静岡県の老人ホーム・介護施設

介護のほんねでは、『自分の家の用に暮らせて、本当に人間の尊厳は守られている』と評判の「そんぽの家 富士宮 」、「そんぽの家 浜松高丘」、「そんぽの家 浜松」をはじめとした、静岡県の老人ホームを3185件掲載中。

  • 市区町村からさがす

  • 路線・駅からさがす

静岡県の市区町村からさがす

静岡県の市区町村からさがす

路線・駅からさがす

路線・駅からさがす

JR東海からさがす
JR東日本からさがす
伊豆急行からさがす
伊豆箱根鉄道からさがす
岳南鉄道からさがす
静岡鉄道からさがす
天竜浜名湖鉄道からさがす
遠州鉄道からさがす
大井川鐵道からさがす
病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす
介護度
その他

静岡県の老人ホーム・介護施設 3185

そんぽの家 富士宮

SOMPOケア株式会社

要支援1-2 要介護1-5
60歳以上入居可 入居費用0円 ショートステイ可

そんぽの家 浜松高丘

SOMPOケア株式会社

要支援1-2 要介護1-5
60歳以上入居可 入居費用0円 ショートステイ可

そんぽの家 浜松

SOMPOケア株式会社

要支援1-2 要介護1-5
60歳以上入居可 入居費用0円

いこいの里大原

株式会社いこいの里 静岡

要介護1-5
60歳以上入居可 生活保護相談可

いこいの里掛川

株式会社いこいの里 静岡

要介護1-5
生活保護相談可

ニチイホーム 修善寺

株式会社ニチイケアパレス

自立 要支援1-2 要介護1-5
二人部屋あり

ツクイ・サンシャイン御殿場

株式会社ツクイ

自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円 ショートステイ可

ラ・ナシカしまだ

株式会社シダー

要支援1-2 要介護1-5

ラ・ナシカ三保の松原

株式会社シダー

要支援1-2 要介護1-5

プレミアムハートライフ大岩

株式会社アクタガワ

要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

ニチイケアセンター富士厚原

株式会社ニチイ学館

自立 要支援1-2 要介護1-5
入居費用0円

なごやかレジデンス浜松助信

株式会社やまねメディカル

要介護

なごやかレジデンス浜松山手

株式会社やまねメディカル

要介護

なごやかレジデンス浜松蜆塚

株式会社やまねメディカル

要介護

なごやかレジデンス静岡西脇

株式会社やまねメディカル

要介護

なごやかレジデンス清水八坂

株式会社やまねメディカル

要介護

なごやかレジデンス浜松薬師

株式会社やまねメディカル

要介護

ハートライフ小石川

株式会社アクタガワ

ハートライフ千代田

株式会社アクタガワ

プレミアムハートライフ小鹿公園前

株式会社アクタガワ

要支援 要介護
入居費用0円
無料の入居相談であなたに最適な施設が見つかります!
フリーダイヤル(無料)

0120-002718

近隣の都道府県から再検索する

静岡県の老人ホーム・介護施設の特徴

静岡県は日本のほぼ中央に位置する人口約369万人の県。伊豆半島の先端にある賀茂地域、富士山の裾野に当たる東部地域、清水港や焼津港がある中部地域、浜名湖がある西部地域の4つに分けられています。年間平均気温は約16度と温暖で、面積の65%を森林が占めています。農業、畜産業、林業のほかに水産業も盛ん。さらに電気機器、缶詰、ピアノ、プラモデルなど、世界に通じる工業製品の生産も有名です。

静岡県の高齢
化率は平成27年現在26.8%であり、高齢者人口は100万人を超えています。また、75歳以上の高齢者数は平成17年と比較すると1.4倍。高齢者の高齢化が進んでおり、とくに伊豆半島など県の東部及び川根本町での高齢化が目立っています。最も高齢化率が高い市町村は西伊豆町で45.5%、最も高齢化率が低いのは長泉町で20.8%です。ただし、健康寿命は平成25年現在で男性72.13歳(全国3位)女性75.61歳(全国2位)とトップクラス。要介護認定率も全国平均を下回っていることが分かっています。

静岡県は東海圏や首都圏からの交通の便がよい地域。離れて暮らす子世代が親の介護施設を探す際の候補地として、検討されやすい傾向にあります。静岡市駿河区に本社を置く株式会社アクタガワなど地域密着の企業が県内に介護施設を展開するほか、中堅・大手の介護施設も多く選択肢が広いこともこの地域の魅力の一つといえます。

静岡県はまわりに介護中であることを周知できる「介護マーク」を考案するなど、全国でも介護・福祉の取り組みが進んでいるエリア。健康寿命のさらなる延伸や自立高齢者の割合を90%以上にすることなどを目標に掲げ、誰もが住みやすい長寿社会を目指しています。たとえば、運動・食生活・社会参加の3つのアクションを3人1組で3か月間実践する「ふじ33プログラム」。これには健康寿命の延伸に必要な生活習慣を身につけてもらおうという狙いがあります。また、平成27年には18~45歳を「青年」、76歳までを「壮年」、77歳から「老年」とする「ふじのくに型人生区分」を提示。高齢化を前向きにとらえ、65歳を迎えても社会参加できる機会づくりに取り組んでいます。