アルツハイマー型認知症とは|症状の特徴・治療法などを紹介

認知症の中でも現在、最も多いタイプとされているのがアルツハイマー型認知症です。物忘れが多くなり、これまで当たり前にできていたことができなくなったり日常生活にも支障をきたしたりもします。誰しも認知症にはなる可能性があります。

もし、自身や家族がなってしまったらと考えると心配でしょう。認知症の中でも最も症例の多いアルツハイマー型認知症とはどのような認知症なのか、またその原因や治療法家族としての付き合い方などについて解説します。

更新日:
写真
平栗 潤一

この記事の監修

平栗 潤一

一般社団法人 日本介護協会 理事長

大手介護専門学校にて12年で約2,000名の人材育成に関わり、その後、人材定着に悩む介護事業所の人材育成や運営支援を実施。2020年4月からは一般社団法人日本介護協会の理事長に就任し、介護業界の発展を目指して介護甲子園を主催している。

アルツハイマー型認知症とは

アルツハイマー型認知症の症状は、そのほとんどが物忘れから気付くことが多いです。これまでできていた日常生活が送れなくなってしまうことや、記憶として新しいものを覚えられない思い出せないことが顕著となります。その他にも、場所や時間がわからなくなってしまうことも特徴として挙げられます。

現在、認知症の半数近くがアルツハイマー型認知症と言われています。従来、アルツハイマー型認知症は比較的若い年代の女性から発見されたことで、当時はアルツハイマー病とアルツハイマー型認知症は年代によって別の分類でした。しかし、現在では病理学的には同一のものであると認識されているため、分類を区別せずに同様の症状を表す言葉として使われています。

アルツハイマー型認知症にかかる原因

アルツハイマー型認知症にかかってしまう原因としては、脳にベータたんぱくやタウたんぱくといった異常なたんぱく質が蓄積してしまい、神経細胞が死んでしまうことから脳全体が萎縮してしまうことで起こるとされています。この時、脳の中でも記憶をつかさどっている海馬という器官から萎縮が始まり、徐々に脳全体へと広がります。脳に異常なたんぱく質が蓄積することが原因とされていますが、一方でなぜそのようなたんぱく質が蓄積してしまうのかという根本的な原因ははっきりしていない現状です。

アルツハイマー型認知症の進行は比較的緩やかで、年単位で段階が進行していく場合がほとんどです。発症した時点ですでに脳にたんぱく質が蓄積している状態であるため、根本的な治療や効果的な予防は現在でも困難だとされています。

アルツハイマー型認知症の症状と特徴

アルツハイマー型認知症の症状は一人ひとり異なります。記憶障害などを引き起こしてしまうことが多いとされていますが、それ以上に多くの障害を併発してしまう可能性があります。ここからは、アルツハイマー型認知症の症状とその特徴についてご紹介していきます。

生活機能障害

日常生活において、これまでできていたことができなくなってしまうことを生活機能障害と言います。日常生活は生きていく上でも重要な機能を果たしており、例としては食事や衣服の着脱、移動、排泄、入浴などの行為も含まれています。介護をする人にとっては、この障害がどの程度あるのかで負担が大きく変わるでしょう。

見当識障害

見当識障害とは、時間や場所、人物の認識や判別が困難となることを指します。今日が何日であるのか、曜日や時間の感覚までもわからなくなります。まず時間の認識ができなくなり、次に自分のいる場所がわからなくなる、そして人物の判別ができないといった経過をたどります。

例えばよく行くスーパーなどであっても迷子になったり、家のトイレの位置までわからない状態になったりするでしょう。人物の判別としては、普段顔を見合わせている家族でも誰かわからなくなってしまう場合があります。

記憶障害

アルツハイマー型認知症の最も代表的な症状とされているのが、物忘れなどの記憶障害です。物忘れ自体は誰にでも起こり得ますが、アルツハイマー型の症状としては体験したことそのものを忘れてしまうことが特徴として挙げられます。そのため、通常ヒントや忘れていることを教えられれば、ピンときて思い出せることもできなくなるのです。

