さいたま市見沼区の老人ホーム・介護施設一覧

介護のほんねでは、「なごやかレジデンス東大宮」、「特定施設入居者生活介護 みんなの家南中野」、「介護付有料老人ホームみんなの家・南中丸」をはじめとした、埼玉県/さいたま市見沼区の老人ホームを124件掲載中。

路線・駅からさがす

駅からさがす

さいたま市見沼区の駅からさがす

病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす

介護度

さいたま市見沼区の老人ホーム・介護施設一覧 124

なごやかレジデンス東大宮

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

特定施設入居者生活介護 みんなの家南中野

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

介護付有料老人ホームみんなの家・南中丸

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

特定施設入居者生活介護 みんなの家七里新堤

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

介護付有料老人ホーム みんなの家・大和田

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

SOMPOケア ラヴィーレ大宮(旧名称:レストヴィラ大宮)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

SOMPOケア ラヴィーレ大宮弐番館(旧名称:レストヴィラ大宮弐番館)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

そんぽの家 大宮見沼(旧名称:アミーユ大宮見沼)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

ロイヤルレジデンス大宮

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ロイヤルレジデンス見沼

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

サンスーシ大和田

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

イリーゼ大宮大和田

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ニチイケアセンター堀崎

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

ベストライフ 東大宮

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ソラスト大宮東

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ソラスト大宮見沼

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

ニチイケアセンター大谷

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

大宮東ケアパークそよ風

有料老人ホーム 入居支援金対象

ディーフェスタ東大宮

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

イルミーナおおみや

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

こだわり条件

会員登録は
お済みですか?

施設の口コミが見られるほか、おさがしの条件を登録しておくと、介護のほんね入居相談員が無料で施設さがしをサポートいたします!

会員登録する

さいたま市見沼区の介護施設・老人ホームの特徴

さいたま市は、埼玉県南東部に位置する同県の県庁所在地です。旧浦和・大宮・与野の3市が合併して2001年に誕生。2003年に政令指定都市となったのちの2005年、旧岩槻市と合併し、現在の形になりました。2017年5月現在の人口は約128万人。中山道の宿場町として発展してきたさいたま市は、東日本の交通の要衝でもあります。現在、東北・上越などの新幹線5路線をはじめとして、JR各線、私鉄が縦横に走るほか、
東京方面へのアクセスも便利。大宮駅から東京駅まで32分、新宿まで29分、横浜まで60分となっており、首都圏の一大ベッドタウンとしての性格も持ち合わせている都市です。介護施設が充実しているさいたま市は、東京や神奈川などより料金が安め。そのため、東京や神奈川などからの入居希望も多いのが特徴です。介護施設の料金やサービスも幅が広く、入居一時金0円というところから、数千万を超える高額かつ高級なところも。立地や設備、看護体制、医療サービスの充実度などにより価格が異なるので、予算や希望するサービス次第で選ぶようにしましょう。また、ニチイ学館など認知症の方の受け入れを行っている有料老人ホームも多いので、認知症の家族を持つ方は、さいたま市の介護施設への入居を検討してみるのもいいかもしれません。さいたま市では高齢者福祉サービスが広く展開されています。その中の一つに、ボランティアポイント(さいたま市シルバーポイント)制度があります。これは同市に住む60歳以上の方が、施設等でボランティアをするごとに活動実績に応じてポイントが付与され、一定のポイントがたまると商品券などに換えられるもの。全国の市町村のうち約16%程度で導入されており、高齢者の社会参加や介護予防に役立てられています。また、さいたま市西区の特別養護老人ホームでは、毎月一度、施設長が一堂に会する「施設長会議」を開催。横の連携を深めて施設同士の情報交換を積極的に行うといった取り組みも行われています。