【図表でまとめ】介護施設の種類一覧|特徴や費用も一緒に紹介

家族の介護が必要になった際には、施設介護か在宅介護かを判断しなくてはいけません。その後、施設介護を選んだ際は「施設種別の多さ」に驚く人もいるでしょう。どの施設が自分のニーズに合っているのかを判断できなくなる可能性もあります。そこでこの記事では介護施設の種類について一覧で紹介します。各施設の費用相場や特徴なども記載しますので、ぜひご覧ください。

更新日:
写真
平栗 潤一

この記事の監修

平栗 潤一

一般社団法人 日本介護協会 理事長

大手介護専門学校にて12年で約2,000名の人材育成に関わり、その後、人材定着に悩む介護事業所の人材育成や運営支援を実施。2020年4月からは一般社団法人日本介護協会の理事長に就任し、介護業界の発展を目指して介護甲子園を主催している。

介護施設の定義とは

そもそも介護施設の定義は、はっきりとは明記されていません。広い意味で「介護サービスを提供している施設の全般」を指します。高齢者向けではなくても、日常生活のサポートをしている施設は介護施設です。ただしもちろん各施設によって提供しているサービスには差があります。

介護施設と有料老人ホームとの違い

「介護施設」と「有料老人ホーム」を同義として解釈している人も多いはずです。しかし両者には若干の違いがあります。老人ホームは厚生労働省によると、以下のように定義されている施設です。

有料老人ホームの定義

老人を入居させ、以下の①~④のサービスのうち、いずれかの サービス(複数も可)を提供している施設。

①食事の提供

②介護(入浴・排泄・ 食事)の提供

③洗濯・掃除等の 家事の供与

④健康管理

引用:厚生労働省「有料老人ホームの概要
有料老人ホームの概要

つまり老人ホームは「高齢者の生活のサポートをするための施設」です。また介助に関しては食事、介護、家事、健康管理になります。すべての老人ホームが介護をするというわけではないので注意してください。

では介護施設と老人ホームの概要が分かったところで、介護施設の種類について具体的に紹介しましょう。

公的施設

「公的施設」とは国などの行政機関が管轄している施設を指します。要介護度が重い人や所得が低い人など在宅介護が難しい人を優先的に受け入れていることも公的施設の特徴です。また月額利用料は介護保険が適用されるので1~3割負担。その分、民間施設に比べて人気が高いのが現状です。

では公的施設に該当する施設を1つずつ紹介します。

特別養護老人ホーム

「特養」と略されることもあります。入居条件は原則として要介護3以上とハードルがありますが、一度入居したら終身までサービスを受けられます。また前述したように介護保険によって少ない自己負担額で利用できるので、人気です。数カ月~数年待ちの状況も多々あります。

特別養護老人ホームについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
特別養護老人ホームとは|入居条件・費用・有料老人ホームとの違いなどを紹介

介護老人保健施設

「老健」と略して呼ばれます。要介護1以上であれば入居できる施設です。リハビリを通じて機能を回復することが主な目的であり、原則として機能が回復したら3~6カ月で退去することになります。その分、本格的なリハビリ施設で機能訓練を受けられるのがメリットです。

介護老人保健施設について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
介護老人保健施設(老健)とは|費用・法的な特徴・特養との違いを解説

介護医療院

2018年の介護保険法改正とともにできた施設です。基本的な介護体制があるのはもちろん、医療的なケアが充実しています。ただし個室はなく、2~4人部屋で共同生活をするため、プライバシーは確保できません。また新設されたばかりであり施設数が少ないのが現状です。

介護医療院について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
【専門家監修】介護医療院とは|施設・人員基準などをわかりやすく解説

ケアハウス(軽費老人ホーム)

ケアハウスは「介護型」「一般型」の2種類があり、介護型ケアハウスは公的施設になります。諸事情によって家族と同居できず、独居で暮らすのも難しい人に向けてつくられた施設です。比較的低価格で利用できます。

ケアハウスについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
ケアハウスとは|費用・特徴・他の施設との違いなどの基本情報を紹介

民間施設

有料老人ホームをはじめとする民間施設は公的施設とは違い、基本的には介護保険を利用できません(ただし特定施設などは一部介護保険適用内)。また介護サービスの内容は各事業者に任されており、施設ごとに若干の差があります。

価格も事業者によって幅広く設定されていますので、個人のニーズに従って自由に選べるのが特徴です。では具体的に民間の介護施設の種別を見ていきましょう。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、比較的一人ひとりのケアが手厚い施設です。自立から要介護5までで、すべての人が利用できます。介護スタッフが24時間体制で常駐しているので早朝や夜間の異変にもすぐに対応できるのがメリットです。

