【表で比較】介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いとは

有料老人ホームは大きく「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」に分かれます。役割やサービスの内容などで両者を比較します。

【表で比較】介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いとは

有料老人ホームのほとんどが介護付きと住宅型

有料老人ホームには「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」の3種類があります。しかし健康型有料老人ホームは、全国に16件(2015年現在)とほとんど存在しません。

よって介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの2つが主です。

参考:厚生労働省「有料老人ホームの概況(平成25年度)

介護付き有料老人ホームとは

介護付き有料老人ホームは、住宅型有料老人ホームに比べて要介護度が重い方が多く入居しています。施設内で介護サービスの提供があり、月額費用に含まれています。

介護付き有料老人ホームには、介護専用型、自立型、混合型の3種類があります。介護専用型は要介護1以上の人が入居できる施設です。自立型は主に自立から要支援の方が多く入居していますが施設数が少ないです。混合型は自立から要介護5まで幅広い方を受け付けています。

すべて特定施設入居者生活介護の指定を受けている

介護付き有料老人ホームはすべて「特定施設入居者生活介護」の指定を受けています。

そのため施設内で介護サービスの提供があり、入居者は要介護状態の方が多いです。また24時間介護職員が常駐しているのも特徴の1つになります。

特定施設入居者生活介護に関しては以下の記事を参考にしてください。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、自立から要介護の方まで幅広く受け入れています。介護付き有料老人ホームに比べると、要介護度の低い方が多いです。そのためレクリエーションやサークル活動が盛んです。カラオケやアトリエ、麻雀卓、プールなどの設備がある施設もあります。

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いとは

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いを表で比較します。

目的・役割の違い

介護付き有料老人ホームと住宅型有料の目的・役割の違いです。

介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
  • 介護職員が日常生活のサポートをおこないつつ、24時間365日体制で介護サービスを提供する
  • 自立~要介護まで幅広い高齢者に生活支援サービスを提供する(介護サービスは含まれない)

入居条件の違い

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの入居条件について紹介します。入居時の年齢については一般的に65歳以上です。65歳以下で入居できるホームもあります。

なお、医療依存度によって、受け入れができないホームもあるので、事前にパンフレットなどで情報収集することをおすすめします。

介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
  • 65歳以上の高齢者
  • 混合型の場合は、自立~要介護の方(医療的なケアは施設によって異なる)
  • 介護専用型は、要介護1以上の介護認定を受けている方
  • 65歳以上の高齢者
  • 条件は施設によってさまざま

サービスの違い

先述したように介護付き有料老人ホームは特定施設入居者生活介護に認定されており、施設内で介護サービスを提供しています。いっぽうで住宅型有料老人ホームは施設外の事業者の介護サービスを利用します。

介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
  • 食事介助、入浴介助、排泄介助、更衣の手伝いといった介護サービス
  • 食事の提供、掃除、洗濯、行政手続き、来客の受付、買い物代行といった生活支援
  • 体温・脈拍の測定、服薬管理、健康診断などの健康管理
  • リハビリといった身体機能、認知機能維持の支援
  • イベントやレクリエーションの開催
  • 食事の提供、洗濯、掃除、見守り、生活相談といった生活支援
  • レクリエーションやイベントの開催
  • 食事介助、入浴介助などの介護サービスは外部の事業者に依頼する
  • その他、健康管理、リハビリなどは施設によって違う

人員配置の違い

介護付き有料老人ホームは法令によって、運営に必要な人員配置が細かく決まっています。

介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
  • 施設長は1人
  • 生活相談員は1人以上。要介護者などの入居者100人に対して1人配置する
  • 計画作成担当者は1人以上。要介護者などの入居者100人に対して1人配置する
  • 介護・看護職員は要介護者3人に対して1人以上。要支援者10人に対して1人以上
  • 看護職員は入居者30人までは1人以上。以降、入居者が50人増えるごとに1人追加
  • 機能訓練指導員は1人以上
  • 施設長は1人
  • その他、人員の配置に関する基準が定められていません。必要数の職員がいれば問題ないとされていますので、施設によってまちまちです。
出典:厚生労働省「特定施設入居者生活介護の概要」/茨城県「有料老人ホーム設置に関する主な基準及び手続き

生活相談員はソーシャルワーカーとも呼ばれます。入居者とその家族との相談、調整、手続きなどをする方です。

計画作成担当者は入居者の様子、要望などをヒアリングしたうえで、ケアプランを作成する方です。

機能訓練指導員とは入居者の身体の具合を把握したうえで、適切なリハビリプランを立ててリハビリを推進する役目です。

イベント・レクの違い

老人ホーム・介護施設では主に運動機能、認知機能の維持を目的としてイベントやレクリエーションが開催されます。

介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
  • 要介護者が多く、施設によっては参加者が集まらないため、レクリエーションの回数は少ない
  • 開催される場合はリハビリを目的にとしたレクリエーション・イベント多い
  • 自立~要支援の方もいるのでレクリエーションやイベント、サークル活動が比較的盛んにおこなわれる

どんな方におすすめか

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームは、それぞれどんな希望がある方におすすめなのかを紹介します。特に「どれほど介護が必要なのか」を考えることで、どちらの有料老人ホームに入るべきかを判断しやすいです。

介護付き有料老人ホームはこんな方におすすめ

介護付き有料老人ホームは、要介護度が高く日常的に介護が必要な方におすすめです。施設内で介護サービスを受けられます。また24時間で介護職員が常駐しているので、深夜や早朝に体調が急変した際にも素早く対処できます。

住宅型有料老人ホームはこんな方におすすめ

住宅型有料老人ホームは「まだ要介護度は高くないが、今後に備えて老人ホームを利用したい」という方におすすめです。イベントやレクリエーションを通して趣味を見つけたり友人を作ったりと、シニアライフを豊かに過ごせます。

この記事のまとめ

  • 介護付き有料老人ホームは24時間介護職員が常駐
  • 住宅型有料老人ホームは要介護度が軽い方が多く、イベントやレクが豊富
  • 要介護度をもとに考えると、どちらに入るべきかを判断しやすい

豊富な施設からご予算などご要望に沿った施設をプロの入居相談員がご紹介します

老人ホーム探しは
介護のほんねにおまかせください!
おすすめの施設をピックアップしました。
無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

介護スタートガイド

これから介護をはじめる方向け

初心者のための
介護スタートガイド

資料を無料ダウンロード

介護まるわかりガイド

公式SNSアカウントも更新中!

介護に役立つ選りすぐりの
最新ニュースをお届けします!

介護のほんね 老人ホーム探しなら
介護のほんね

入居相談員が無料でフルサポート!

0120-002718

営業時間:10:00〜18:30(土日祝除く)

みなさんの介護の悩みや気になることを教えてください

集まった質問は今後の参考にさせていただきます!

質問を投稿する