理学療法士 - 介護施設の探し方ガイド

理学療法士

理学療法士は、主に「立つ、歩く、座る」といった生活に欠かせない基本的な動作を専門に扱う職種です。失われた運動機能の回復だけでなく、介護予防、生活習慣病予防といった分野でも活躍が期待されています。

用語の説明

「立つ、歩く、座る」といった動作は、私たちが日常生活を健やかに送るうえで欠かせない基本的な動作です。この基本動作がうまくできない場合、日常生活が満足に送れず生活の質も落ちてしまいます。理学療法士は、これらの基本動作が十分にできなくなった人に対し、失われた運動機能にアプローチすることでその人の自立した日常生活や生活の質の維持・向上を目指すリハビリの専門家です。


理学療法士は国家試験に合格した知識と技術を持ち合わせる動作の専門家であり、医師の指示に基づいて以下のような業務を行っています。
・体操
・マッサージ
・電気刺激
・温熱療法
・歩行練習の補助
・動作練習の補助


これらは、関節の動きや麻痺の状態、痛みの程度、今ある筋力などによって内容は変わってきます。理学療法士は一人ひとりの状態をその都度評価し、医学的な視点に基づいてリハビリテーションプログラムを作成し、実施していきます。


理学療法は基本的に、病気、けが、事故、高年齢といった何らかの原因で身体機能が低下した人を対象にしています。近年では以下のような場合にも理学療法が適用されています。
・今ある機能をできるだけ維持する介護予防
・メタボリックシンドロームなど生活習慣病の予防や改善
・運動機能のさらなる向上にアプローチできる手段として
これに伴い、理学療法士の活躍の場も病院やクリニックのほか、地域の介護施設やプロスポーツチームなどに広がりをみせています。

介護のほんね入居相談室に相談する