沖縄県の有料老人ホーム

介護のほんねでは、「有料老人ホーム和合(読谷)」、「グリーンライフ松本三丁目」、「イリーゼ八重瀬」をはじめとした、沖縄県の老人ホームを掲載中。そのなかでも有料老人ホームの条件に当てはまる施設は299件あります。ご本人とご家族で話し合ってどの条件を一番大事にするかなど、優先順位を付けながら様々な条件で検索してみてください。

市区町村を選択

路線・駅を選択

沖縄県の市区町村からさがす

路線・駅を選択

沖縄都市モノレールからさがす
入居費用・月額費用を選択

入居費用・月額費用を選択

月額費用
入居費用
施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類
施設の特徴
介護度
空室状況
施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

受け入れ体制
施設設備・ルール
入居詳細条件

検索結果 299

条件付きで見学可 ※2021年08月20日情報更新

有限会社シルバーサポート

  • 空室状況
    残り 合計1
    09/17更新
  • 費用
    月額費用
    6.0 6.5 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5
    入居費用0円 二人部屋あり

条件付きで見学可 ※2021年03月04日情報更新

合資会社ケア・コミュニティ三丁目

  • 費用
    月額費用
    9.2 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円 生活保護相談可

条件付きで見学可 ※2021年02月16日情報更新

HITOWAケアサービス株式会社(旧名称:長谷川介護サービス株式会社)

  • 費用
    月額費用
    10.1 12.3 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

条件付きで見学可 ※2021年03月04日情報更新

HITOWAケアサービス株式会社(旧名称:長谷川介護サービス株式会社)

  • 費用
    月額費用
    9.8 11.8 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

条件付きで見学可 ※2021年02月16日情報更新

HITOWAケアサービス株式会社(旧名称:長谷川介護サービス株式会社)

  • 費用
    月額費用
    9.1 14.6 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

合同会社日々草

条件付きで見学可 ※2021年06月21日情報更新

有限会社シルバーサポート

  • 空室状況
    残り 合計2
    09/01更新
  • 費用
    月額費用
    8.5 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円 二人部屋あり

株式会社陽邦

  • 費用
    入居費用
    2,630.1 万円
    月額費用
    15.7 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    60歳以上入居可

株式会社新緑の里

有限会社アンデレ総業

医療法人天仁会

有限会社E.T.S

ライフ・ケア株式会社

合資会社秀水

社会福祉法人千尋会

医療法人光和会

株式会社琉球メディカルズ

医療法人天仁会

有限会社こころ

沖縄県福祉事業協同組合

有限会社ヘルスサポート

株式会社かがやき(沖縄県)

有限会社コスミック

医療法人祐真会

  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援 要介護

有限会社ヘルスサポート

全国のおすすめ施設特集

入居費用0円の施設特集

入居費用0円の施設特集

入居時に入居一時金という初期費用が発生する場合があります。ここでは初期費用無しの施設をご紹介します。

高級・プレミアム施設の施設特集

高級・プレミアム施設の施設特集

専属コンシェルジュや、広いプールなどまるでホテルのように豪華な施設を集めました。

空室ありの施設特集

空室ありの施設特集

今すぐ入居できる施設を探したいお急ぎの方に。空室がある施設をまとめてご紹介します。

低価格プラン有りの施設特集

低価格プラン有りの施設特集

費用を抑えたい方に。入居一時金、月額利用料が比較的低いプランの施設だけをご紹介します。

二人部屋ありの施設特集

二人部屋ありの施設特集

家を離れても夫婦で暮らしたい方に。二人でも入居可能な施設を集めました。

24時間看護師常駐の施設特集

24時間看護師常駐の施設特集

深夜も早朝も24時間看護師が常駐している施設をピックアップしました。

24時間介護士常駐の施設特集

24時間介護士常駐の施設特集

入居者が体調に異変をきたしやすい早朝や深夜にも介護士が常駐している施設をピックアップしました。

生活保護相談可の施設特集

生活保護相談可の施設特集

生活保護を受けている方でも入居できる施設を集めました。

広い居室有りの施設特集

広い居室有りの施設特集

施設に入ってからも、広々とした快適なお部屋で暮らせる施設をピックアップ。

デイサービス併設の施設特集

デイサービス併設の施設特集

施設によっては介護サービスがないところも。気軽に介護サービスを受けられる施設を集めました。

沖縄県の老人ホーム・介護施設について

沖縄県は、日本最西端の県で、沖縄諸島・先島諸島・大東諸島などの南の島々から構成されています。美しい海と豊かな自然を楽しめる地です。こちらでは「沖縄県での高齢者の暮らし」のポイントをご紹介します。

沖縄県の特徴

沖縄県庁(Wikipediaより)

