通所サービスとは|費用も含めて一覧で紹介

介護保険サービスには用途に合わせて訪問サービスや短期入所サービスなどの種類があります。そんななか、介護対象者自らが施設に足を運び介助やリハビリなどを受けるのが通所サービスです。

この記事では通所サービスの種類や「どんな人におすすめなのか」などの情報をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

通所サービスとは|費用も含めて一覧で紹介
平栗 潤一

この記事の監修

平栗 潤一

一般社団法人 日本介護協会 理事長

大手介護専門学校にて12年で約2,000名の人材育成に関わり、その後、人材定着に悩む介護事業所の人材育成や運営支援を実施。2020年4月からは一般社団法人日本介護協会の理事長に就任し、介護業界の発展を目指して介護甲子園を主催している。

通所サービスは介護保険サービスの1つ

通所サービスは介護保険を使って利用できます。介護保険とは40歳になると同時に納める義務が生じる保険料です。その代わり、要介護状態になると介護サービスを1~3割負担で利用できます。

介護保険を使うためには2つの条件があります。1つは「65歳以上であり要支援・要介護認定を受けていること」。2つ目が「40~64歳で16種類の特定疾病のうちいずれかに罹患しており、要支援・要介護認定を受けていること」です。このいずれかを満たせば介護保険を利用できます。

16種類の特定疾病
1 がん(末期)
2 関節リウマチ
3 筋萎縮性側索硬化症
4 後縦靭帯骨化症
5 骨折を伴う骨粗鬆症
6 初老期における認知症
7 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
8 脊髄小脳変性症
9 脊柱菅狭窄症
10 早老症
11 多系統萎縮症
12 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
13 脳血管疾患
14 閉塞性動脈硬化症
15 慢性閉塞性肺疾患
16 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
引用:厚生労働省「介護保険制度について」

要支援・要介護認定について詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

通所サービスとは

介護保険サービスにはさまざまな種類があります。なかでも介護対象の人が施設に足を運んでサービスを受けるタイプが「通所サービス」です。

施設によっては送迎サービスをしている場合もあり、階段昇降に関する介助もしてくれることが多くあります。もし自力での移動が難しくても安心してサービスを利用できるのです。

通所サービスのメリット

では通所サービスのメリットを詳しく紹介しましょう。他の介護保険サービスに比べて、さまざまな魅力があります。

外部との接触ができる

訪問サービスの場合は職員が自宅を訪れるので、コミュニケーションが広がりにくいのが現状です。しかし通所サービスの場合、さまざまな人との交流ができます。そのぶん会話をする機会も増え、認知機能の向上などにもつながるのがメリットです。

運動をするきっかけになる

自力で移動ができる人は送迎サービスを使わずして移動することもできるでしょう。歩くきっかけになりますし、電車の乗り換えなどを通して脳に良い刺激をもたらすことができるのも魅力です。

主な通所サービスを一覧で紹介

「通所サービス」と一言でいってもさまざまな種類があり、内容は大幅に違います。では主な通所サービスを一覧で紹介しましょう。「どのような内容のサービスなのか」「どの状況の人におすすめなのか」をご覧ください。

デイサービス(通所介護)

デイケアは施設に通うことで食事や入浴、排泄介助などの介護を任せられるサービスです。また簡易的な健康状態のチェックなども可能です。この他、施設によっては趣味やレクリエーションなどを利用者皆と一緒に楽しめます。交流も図れるので、認知機能の向上も期待できるのです。

認知症対応型通所介護

認知症の人を対象にしてケアをするサービスです。具体的なサービス内容はデイサービスとほとんど同じですが、認知症の人を対象にしているので認知機能の訓練などに特化しているのが特徴になります。

デイケア(通所リハビリテーション)

デイケアとデイサービスは混同されがちですが、用途が大きく違います。デイサービスはリハビリテーションによる機能改善を図るための施設です。介護職員のほか、理学療法士や作業療法士などのリハビリスタッフがサポートしてくれます。入浴や食事などの日常的なサポートはできますが、リハビリテーションが主になるサービスです。

療養通所介護

医療的なケアが必要な人に向けた通所サービスが「療養通所介護」です。看護師や医師が必要になる難病や重症患者の人を対象にしたサービスになります。

療養通所介護では利用者の健康状態や食事・入浴の介助、リハビリなどをします。事業所は訪問看護ステーションと連携しており、利用者の情報を共有することで、医師や看護師からの適切な処置を受けられるのです。

通所サービスの費用

紹介した4種類の通所サービスの費用を紹介します。在宅介護はケアマネジャーが組み立てたケアプランをもとに進めるものです。

介護計画を考える出発点としては家族として割ける予算介護の負担の2つの要素があります。あらかじめ通所サービスの費用を知っておくことで「どのサービスをどれくらい使うか」について考えられますので、参考にしてみてください。

通所介護(デイサービス)

