施設長 - 介護施設の探し方ガイド

施設長

施設の管理及び運営を主な業務とする役職です。入居者やスタッフにとって過ごしやすい環境づくりを心がけ、円滑な施設運営を目指しています。

用語の説明

施設長とは、主に特別養護老人ホームや有料老人ホームなどで、その施設の責任者として働く人のことです。施設によってはホーム長と呼ばれていることもあります。特別養護老人ホームの施設長は、以下のいずれかの条件を満たした人が務めています。
・社会福祉主事の要件を満たす人
・社会福祉事業に2年以上従事した人
・社会福祉施設長資格認定講習会を受講した人


一方、有料老人ホームにおいてはこの限りでなく、経歴もさまざまです。たとえば以下のような場合。
・介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、介護福祉士、社会福祉士など介護福祉系の資格をもつ人
・介護分野で一定期間以上の実務経験がある人
・人事、総務、経理等の業務経験がある人
介護の現場で経験を積んで施設長となる人もいれば、施設の運営を任されるという立場上、一般企業の経理部門などの経験者が施設長として従事している場合もあります。


施設長の仕事は多岐にわたりますが、主となるのは施設の管理及び運営です。介護保険制度に準じた円滑な施設運営を目指し、事業計画を立てます。そして、利用者や入居者、そこで働くスタッフが快適に過ごせるための環境を整えています。
・人事管理(スタッフ採用、勤怠管理等)
・収支管理(介護保険請求業務、売上管理等)
・利用者、入居者及びその家族の対応業務
・スタッフ教育(面談、相談、指導等)
・地域との連携(地域がもつニーズの吸い上げ、医療機関等の協力体制整備等)
・営業活動
・施設でのイベント企画・運営
・スタッフ業務への参加
これらの業務を他職種・他部門と連携を図りながら行っています。


よりよい介護施設と巡り合うためには、施設長の人柄を知ることもとても大切です。見学などの際には施設長に会い、話を聞くとよいでしょう。

介護のほんね入居相談室に相談する