まとめ

オンライン見学可の老人ホーム5選! コロナ禍でも安心して施設探しを進められます

この記事では、オンライン見学ができる老人ホームを5つ紹介します。さらに、オンライン見学のメリット・デメリット、見学時のチェックリストについて解説します。

オンライン見学対応の老人ホームが増加中!

新型コロナウイルスの影響もあり「感染リスクを抑えたい」というニーズに応えて、ここ最近ではオンライン見学可の老人ホームが増えています。自宅にいながら見学できるので「施設を探したいけど外出するのは怖い」と感じている方にもおすすめです。

オンライン見学とは

オンライン見学のシステムを使えば、スマホやパソコンがあれば自宅から気軽に施設見学をすることが可能です。ビデオチャットやテレビ電話などを通じて、居室や設備を内覧や施設の担当者と会話することができます。

介護のほんね経由でオンライン見学する場合
STEP.1 オンライン見学施設を探す
検索ページ からオンライン見学が可能な施設を検索します。もちろん相談員と相談しながら施設を探すこともできます。
(0120-002718 ※営業時間:10時〜18時(土日祝以外))
STEP.2 見学方法のご案内
施設側と見学日を調整後ビデオチャットURL/操作案内を相談者様に介護のほんねからお送りします。(SMS/メール/LINE) 施設によってビデオチャットツールが異なる場合がございます。
STEP.3 オンライン見学
操作説明資料の案内に従い、当日は指定の時間にビデオチャットURLをクリックすると、オンライン見学開始です!

オンライン見学のメリット・デメリット

オンライン見学を体験したことがない方に向けて、がほとんどだと思います。施設探しを検討している方のために、オンライン見学のメリットとデメリットをまとめました。

メリット

自宅にいながら施設見学できる

1番のメリットは自宅にいながら施設見学できることです。外出しないで良いため、新型コロナウイルスの感染予防対策にもなります。また体が不自由な方も気楽に見学することが可能です。

効率よく複数の施設を見学できる

実際に足を運んで施設見学をすると、思っているより移動時間がかかってしまうものです。オンラインで見学すると移動時間が短縮されるため、効率的に複数の施設を比較できるでしょう。さらに交通費も抑えられます。

遠方に住んでいても見学できる

「離れて暮らす親を呼んで、近所のホームにお願いしたい」「地元の施設を見学したいけど、なかなか帰省する時間が作れない」など遠距離介護では思うように介護施設を探せないケースもあります。その際にオンライン見学が便利です。オンラインであるため物理的な距離は関係なく、施設探しを進められます。

気乗りがしない人を誘いやすい

「外に出るのが億劫だ」という理由で老人ホームの見学に気乗りしない家族もいらっしゃることでしょう。オンライン見学は自宅で見学できるので、誘う側も声をかけやすいといえます。

まずはオンライン見学で老人ホームへの入居に興味を持ってもらうきっかけを作って、本人が前向きになってきたら実際に見学をするのも手段の1つです。

デメリット

アクセス情報を掴みにくい

ホームへ足を運ぶことで、最寄り駅からホームまでの道のりで住環境を確認できます。「商店街が栄えていてお買い物が便利そう」「川のせせらぎが聞こえてくる」など実際に歩いてみないと分かりません。実際の距離感や雰囲気は掴みにくいですが気になる方は、Googleマップのストリートビューで歩いてみるのもいいでしょう。

試食ができない

一部のホームでは、お食事の時間帯に見学をすると、お食事を出してくれるホームもあります。オンライン見学の場合は、試食することができないのが難点です。ただし、食事のこだわりや調理方法について聞けますので、施設スタッフに質問してみましょう。

通信環境に左右される

通信環境が悪いと、相手の声が途切れたり、画像が粗くなったりします。通信環境に左右されて、思い通りに見学ができないことも……。事前にビデオチャットやオンライン電話ができる環境なのかを事前に確認しておくといいでしょう。

オンライン見学はこんな方におすすめ

感染リスクを抑えたい方

高齢者にとって新型コロナウイルスは脅威です。しかし終息を待っていたら入居の目処が立たず、在宅介護をしなければいけなくなることも。感染リスクを抑えたい方は、対面ではなく非接触で見学できるオンライン見学をおすすめします。ご自宅から出る必要がないので安心です。

遠距離介護の方

メリットでも述べましたが、遠方に住んでいても気軽に見学できます。離れて暮らす親の老人ホームを探している方におすすめです。移動時間や費用のことを考えてもメリットが大きいでしょう。

体力がなく外出が難しい方

要介護度が重い方は、外出するにもひと苦労でしょう。そのため、ご家族だけが見学に行って決めてしまうことも多いです。オンライン見学であれば、寝たきりの方でもベッドの上で見学をすることが可能です。外出が難しい方はぜひオンライン見学を活用してください。

オンライン見学時のチェックポイント

実際にオンライン見学をする際に、どのようなポイントをチェックすべきなのでしょうか。使い方のコツをはじめ、オンライン見学時に確認しておくべきポイントをまとめました。

施設スタッフの対応を見る

オンライン見学では、画面越しに施設のスタッフが案内してくれます。対面で話すように双方でコミュニケーションも取れますので、対応の善し悪しも分かるでしょう。見学中に気になることがあれば、いろいろとスタッフに質問してみてください。

挨拶 まずは最初の挨拶が肝心です。挨拶がきちんとできることは施設として当たり前ですが、確認しておきましょう。
言葉遣い スタッフの言葉遣いは、丁寧であったりフランクであったり、施設によって特色があります。
知識 契約やケアについて知識が豊富か、質問しながら確認してください。スムーズに応えられる施設だと安心です。