沖縄県の人口は146万1,010人です。そのうち65歳以上の人口は32万2,310人で高齢化率は22.06%になります(2020年1月1日現在)。この高齢化率は全国で最も低い数値です。

面積は2,282.54 ㎢で、香川県、大阪府、東京都に次いで4番目に小さい県です。沖縄本島以外にも周りの海域は無人島も含めて160島もの島々があります(2018年1月現在)。

沖縄県は11の市と11の町、19の村があり、それらは以下の表のように大きく5つにエリア分けされます。

地域名 自治体数 自治体名
北部 12 伊平屋村、伊是名村、国頭村、今帰仁村、本部町、伊江村、大宜味村、東村、名護市、金武町、宜野座村、恩納村
中部 10 うるま市、沖縄市、読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町、宜野湾市、浦添市
南部 14 那覇市、南風原町、豊見城市、八重瀬町、南城市、与那原町、糸満市、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、北大東村、南大東村
宮古・八重山地域 5 宮古島市、多良間村、石垣市、竹富町、与那国町
参考:沖縄県「第2次消費者教育推進計画」「沖縄の面積」「離島の概況について」「市町村連絡先(土砂災害関連情報)」/国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調

沖縄県の魅力

沖縄県は多くの島々で構成された、海に囲まれた自然豊かな県です。亜熱帯気候も影響して、国内の他の地域ではみられない貴重な動植物が多く、ノグチゲラ、ヤンバルクイナ、ヤンバルテナガコガネといった天然記念物が生息しています。

また中国近隣の影響により「医食同源」の考えが浸透しています。医食同源とは、病気を治す薬も毎日の食事も、根源は同じという考えです。亜熱帯気候を生かし、沖縄近海の鮮魚や栄養価の高い島野菜トロピカルフルーツなどを積極的に料理に使用します。畜産業では、沖縄固有種であるアグー豚が有名で、沖縄県は食の宝庫でもあります。

沖縄県は一年中通して暖かな気候なので過ごしやすいのも魅力。高齢の方への体の負担も少なく、一年を通してのびのびと過ごせます。そのため、農作業や趣味活動で外で活動的に動く高齢の方も多くみられ、健康維持や長寿につながっています。

参考:沖縄県「沖縄県はやわかり

沖縄県の主要な駅・市役所・地域包括支援センター

沖縄県の主要な駅

沖縄都市モノレール線(Wikipediaより)

沖縄県の交通網は、バスやタクシーなどの車、カーフェリー、飛行機、モノレールで構成されます。沖縄本島には電車は通っていません。

ただし那覇市の「那覇空港」駅と浦添市の「てだこ浦西」駅を結ぶ、沖縄都市モノレール、通称・ゆいレールがあります。モノレールは排気ガスが出ず騒音も少ないのが特徴。県民の生活に広く利用されています。ゆいレールのうち乗客乗降数が最も多い駅は「県庁前」駅です。そのほか「おもろまち」駅、「那覇空港」駅なども利用者数が多いです。

参考:沖縄県「沖縄の交通

沖縄県の市役所

沖縄県には、全部で41の市町村があります。 今回はなかでも人口が多い那覇市、沖縄市、うるま市の役所の住所、アクセス、要介護認定の申請先について紹介します。

市役所名 所在地・アクセス・ホームページ
那覇市役所
  • 所在地:沖縄県那覇市泉崎1丁目1‐1
  • アクセス:ゆいレール「県庁前」駅から徒歩4分
  • 要介護認定の申請窓口:ちゃーがんじゅう課 認定グループ
  • ホームぺージ:那覇市
沖縄市役所
  • 所在地:沖縄県沖縄市仲宗根町26‐1
  • アクセス:琉球バス「胡屋」バス停から徒歩8分
  • 要介護認定の申請窓口:健康福祉部 介護保険課 認定係
  • ホームぺージ:沖縄市
うるま市役所
  • 所在地:沖縄県うるま市みどり町1丁目1‐1
  • アクセス:琉球バス「うるま市役所前」バス停の目の前
  • 要介護認定の申請窓口:介護長寿課
  • ホームぺージ:うるま市

沖縄県の地域包括支援センター

地域包括支援センターは、介護・医療・保健・福祉といった高齢者に関する悩み事を無料で受け付けている機関です。

「高齢者の総合相談窓口」「介護予防マネジメント」「権利擁護」「ケアマネジメント支援」などを業務として、各エリアに設置されています。保健師や社会福祉士、主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)などが相談ごとに対して解決策を提示してくれます。