言語障害

言語障害は主に固有名詞や語彙が出てこなくなってきてしまい、「あれ」というような指示代名詞をよく用いられるようになります。言葉の理解や復唱は普段どおりできることが多く、自発語も流暢ですが、進行してくると発語自体が減少します。突然、今話していることとは無関係な話を切り出すことや、記憶障害も相まって同じ話を何度も繰り返すことも増えるでしょう。

より進行し高度なアルツハイマー型認知症となれば、さらに発語は減少していくでしょう。話しかけた言葉の復唱は比較的できるものの、短い言葉をそのまま使って「~を食べています」といった会話となります。

視空間認知障害

視空間認知障害とは、自身が見えている対象物の位置関係や、その対象と自身との関係、空間の中での自身の位置関係の把握が困難となることを指します。具体的には、物体失認や相貌失認、同時失認、失読も含む空間認知障害です。

位置関係の把握が困難となることから、車の車庫入れや冷蔵庫に食品を詰め込む作業なども難しくなります。症状が進行していくと、道順がわからなくなったり、衣服の着脱時の袖通しに躊躇したり、ズボンの前後がわからなくなったりします。

その後、さらに進行してしまうと遂行機能障害も相まって、これまで住み慣れた家の中であっても迷ってしまうことや玄関から一歩外に出てしまうと家に入れなくなることも発生しまい、より顕著な生活機能障害を有します。

遂行機能障害

遂行機能は、物事に対し目的を持ち自立して成し遂げるための機能です。そのため、比較的早期から日常動作の段取りや要領が悪くなっていることから始まります。しかし、進行していっても遂行機能障害は目立ちにくいので、作業が遅くなっているだけだと認識されてしまいます。

自身が得意としている作業も失敗し、行為そのものが単調化していく傾向があります。さらに症状が進行すると、そういった行為そのものもしなくなり、やがて毎日使うはずの炊飯器のスイッチすら押せなくなるほどです。

精神症状

比較的早期段階から、うつ症状や無関心などの意欲の低下、妄想、焦燥などの症状がみられます。妄想の中でよく見られているのは、身近なものを盗られたという物盗られ妄想や家族や親族が自身に対して意地悪されている迫害妄想などです。

徘徊や不穏などの異常行動や睡眠障害も多発します。不穏とは、落ち着きがなかったり叫んで暴れてしまったりする状態を指します。幻覚や幻視も発症する可能性はありますが、早期においては数%の発症率となり、中期にかけて徐々に発症が増えていく傾向にあります。

物忘れとの違い

一般的に物忘れは誰にでも起こりうることです。そのため、加齢による物忘れと混合されがちですが、アルツハイマー型認知症の物忘れとは大きな違いがあるのです。

加齢による物忘れの場合、体験したことの一部を忘れてしまうことが多く、ヒントがあれば思い出せます。また、時間や場所などははっきりと認識できており、日常生活にも支障はきたしません。

一方、アルツハイマー型認知症での物忘れの場合、体験した出来事そのものを忘れてしまうため、いくらヒントを得ようともその体験を思い出すことはできません。さらに、新しいことを記憶できないことや時間や場所などの記憶もあいまいになってしまうこと、日常生活にまで支障をきたしてしまいます。

アルツハイマー型認知症の治療

アルツハイマー型認知症の治療として、現在でもその根本的な治療法は見つかっていません。現段階で大切なのは早期発見と早期治療です。早期発見・早期治療で症状の進行を緩やかにもできます。

何かおかしい、いつもと違うなと感じることがあれば、早めに受診するように促していきましょう。アルツハイマー型認知症に用いられている薬がいくつかあるので、ここからは治療薬について紹介していきます。

治療に用いる薬

アルツハイマー型認知症は完治できないとされていますが、症状を緩和させる薬はいくつか存在しており、その薬と併用して対症療法をすることもあります。大きな分類としては2種類あり、一つはアセチルコリンエステラーゼ阻害薬の分類に、もう一つはNMDA受容体拮抗薬に分類されています。

