介護士(介護職員) - 介護施設の探し方ガイド

介護士(介護職員)

実務面で介護にあたる人を総称して介護士といいます。資格や経験がなくても従事可能ですが、国家資格である「介護福祉士」や都道府県の認定資格である「介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)」などを持つ人もいます。

用語の説明

介護士(介護職員)は、介護が必要な方の心身の状態に合わせた食事、入浴、排せつ、着替えなどの身の回りのケアをする職業です。足の不自由な方のベッドから車いすなどへの移乗介助を行ったり、認知症などで困りごとのある方の相談役・話し相手となったり、レクリエーションの企画・実施を行ったりと、その仕事は多岐にわたります。老人ホームといった入所型の介護施設をはじめ、デイサービス、訪問介護など、介護サービスを提供する事業所のほぼすべてで活躍しています。


介護士は、看護師や理学療法士などとは異なり国家資格を保有していなくても就業できますが、多くの人は経験を積んで介護福祉士の国家資格取得を目指します。また、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)や介護職員実務者研修(旧ホームヘルパー1級)といった研修を修了するなど、専門知識を身につけて従事する人も多くいます。


介護士には、医療行為をはじめとしていくつか依頼できないことがあります。


・医療行為
例えばインシュリン注射や人工透析などは医療行為にあたるので、介護士は行うことができません。目薬をさすことや湿布を貼ることなどは条件付きで可能です。また、たん吸引は喀痰吸引等制度に基づき必要な認定証の交付を受けた介護士であれば実施できます。医療措置が必要な方が介護施設などを利用する場合は、介護士が対応可能かどうか、難しい場合は医師や看護師が配置されているかどうか、といった点も確認するようにしましょう。


・本人以外の介護・生活援助
訪問介護を利用する場合、生活に必要な買い物の付き添いや日常的な食事の準備、配ぜん、介助、洗濯、ゴミ出しといった生活援助も依頼できます。しかし、要介護者の家族の食事を作る、電球の交換、ペットの世話など直接介護や要介護者に必要のない行為はできません。無理なお願いをしてしまわないよう、配慮が必要です。

介護のほんね入居相談室に相談する