山口県の老人ホーム・介護施設【口コミ】

山口県の老人ホーム・介護施設  1902

市区町村を絞り込む

費用を絞り込む

        

山口県の老人ホーム・介護施設

1902件中 1〜20 を表示

並び替え

条件を再選択して再検索する

市区町村を絞り込む

こだわり条件を絞り込む

費用
        
最寄り駅からの距離
        
介護度
              
施設区分
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Bookmark on 山口県の介護施設・老人ホームの特徴

山口県は、本州の西端に位置する、人口約140万人の県です。山口という名前の由来は、長門(ながと)国へ通じる「山道の入り口」という説や、「鉱山の入り口」に当たるからという説などがあります。土地の三方が海に面している山口県。下関のふぐがよく知られていますが、他にも、のどぐろの水揚げ量は全国トップクラスを誇るなど、水産業が盛んです。山口県オリジナルの品種をつくることにも力を入れていて、農業では「ゆめほっぺ」というオリジナルの柑橘系果物が、畜産業では「長州黒かしわ」という地鶏があります。気候は温暖で、地震なども比較的少ないため、住みやすい地域と言われています。

山口県全体の高齢化率は31.3%と、全国の高齢化率と比べて高めの数字です。中山間地域と呼ばれる、平野部周辺から山間部にかけての地域では特に高齢化が進んでおり、その高齢化率は35%。この中山間地域は、県全体の人口の約25%が居住している場所です。しかし、人口減少が急速に進んでいるため、今後さらに高齢化も進んでいくものと予測されています。

山口県内の介護施設の数は、他の都道府県と比較してあまり多い方ではありません。しかし、関東に本社を置く大手企業から、地元を本拠地としている中小企業や法人など、いろいろなタイプの施設があります。介護施設の場所は広い地域に点在しているので、入居の際には、場所や価格のバランスを検討して決定すると良いでしょう。

山口県では、高齢化の進む中山間地域への対策として、「やまぐち元気生活圏」づくりを行っています。これは、集落としての機能や、日常生活を支えるための生活圏を形成し、この地域を維持、さらに活性化していくための仕組みづくりのこと。県や市町が協力して、地域の課題解決に取り組んでいます。また山口市では、介護施設などでのスタッフの負担軽減のため、介護ロボット導入に補助金を交付することを検討中。市内の特別養護老人ホームなどに導入する方向です。

介護施設を下記の条件で探す