たん吸引とは|措置の概要や利用できる施設などについて

たん吸引とは、のどの奥に溜まったたんをチューブを通して吸い出す措置のこと。たんを自力で体外へ排出することができない方などに対し、呼吸困難や誤嚥性肺炎を防ぐために行われます。

たん吸引とは|措置の概要や利用できる施設などについて

措置・病気の概要

健康な鼻・口・のどの粘膜は粘液に覆われています。この粘液は、空気中に含まれるホコリやばい菌、肺や気管から出る老廃物があると、それらを包んでたんとなります。たんがのどに溜まると、一部は咳・くしゃみとともに体の外に排出されます。残りの大半は唾液などと共に、無意識に胃の中へ飲み込まれているといわれています。

しかし、加齢による反射能力の低下、意識の低下、麻痺、気管切開、嚥下障害などがあると、たんを自力で排出したり飲みこんだりするのが難しくなります。すると、たんや唾液がのどの奥に溜まり、気道が狭まってしまいます。この状態を放置すると窒息や呼吸困難につながる可能性もあり、それを防ぐためにたん吸引を行います。

たん吸引は、吸引器に接続したチューブの先を、鼻、のど、気管切開している方はカニューレより挿入し、手順に従ってたんを吸い出します。たん吸引は医療行為にあたる処置で、受ける本人にとっては苦痛を伴う行為です。実施するには鼻やのどの粘膜を傷つけないようにしたり、のどの奥を突いて嘔吐を誘発してしまったりしないように専門の知識や技術が必須です。

そのため、たん吸引は医師、看護師、平成28年1月以降の試験で介護福祉士となった人、研修を修了し都道府県に認定された介護職員しか行うことができません。ただし、在宅では吸引の手技を習った家族も日常的な吸引を行うことになります。

利用に適した施設

介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム 健康型有料老人ホーム
サービス付き高齢者向け住宅 グループホーム 軽費老人ホーム・ケアハウス
特別養護老人ホーム 介護老人保健施設 介護療養型医療施設

たん吸引は、人により頻度が異なるものの、夜間でも行う必要がある場合もあります。そのため、常にたん吸引が必要な方の場合、介護施設選びは慎重に行わなければなりません。看護師や、『認定特定行為業務従事者認定証』の交付を受けた介護職員のいずれかが24時間勤務する施設であれば受け入れられやすいでしょう。

この記事のまとめ

  • 加齢によって口腔機能などが低下するとたんの排出が難しくなる
  • のどの奥に溜まったたんをチューブを通して吸い出す措置を「たん吸引」という
  • 吸引器に接続したチューブの先を、鼻やのどなどから挿入し、吸い出す

豊富な施設からご予算などご要望に沿った施設をプロの入居相談員がご紹介します

介護まるわかりガイド