介護付き有料老人ホームについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
介護付き有料老人ホームとは|はじめに確認する基本的な情報をご紹介

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護サービスを提供しない老人ホームです。介助を始めとする介護サービスを利用する際は別に外部のサービス提供者と契約しなければいけません。自立から要介護5まですべての人が入居できます。

住宅型有料老人ホームについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
住宅型有料老人ホームとは|特徴・費用の目安などの基本情報を紹介

サービス付き高齢者向け住宅

「サ付き」「サ高住」などと略される施設です。シニア向けでバリアフリー設備が整った賃貸住宅になっています。必要に応じて安否の確認や生活相談などのサービスも受けられる施設です。ただし介護サービスを取り入れる際は外部の事業者を利用する必要があります。

サービス付き高齢者向け住宅について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
サービス付き高齢者向け住宅とは|費用・入居条件・人員基準などを紹介

グループホーム

グループホームは要介護2以上で認知症の診断を受けている人が入れる介護施設です。地域密着型サービスであるため施設と同じ市区町村に住民票があることも入居条件となります。他の施設との違いは、1ユニット9人の少人数制で共同生活をし、家事などは入居者同士で分担する点です。入居者同士の距離が近く仲良くなりやすい環境といえます。

グループホームについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
【専門家が徹底解説】グループホームとは|認知症への対処・費用の目安を紹介

シニア向け分譲マンション

シニア向け分譲マンションとは高齢者を対象にした分譲マンションです。マンションの購入なので、相応の費用はかかります。しかし資産であり、売却や譲渡などは可能です。また退去を迫られる心配もありません。ただし、介護サービスは含まれていませんので、利用する際は別に事業者を利用することが必要になります。

シニア向け分譲マンションについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
シニア向け分譲マンションとは|はじめに知っておきたい基本情報を紹介

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームとは食事のサービスが付いている高齢者向けの施設です。温泉やスポーツジム付きの施設もあります。もし介護が必要になった際は契約解除となる可能性があります。その場合は新たに他の介護施設を利用しなければいけません。

健康型有料老人ホームについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
健康型有料老人ホームとは|費用・特徴など基本情報を紹介

各介護施設の特徴、どんなニーズの人におすすめか

では、介護施設の概要についてご紹介したところで、各施設の特徴をご紹介します。特徴に合わせて「どのようなニーズを持っている人におすすめか」という情報もお伝えしますので、迷っている人は参考にしてください。

特別養護老人ホームの特徴

特別用語老人ホームの特徴としては「入居条件は要介護3以上」「終身まで安く利用できる」「入居待ちの期間が発生する」という点です。なので「要介護度は重いが、入居費用の予算に限度がある」「時間がかかってもいいので安価で暮らしたい」という人におすすめです。

介護老人保健施設の特徴

介護老人保健施設の特徴は「リハビリに特化した施設」「原則として3~6カ月しか滞在できない」という点です。「退院後、自宅へ戻る前に機能改善したい」など短期的の利用で問題が解決するといった状況の人におすすめできます。

介護医療院の特徴

介護医療院の特徴は「他の施設に比べて医療的なケアが整っていること」です。しかし自立の人でも入居できます。なので「日常的に医療行為が必要のため特別養護老人ホームや老人ホームではなく医療的なケアが必要な方」におすすめの施設です。

介護型ケアハウス(軽費老人ホーム)の特徴

介護型ケアハウスの特徴は「比較的低額で介護サービス付きの施設に入居できること」です。24時間体制で介護を受けられますので「介護の必要性はあるものの、高い予算を用意できない」という人におすすめできます。

介護付き有料老人ホームの特徴

介護付き有料老人ホームの特徴は「定額で介護サービスを利用できる点」です。また入居者が生活する居室と共同スペースに分かれており、1人の時間も他の人との交流も大切にできます。「24時間、安心しながら暮らしたい」「余生を1人で送らず、他の人と触れ合いながら楽しく生活したい」という人におすすめです。

住宅型有料老人ホームの特徴

住宅型有料老人ホームでは「食事の提供はもちろん、レクリエーションなどのイベントも豊富」です。自宅よりも刺激のある日々を過ごせるのがメリットといえます。介護付き有料老人ホームとの大きな違いは、施設内で介護サービスを提供していない点です。自分に必要なサービスだけ外部のサービスと契約します。「まだ元気だが、自宅で1人は寂しい」「介護は必要ないものの、リハビリなどは早いうちに始めたい」などのニーズに応えられる施設です。ただし施設によってリハビリやアクティビティの頻度や質に違いがあります。そもそもリハビリをしていない可能性もあるので、見学は必須です。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サービス付き高齢者向け住宅は「バリアフリーの賃貸住宅」です。提供されるサービスは食事や掃除などの「生活支援」のほか「安否確認」や「生活相談」があります。費用も有料老人ホームと比較すると低額です。「もしもの状況に備えて、自宅よりも安心して過ごせる環境に身を置きたい」というニーズをお持ちの人におすすめできます。

