佐賀県の老人ホーム・介護施設

介護のほんねでは、「さがケアセンターそよ風」、「有料老人ホームシニアライフ佐賀」、「小規模多機能併設住宅型有料老人ホーム シニアライフ佐賀2号館」をはじめとした、佐賀県の老人ホームを1243件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

佐賀県の市区町村からさがす
路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす
介護度
その他

佐賀県の老人ホーム・介護施設 1243

さがケアセンターそよ風

株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ

要介護1-5
60歳以上入居可 入居費用0円

有料老人ホームシニアライフ佐賀

自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

小規模多機能併設住宅型有料老人ホーム シニアライフ佐賀2号館

要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

カームの里

株式会社T・Kコーポレーション

要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

有料老人ホーム光輝

有限会社エース商会

自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

住宅型有料老人ホーム 杏の丘武雄

株式会社倭弘

自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円 二人部屋あり

ゆうゆう天建寺

有限会社ケアサポートゆうゆう

要介護1-5

みどり山百花苑

株式会社かがやきケアサービス

要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円 二人部屋あり

有料老人ホームたかハウ ス

株式会社福祉ネットサービス

要介護1-5
入居費用0円

有料老人ホーム すずかぜ

医療法人竜門堂

要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

有料老人ホーム 爽風館

医療法人竜門堂

要介護1-5
入居費用0円

有料老人ホーム ありた

医療法人竜門堂

要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

ディーフェスタリリーフ東与賀(旧名称:紀水苑)

大和リビングケア株式会社

要支援 要介護
入居費用0円

バンビアパート

株式会社メロウズ

虹の松原百花苑

株式会社かがやきケアサービス

60歳未満入居可 60歳以上入居可 入居費用0円 生活保護相談可 二人部屋あり ショートステイ可

いこいの里 唐津

株式会社いこいの里佐賀

有料老人ホーム 花梨

株式会社かれん

いこいの里 巨勢

株式会社いこいの里佐賀

いこいの里 伊万里

株式会社いこいの里佐賀

芦刈 ひなた

有限会社ライフ・シップ

無料の入居相談であなたに最適な施設が見つかります!
フリーダイヤル(無料)

0120-002718

佐賀県の老人ホーム・介護施設の特徴

佐賀県は九州の北西部に位置し、人口は約82万9千人。福岡県と長崎県に隣接し、北は玄界灘、南は有明海に面した自然豊かな地域です。年間の平均気温は16度前後の地域が多く、おだやかな気候。佐賀県の名産品は、生産量日本一の有明海でとれた海苔や、ハウスみかんなど。また、伝統工芸品の有田焼は、約400年前から作られている日本で最初の磁器であり、世界の焼き物に影響を与えたと言われています。

佐賀県の総人口
は、1955年にピークを迎えました。その後、生産年齢人口(15~64歳)が都市圏へ流出したことにより、減少に転じます。一方、老年人口(65歳以上)は一貫して増加傾向にあります。2010年の年齢3区分の比率は、年少人口(0~14歳)14.5%、生産年齢人口60.9%、老年人口24.6%です。この年少人口の比率は全国平均の12.8%を上回り、全国第3位。佐賀県の総人口を支える潜在的な力であり、強みでもあります。しかし、2060年には、年少人口10.8%、生産年齢人口51.9%、老年人口37.3%と、老年人口が占める割合がさらに増えることが予想されています。

佐賀県は、65歳以上の高齢者人口に対する住まい(介護保険施設やサービス付き高齢者向け住宅、認知症高齢者グループホーム、有料老人ホーム、軽費老人ホームなど)の整備率が、全国平均より上回っています。しかし、特別養護老人ホームや民間の施設である有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、佐賀市などの都市に集中しています。また、価格やサービス内容は平均的な施設が多いです。

佐賀県では行政サービスにおいて、県民満足度を向上するため「地方分権改革」を目指しています。複数の具体的な提案の中から、例えば特別養護老人ホームについて。特別養護老人ホームは介護を必要とする人のための施設なので、たとえ自費でも元気な高齢者は入所できません。高齢者の夫婦が妻が寝たきり状態で施設に入所する場合、夫が入所を希望しても、現状は自宅での一人暮らしを余儀なくされます。補助金行政が全国画一に実施されているからです。佐賀県は、補助金や規制を廃止することで、「地方が自主的な判断をし、地域性や県民ニーズにあった行政を進める」ことを目指しています。「平等」の全国画一行政から、県民「満足度」への転換。その実現は、例えば介護施設に家族と入所して、一緒に暮らしたいという希望をかなえることに繋がります。