グループホーム(認知症対応型) - 介護施設の探し方ガイド

グループホーム(認知症対応型)

グループホームとは、サポートがあれば自分のことは自分でできる認知症の方々が、専任スタッフのサポートを受けながら共同生活を行う介護施設です。

3行でまとめ

  1. 主に認知症の方が共同生活を通じて自立した生活を送り、認知症の症状を改善することを目的とした施設

  2. 入居時に一時金や保証金を支払うものの、有料老人ホームと比べると、生活費用が比較的安く設定されていることが多い

  3. 医療ケアが必要な方は新規入居不可。また認知症が重度に進行するなど、介護が必要になると退去しなければならないことも

概要

高齢者向け住宅としてのグループホームは、社会福祉法人や地方自治体、NPOなどによって運営される地域密着型の介護施設です。主に軽度の認知症を患う方々が入居し、専門スタッフのサポートを受けながら共同生活を送ります。入居者は、最大9人までのユニット形成が可能。料理や清掃など身の回りのことを手分けして分担し、できる範囲のことをできるだけ自分たちで行います。共同生活を送りながら、認知症専門スタッフによる機能訓練やレクリエーションを行うことで、認知症の改善を目指します。

対象・条件

年齢 60歳未満 60〜65歳 65歳以上

×

×

介護度 自立 要支援 要介護

×

その他の条件 看取り・ターミナルケア 認知症の受け入れ 収入の審査

あり

グループホームは施設のある市町村に住民票があること、入居時に原則65歳以上、要支援2以上または要介護1以上であること、1人で着替え・食事摂取・排泄などができるといった条件があります。もともと特別養護老人ホームや有料老人ホームより施設数が少ないうえ、1施設の定員が9人や18人と小規模のため、希望の施設にすぐに入居できるとは限りません。

費用・価格・料金

入居時費用の相場

0〜数百万円 ※入居金が発生しないプランもある

入居時費用の補足

入居時の費用として入居一時金あるいは保証金を支払います。入居一時金は、一定の入居期間の賃料などを一括で前払いするための費用です。もし入居後想定期間以内に退去することになった場合、修繕や清掃等にかかる金額を差し引いて残りは返還されます。保証金は賃貸契約でいうところの、敷金にあたるものです。家賃滞納・修繕・清掃に充填され、基本的に退去時に差分が返還されます。

月額費用の相場

10〜20万円

月額費用の補足

このほかに、生活に関わる費用(おむつ代、おやつ代等)が継続的に発生する場合も。また、介護保険料が別途かかりますが、この費用は施設のユニット数、介護度によって異なります。

基本的にユニット単位での共同生活になるため、共用部やサービス、レクリエーションに注力する介護付き有料老人ホームより月額は安い傾向にあります。

サービス内容

居室・設備

認知症に特化したグループホームでは、必要な機能訓練設備が充実していることが多いです。居室は個室で、起床時間なども基本的には本人の自由。食堂やリビング、レクリエーション室やコミュニケーションスペースなどは共有設備で、人が自然と集まるスペースになっています。認知症の方は、新しい物事や新しく出会う人を覚えたり認識したりするのが難しいため、1ユニット最大9人という少人数制がとられています。家庭的な雰囲気の中で過ごせるので、認知症の改善を図りながら穏やかな生活を送ることができます。

料理・食事

入居者と専門スタッフが献立を共に考え、料理をし、一緒に食事をとることをひとつのリハビリと考えています。介護度が上がった方には食事提供をすることもありますが、基本的には入居者自らが料理を作るスタイルです。

介護/看護/医療体制

介護体制は手厚く、常勤換算で利用者3人に対して1人以上を配置(3:1)。夜間は利用者の人数に関係なく常時1人以上配置するという決まりがあり、24時間体制で入居者の生活をサポートしています。看護師は常駐していないこともありますが、そういうところでは定期的に巡回して健康状態を把握、管理しているところも多いようです。また、グループホームでは認知症についての正しい知識を持った介護スタッフによるサポートが受けられます。特に機能回復など認知症の症状改善や、進行の鈍化に効果的なサービスを受けられるのが魅力です。

介護のほんね入居相談室に相談する