また一部では「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているサービス付き高齢者向け住宅もあり、24時間体制で介護サービスが受けられます。

グループホームの特徴

グループホームの特徴は「認知症であり要介護2以上の人しか入れないこと」です。また「入居者同士が力を合わせて共同生活する」のもポイントでしょう。「認知症であるが、軽度であり進行を抑制しながら生活したい」とお考えの人におすすめです。

シニア向け分譲マンションの特徴

シニア向け分譲マンションの特徴は「物件を実際に購入する点」です。もちろん大きな費用を用意しなければいけません。しかし物件の購入は資産になるのでメリットでもあります。「予算は確保できるし、今のとこと介護は必要ない。」「自分だけでなく自分の子どもや孫のことも考えて施設を探したい」という人におすすめです。

健康型有料老人ホームの特徴

健康型有料老人ホームの特徴は「自立であることが入居条件で定められていること」です。また食事サービスがついており、費用も比較的高額なので、予算を確保できている人しか入れません。「比較的、資金に余裕があり健康状態である」「食事サービスを受けながらアクティビティなどにも興じつつ余生を過ごしたい」とお考えの人におすすめできます。

各介護施設の費用相場

では最後に各施設の費用相場を表でまとめて紹介しましょう。前述した通り公的施設は費用が決まっており、しかも介護保険料を使って支払えます。ただし民間施設の場合は基本的に介護保険を使えません(適用内の施設もあります)。また、各施設ごとに入居費用や月額利用料に差がありますので、注意が必要です。

特別養護老人ホームの費用相場

事業所の種類 部屋の種類 要介護度 自己負担額

※1日あたり

入所定員が30名以上 居室定員1名 要介護1 559円
要介護2 627円
要介護3 697円
要介護4 765円
要介護5 832円
居室定員2名以上 要介護1 559円
要介護2 627円
要介護3 697円
要介護4 765円
要介護5 832円
入所定員が30名以上でユニット型 ユニット型 要介護1 638円
要介護2 705円
要介護3 778円
要介護4 846円
要介護5 913円

※「1単位=10円」「自己負担1割」の場合

介護老人保健施設の費用相場

事業所の種類 部屋の種類 要介護度 自己負担額

※1日あたり

介護老人保健施設 居室定員1名 要介護1 701円
要介護2 746円
要介護3 808円
要介護4 860円
要介護5 911円
居室定員1名(在宅強化型) 要介護1 742円
要介護2 814円
要介護3 876円
要介護4 932円
要介護5 988円
居室定員2名以上 要介護1 775円
要介護2 823円
要介護3 884円
要介護4 935円
要介護5 989円
居室定員2名以上(在宅強化型) 要介護1 822円
要介護2 896円
要介護3 959円
要介護4 1,015円
要介護5 1,070円
介護老人保健施設(療養型老健) 居室定員1名 要介護1 726円
要介護2 808円
要介護3 921円
要介護4 998円
要介護5 1,072円
居室定員2名以上 要介護1 804円
要介護2 886円
要介護3 1,001円
要介護4 1,076円
要介護5 1,150円
ユニット型介護老人保健施設 ユニット型 要介護1 781円
要介護2 826円
要介護3 888円
要介護4 941円
要介護5 993円
ユニット型

(在宅強化型)

要介護1 826円
要介護2 900円
要介護3 962円
要介護4 1,019円
要介護5 1,074円
ユニット型介護老人保健施設(療養型老健) ユニット型

(療養型)

要介護1 889円
要介護2 971円
要介護3 1,084円
要介護4 1,160円
要介護5 1,235円

※「1単位=10円」「自己負担1割」の場合

介護療養病床の費用相場

事業所の種類 部屋の種類 要介護度 自己負担額

※1日あたり

病院の療養病床(看護6:1、介護4:1) 居室定員1名 要介護1 645円
要介護2 748円
要介護3 973円
要介護4 1,068円
要介護5 1,154円
居室定員2名以上 要介護1 749円
要介護2 853円
要介護3 1,077円
要介護4 1,173円
要介護5 1,258円
病院の療養病床(ユニット型) ユニット型 要介護1 771円
要介護2 875円
要介護3 1,099円
要介護4 1,195円
要介護5 1,280円
大学病院などの老人性認知症疾患療養病棟(看護6:1、介護4:1) 居室定員1名 要介護1 973円
要介護2 1,073円
要介護3 1,101円
要介護4 1,166円
要介護5 1,230円
居室定員2名以上 要介護1 1,078円
要介護2 1,144円
要介護3 1,207円
要介護4 1,272円
要介護5 1,336円
大学病院などの老人性認知症疾患療養病棟(ユニット型) ユニット型 要介護1 1,099円
要介護2 1,164円
要介護3 1,228円
要介護4 1,292円
要介護5 1,357円