居室や共用設備を案内してもらう

オンライン上ですが、居室や共用設備を案内してもらいましょう。居室は最も長く過ごす場所であるため、全体だけではなくトイレや洗面台、ナースコールなど細部も確認してください。

共用設備は、食堂やラウンジなど入居者が集う場所を案内してもらいましょう。時間帯によっては他の入居者の様子が見えることもあります。雰囲気を掴むことも可能です。

受けられる医療・介護サービスを確認する

入居前に知っておくべきことは、受けられる医療サービスや介護サービスです。施設によって違いますので、実際に画面越しに質問をしてきちんと確認しておきましょう。

特に認知症などの疾患がある方、介護度が重い方は、入居条件に当てはまるのかを確認してください。また、体調が急変した際の対応も聞いてみましょう。事前に知っておくことで安心して入居できます。

食事のこだわりや調理方法について教えてもらう

オンライン見学では、食事を試食することができませんので、食事のこだわりや調理方法について質問してください。また、介護食や治療食に対応できるかを確認しておきましょう。

入居者の雰囲気や平均要介護度を聞く

入居者の様子を見ることはできませんが、スタッフに他の入居者の交流やレクリエーションの参加率などを尋ねてみましょう。併せて、平均の要介護度年齢を聞いてみてください。自分と同じような状態の方が多ければ、すぐに馴染めるでしょう。反対に、自分と違う境遇の方が多いと少し退屈かもしれません。例えば自立の方が、要介護度の重い方ばかりのホームへ入居してしまうと、話し相手にこまってしまうでしょう。

契約や費用に関することは納得するまで説明を受ける

契約や費用に関することは複雑です。分からないことは何でも質問してみましょう。オンライン見学だからこそ、遠慮をせずに質問をして理解を深めることが大事です。入居後のトラブルを避けるためにも、納得するまで説明を受けてください。

オンライン見学可の老人ホーム5選

ここからはオンライン見学に対応しているおすすめの老人ホームを紹介します。気になる老人ホームが見つかれば、介護のほんね入居相談室にお問い合わせください。オンライン見学の日程調整や操作方法をご案内します。

ウェルケアガーデン馬事公苑(東京都世田谷区)

都会の喧騒から離れた馬事公苑の近くにある「ウェルケアガーデン馬事公苑」。ビル事業を核にして発展しているサンケイビルグループである株式会社サンケイビルウェルケアが運営しています。

「自分らしく、ともに生きる年の重ね方」を意味する”Value aging”をスローガンに自立支援に注力しているホームです。

施設の詳細はこちら:ウェルケアガーデン馬事公苑
施設インタビュー記事:
【前編】「ご入居者の笑顔」を1番に考える――ウェルケアガーデン馬事公苑の元気の秘訣
【後編】「ご入居者の笑顔」を1番に考える――ウェルケアガーデン馬事公苑の元気の秘訣

フローレンスケア横浜森の台(神奈川県横浜市)

フローレンスケア横浜森の台は「中山」駅が最寄り、閑静な住宅街の高台に位置する介護付き有料老人ホームです。

運営している工藤建設株式会社は、横浜市・川崎市・東京都で「フローレンスケア」シリーズを展開しています。認知症ケアや予防に努めているホームであり、手厚いケアが受けられると評判です。

施設の詳細はこちら:フローレンスケア横浜森の台

リアンレーヴ戸田公園(埼玉県戸田市)

リアンレーヴ戸田公園は、JR埼京線「戸田」駅徒歩10分のところに立地しています。首都圏に100以上の介護施設を開設している株式会社木下の介護が運営している施設です。

「担当ヘルパー制」を導入しているため、一人ひとりに専属のヘルパーが付くのが特色です。いつも気にかけてもらえるので、新しい環境にもすぐに馴染めます。

施設の詳細はこちら:リアンレーヴ戸田公園

チャームヒルズ豊中旭ヶ丘(大阪府豊中市)

チャームヒルズ豊中旭ヶ丘は、大阪北部を代表する高級住宅地、豊中にある住宅型有料老人ホームです。人気企画として、泊まりや日帰りの旅行に出かける「チャームツアー」があります。

運営する株式会社チャーム・ケア・コーポレーションは、首都圏・近畿圏に50以上のホームを展開。スタッフの教育にも熱心に取り組んでいる法人です。

施設の詳細はこちら:チャームヒルズ豊中旭ヶ丘

アルファリビング福岡原(福岡県福岡市)

アルファリビング福岡原は、川沿いの穏やかな場所に位置する住宅型有料老人ホームです。看護師が24時間常駐していますので、夜間の医療処置が必要な方も安心してお過ごしいただけます。

施設の詳細はこちら:アルファリビング福岡原

オンライン見学に対応している施設が一覧で分かる!

介護のほんねでは、オンライン見学できる施設を500件以上掲載しています。気になる方はこちらのリンクから検索してみてください。

オンライン見学方法も簡単です。気になる施設と見学候補日をWebからのお問い合わせか電話で介護のほんねへ連絡してください。あとは介護のほんねの入居相談員が、施設側と見学日を調整し、相談者様にビデオチャットのURLや操作案内をご案内します。

当日は指定の時間にURLをクリックするだけでオンライン見学が開始です。施設探しでお困りの方は、介護のほんね無料入居相談室をご活用ください。

介護のほんねのオンライン見学について

この記事の寄稿者

井上薫

介護のほんねニュース編集部。
認知症サポーターです。介護に関する今話題のトピックや疑問を、分かりやすくお届けします。