1カ月あたりの利用述べ人数が301~750人の「通常規模の事業者」の場合
時間 要介護度 自己負担額
3時間以上4時間未満 要介護1 364円
要介護2 417円
要介護3 472円
要介護4 525円
要介護5 579円
4時間以上5時間未満 要介護1 382円
要介護2 438円
要介護3 495円
要介護4 551円
要介護5 608円
5時間以上6時間未満 要介護1 561円
要介護2 663円
要介護3 765円
要介護4 867円
要介護5 969円
6時間以上7時間未満 要介護1 575円
要介護2 679円
要介護3 784円
要介護4 888円
要介護5 993円
7時間以上8時間未満 要介護1 648円
要介護2 765円
要介護3 887円
要介護4 1,008円
要介護5 1,130円
8時間以上9時間未満 要介護1 659円
要介護2 779円
要介護3 902円
要介護4 1,026円
要介護5 1,150円

※「1単位=10円」「自己負担1割」の場合

認知症対応型通所介護

事業所の種類 時間 要介護度 自己負担額
単独型の事業所の場合 3時間以上4時間未満 要介護1 540円
要介護2 594円
要介護3 650円
要介護4 705円
要介護5 759円
4時間以上5時間未満 要介護1 566円
要介護2 623円
要介護3 681円
要介護4 738円
要介護5 795円
5時間以上6時間未満 要介護1 853円
要介護2 945円
要介護3 1,035円
要介護4 1,127円
要介護5 1,219円
6時間以上7時間未満 要介護1 875円
要介護2 969円
要介護3 1,061円
要介護4 1,156円
要介護5 1,250円
7時間以上8時間未満 要介護1 989円
要介護2 1,097円
要介護3 1,204円
要介護4 1,312円
要介護5 1,420円
8時間以上9時間未満 要介護1 1,021円
要介護2 1,132円
要介護3 1,242円
要介護4 1,355円
要介護5 1,465円
介護施設に併設された事業所の場合 3時間以上4時間未満 要介護1 489円
要介護2 538円
要介護3 586円
要介護4 636円
要介護5 685円
4時間以上5時間未満 要介護1 512円
要介護2 563円
要介護3 615円
要介護4 666円
要介護5 717円
5時間以上6時間未満 要介護1 767円
要介護2 849円
要介護3 931円
要介護4 1,011円
要介護5 1,094円
6時間以上7時間未満 要介護1 786円
要介護2 871円
要介護3 955円
要介護4 1,037円
要介護5 1,122円
7時間以上8時間未満 要介護1 889円
要介護2 984円
要介護3 1,081円
要介護4 1,177円
要介護5 1,272円
8時間以上9時間未満 要介護1 917円
要介護2 1,015円
要介護3 1,115円
要介護4 1,215円
要介護5 1,314円

※「1単位=10円」「自己負担1割」の場合

通所リハビリテーション(デイケア)

1カ月当たりの利用者が750人以内の通常規模の事業所の場合
時間 要介護度 自己負担額
1時間以上2時間未満 要介護1 331円
要介護2 360円
要介護3 390円
要介護4 419円
要介護5 450円
2時間以上3時間未満 要介護1 345円
要介護2 400円
要介護3 457円
要介護4 513円
要介護5 569円
3時間以上4時間未満 要介護1 446円
要介護2 523円
要介護3 599円
要介護4 697円
要介護5 793円
4時間以上5時間未満 要介護1 511円
要介護2 598円
要介護3 684円
要介護4 795円
要介護5 905円
5時間以上6時間未満 要介護1 579円
要介護2 692円
要介護3 803円
要介護4 935円
要介護5 1,065円
6時間以上7時間未満 要介護1 670円
要介護2 801円
要介護3 929円
要介護4 1,081円
要介護5 1,231円
7時間以上8時間未満 要介護1 716円
要介護2 853円
要介護3 993円
要介護4 1,157円
要介護5 1,317円

※「1単位=10円」「自己負担1割」の場合

療養通所介護

時間 金額
3~6時間 1,007円/日
6~8時間 1,511円/日

※療養通所介護は要介護度に関わらず金額は一定です

※「1単位=10円」「自己負担1割」の場合

自宅にこもりがちになった人に通所サービスはおすすめ

高齢になるに連れてケガや疾患によって身体を動かす機会が減り、だんだんと自宅にこもりがちになってしまうことがあります。すると身体機能の低下にもつながります。

通所サービスを用いることで自然に運動をするきっかけになるほか、他の人とのコミュニケーションにもつながるのが大きなメリットです。通所サービスによって生活に張りが出たり、運動機能が改善したりする可能性も期待できます。

この記事のまとめ

  • 介護保険を使って1~3割負担の費用で利用できる
  • デイサービスやデイケアなど、通所サービスの種類はさまざま
  • ケアマネジャーに相談しながらサービスを決めよう

豊富な施設からご予算などご要望に沿った施設をプロの入居相談員がご紹介します

介護まるわかりガイド