平均を上回っており、特に東かがわ市や琴平町、離島である小豆島は35%以上という高い数字となっています。

県内にはおよそ1200件の介護施設がありますが、高松市だけでその半数に当たる約500件もの介護施設が集中。ですが、離島など高齢化率の高い地域にも介護施設は建てられており、小豆島や豊島では特別養護老人ホームなどが複数件、運営されています。

2017年4月まで全国の市町村において「介護予防・日常生活支援総合事業」が実施され、これによりヘルパー資格のないボランティアも訪問介護やデイサービスなどを提供できるようになります。その一環として高松市庵治町ではボランティア団体「庵治支援隊」が発足、高齢者の買い物支援などの活動を開始しています。他にも、香川県はワークライフバランスの推進にも注力。育児・介護休業法の規定を上回り、介護や子育てと仕事を両立できるよう支援をおこなった企業に対して、申請に応じて子育て・介護応援企業としての認証マークを配布しています。