※「1単位=10円」「自己負担1割」の場合

介護医療院の費用相場

施設の種類 要介護度 自己負担額

※1日あたり

居室定員1名 要介護1 698円
要介護2 807円
要介護3 1,041円
要介護4 1,141円
要介護5 1,230円
居室定員2名以上 要介護1 808円
要介護2 916円
要介護3 1,151円
要介護4 1,250円
要介護5 1,340円
ユニット型 要介護1 825円
要介護2 933円
要介護3 1,168円
要介護4 1,267円
要介護5 1,357円

※「1単位=10円」「自己負担1割」の場合

ケアハウスの費用相場

項目 費用の目安
初期費用(入居一時金) 数十万~数百万円
月額費用 15万~30万円

介護付き有料老人ホームの費用相場

項目 費用の目安
初期費用(入居一時金) 0~数千万円
月額費用 10万~30万円

住宅型有料老人ホームの費用相場

項目 費用の目安
初期費用(入居一時金) 0~数千万円
月額費用 10万~30万円

サービス付き高齢者向け住宅の費用相場

項目 費用の目安
初期費用 0~数十万円
月額費用 10万~30万円

グループホームの費用相場

項目 費用の目安
初期費用 0~数百万円
月額費用 15万~30万円

シニア向け分譲マンションの費用相場

項目 費用の目安
初期費用(入居一時金) 1,000万~5,000万円
月額費用(外部サービス利用時) 5~15万円

健康型有料老人ホームの費用相場

項目 費用の目安
初期費用(入居一時金) 0~数億円
月額費用 10万~40万円

まずは「求める条件」と「介護施設の種類」を知ることが大切

家族の施設介護を考える際は、まずは自分がどんなサービスを求めているのかをはっきりさせましょう。「介護は必要なのか」「予算はどの程度割けるのか」「余生に何を求めているのか」などの条件を決めることが必要です。そのうえで介護施設の種類を把握し、見学をすることで、納得いく介護施設探しに近づきます。

介護施設は種類によってサービス内容が大きく変わるからこそ、あらかじめ知識を頭にいれたうえで、探しましょう。

このカテゴリの記事を全部見る

最後に「介護施設の種類」に関する記事を一覧で掲載します。あらためて気になる情報をご覧ください。

住宅型有料老人ホームについて
住宅型有料老人ホームとは|特徴・費用の目安などの基本情報を紹介

健康型有料老人ホームについて
健康型有料老人ホームとは|費用・特徴など基本情報を紹介

介護付き有料老人ホームについて
介護付き有料老人ホームとは|はじめに確認する基本的な情報をご紹介

シニア向け分譲マンションについて
シニア向け分譲マンションとは|はじめに知っておきたい基本情報を紹介

グループホームについて
【専門家が徹底解説】グループホームとは|認知症への対処・費用の目安を紹介

サービス付き高齢者向け住宅について
サービス付き高齢者向け住宅とは|費用・入居条件・人員基準などを紹介

特別養護老人ホームについて
特別養護老人ホームとは|入居条件・費用・有料老人ホームとの違いなどを紹介

介護老人保健施設について
介護老人保健施設(老健)とは|費用・法的な特徴・特養との違いを解説

介護医療院について
【専門家監修】介護医療院とは|施設・人員基準などをわかりやすく解説

ケアハウスについて
ケアハウスとは|費用・特徴・他の施設との違いなどの基本情報を紹介

軽費老人ホーム(A型・B型)について
軽費老人ホーム(A型・B型)とは|施設概要や入居条件など

介護療養型医療施設について
【2024年3月末に完全廃止】介護療養型医療施設とは|費用・特徴・介護医療院の概要

療養型病院について
療養型病院(医療療養病床)とは|2023年廃止の介護療養病床との違いも徹底解説

介護サービス情報公表システムについて
介護サービス情報公表システムとは|使い方・メリットなどを紹介

建物賃貸借方式について
建物賃貸借方式とは|契約形態について分かりやすく解説

利用権方式について
利用権方式とは|契約方式の内容などを分かりやすく解説

終身建物賃貸食方式について
終身建物賃貸食方式とは|契約形態についてわかりやすく解説

この記事のまとめ

  • 介護施設は種類によってサービスや費用が違う
  • 大きく公的施設と民間施設の2種類がある
  • まずは自分の入居条件をはっきりとさせておく