アセチルコリンエステラーゼ阻害薬

薬の名称としてはアリセプト(ドネペジル塩酸塩)、レミニール(ガランタミン)、リパスタッチ・イクセロンパッチ(リパスチグミン)の3つがあります。どれも症状の初期から中期にかけて用いられる薬となっており、アリセプトとレミニールは1日1~2回内服、リパスタッチパッチは1日1回貼り付けます。効果としては、低下した脳の働きを改善するとされている薬です。

NMDA受容体拮抗薬

薬はメマリー(メマンチン)のみです。メマリーは中期から後期にかけて用いられることが多い薬で、1日1回の内服となります。効果は脳細胞の損傷を防ぐとされています。

どちらもアルツハイマー型認知症の進行を緩やかにする効果が期待できます。患者さんによって症状も異なれば処方される薬も異なります。副作用や作用機序なども異なることから、一概にどれが効果的であるとは言えません。主治医と相談しながら服用を進めていくこととなります。

アルツハイマー型認知症の進行を緩やかにする以外にも、患者さんや家族への負担を軽減するために対症療法が用いられる場合もあります。睡眠障害に対して睡眠薬やイライラ、抑うつ状態に対しての抗うつ剤、精神安定剤などもあることから主治医の指示に従って服用できるようにしていきましょう。

アルツハイマー型認知症との付き合い方

アルツハイマー型認知症は自身では認識できないことが多くあります。しかし、そんな中でも日常生活においてできないことが増えていくことが不安に感じたり、自尊心を傷つけてしまうことも増えていったりします。そのため、より患者さん本人が暮らしやすいようにどう周りが動いていくべきなのか、アルツハイマー型認知症との付き合い方についてご紹介します。

認知症患者さんへの基本的な対応について

アルツハイマー型認知症の患者さんだけでなく、認知症患者さん全体に言えることはやはり自尊心が保たれるように対応することが重要です。また、なぜそのような行動を起こしたのか理解するよう努めることも必要となります。

今までできたことができなくなってしまってもそれを責めるのではなく、できる部分に注目し引き出したり、患者さんが主婦であったならその人の役割を奪わないようにサポートしたり、一個人として対等に接したりすることが基本的な対応として重要となります。

具体的には?

財布を盗られたなどといった物盗られ妄想などの場合には、盗っていないと怒って反論するよりも、患者さん本人と一緒に財布を探して発見したら次に見つけやすい場所に置き換えるようにしてみましょう。

食べたことを忘れてしまい、食後に再度食事をしたがる場合には、延々と食事をさせたりせずに1回の食事の中で季節の食材をなるべく用いたり、食事をゆっくり楽しめる工夫をすると効果的です。同じものを何度も買ってきてしまう際には、買い物メモを持たせたりリストを可視化できるようにしたり、多すぎるのであれば患者さんの見ていないところで処分するようにしてみてください。

患者さん本人は忘れたくなくてもすぐに忘れてしまうので、何度も同じ言動を繰り返してしまうでしょう。それに対して家族としてもイライラしてしまうことが多くなってしまうようです。しかし、否定したりその都度怒ったり繰り返すと患者さん本人の自尊心も傷つけてしまうことにつながります。まずは否定せずに話をよく聞き、冷静に対応していきましょう。

周りがアルツハイマーの症状を理解することが大切

アルツハイマー型認知症は、年月をかけて徐々に進行していく誰もがなりうる認知症の1つで症状は多岐にわたり、些細な物忘れから妄想、徘徊まで個人によってさまざまです。症状の度合いによっては、身近な家族が対応しなければならない場合も多くあります。

アルツハイマー型認知症がどのようなものなのか理解し、どう対応していけばいいのか試行錯誤しながら共存していけるように接していくことが大切です。自尊心を傷つけないように適度に見守りながら、安全な環境で安心して暮らしていけるように専門家を交えて考えてみると良いでしょう。

この記事のまとめ

  • アルツハイマー型認知症は最も多いタイプである
  • 症状は一人ひとり異なる
  • 対応するときは否定から入らない