沖縄県内の市町村すべてに、合計84カ所の地域包括支援センターが設置されています。

参考:沖縄県「地域包括支援センター等

沖縄県のイベント

沖縄市内で毎年恒例となっているイベント・お祭りを紹介します。

「本部八重岳桜まつり」は沖縄県の桜の開花に合わせて1月に開催されるイベントです。日本一早咲きの桜祭りであり「ひとあしお咲きに」をキャッチフレーズに沖縄県国頭郡本部町の八重岳桜の森公園でおこなわれます。標高453mの八重岳に7,000本もの琉球寒緋桜が咲きます。

「沖縄全島エイサーまつり」は沖縄県・夏の風物詩として有名です。例年沖縄全島から青年会やエイサー保全会、子どもエイサーなどたくさんのチームが沖縄アリーナに集まります。エイサーとは、旧盆の夜に踊りながら町を練り歩く沖縄ならではの伝統芸能。会場内に唄三味線の音色や太鼓が鳴り響き、それに合わせてさまざまなエイサーが披露され、毎年多くの観客で賑わっています。

「羽地ダム鯉のぼり祭り」は5月ごろ羽地ダム湖畔周辺で開催されるイベントです。約300匹の鯉のぼりが飾り付けられます。会場では、特設ステージでの民謡ライブや体験型イベントなどさまざまな催しがおこなわれます。

参考:沖縄県「沖縄の伝統芸能

沖縄県の高齢者支援制度

沖縄県が展開する高齢者の支援制度をご紹介します。

緊急医療キット配布(沖縄市)

沖縄市に在住している「65歳以上の高齢者」または「40〜64歳で介護保険認定を受けている方とその家族」に対して、「緊急医療キット」を配布しています。受け取った方はキットに医療情報用紙・被保険者証の写し・診察券の写し・薬剤情報提供書の写しを入れて自宅の冷蔵庫に保管します。容態が急変した際に本人が病状を説明できなくても救急隊員がキットの情報を確認することで迅速に対応できる仕組みです。

参考:沖縄市「救急医療情報キット配布!

高齢者「食」の自立支援事業(那覇市)

世帯だけでは食事の準備が難しい方に対して、週4回昼食を届けています。栄養バランスのとれた食事が提供されるだけでなく、見守りにもなります。対象者は65歳以上の一人暮らし、または高齢者のみの市民税非課税世帯です。利用者は、1食につき200円~400円の負担金でサービスを利用できます。

参考:那覇市「高齢者「食」の自立支援事業

軽度生活援助事業(那覇市)

65歳以上の一人暮らし、または高齢者のみの市民税非課税世帯の方で在宅で暮らしている方向けのサービスです。日常生活の援助が必要な方に対して、軽度生活援助員を派遣します。利用料は1時間150円。月4時間以内で利用できます。

参考:那覇市「軽度生活援助事業

沖縄県で見つからない場合は周辺エリアで探してみる

沖縄県は、本島に位置する那覇市沖縄市に老人ホーム・介護施設が集中しています。希望の施設が見つからない場合は周辺の地域まで視野を広げてみましょう。福岡県鹿児島県熊本県宮崎県大分県佐賀県長崎県、など九州地方の老人ホームや介護施設にも目を向けてみることをおすすめします。

有料老人ホームってどんな施設?【入居前に知っておくこと】

ここでは有料老人ホームへの入居をお考えの方に向けて「見学前に確認しておきたい有料老人ホームの特徴」をご紹介します。

「有料老人ホーム」とひと言でいっても、利用者の状態や必要なサービスに合わせて以下の3種類があります。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

なお、介護付き有料老人ホームは「介護専用型」「入居時自立型」「混合型」の3つに分かれます。ですので細かく分割すると5種類があるのです。」

有料老人ホームの入居条件は満たしていますか?

今後、入居をお考えの場合、前提として入居条件を満たしておく必要があります。有料老人ホームでも種類ごとに入居条件が違いますので、あらかじめ把握しておきましょう。ただし民間が運営する有料老人ホームでは詳しい入居条件は施設によってまちまちです。気になる施設がありましたら連絡をしましょう。

介護付き有料老人ホームの入居条件

介護付き有料老人ホームは3種類の施設形態に応じて入居条件が違います。詳しくは施設に問い合わせることをおすすめします。

住宅型有料老人ホームの入居条件

住宅型有料老人ホームは「原則65歳以上」「自立~軽度の要介護」の方となっています。要介護度に関しては施設によってばらつきがあります。

健康型有料老人ホームの入居条件

健康型は住宅型よりも更に軽度の方が入居する施設です。「60歳以上」「自立か要支援」が入居条件になっている施設が多くあります。

ただし健康型有料老人ホームは平成25年に公益社団法人全国有料老人ホーム協会が発表した「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書」によると全国に16件しかありません。ですので、希望のエリアで運営されている場合を除き、候補外にしておいてもいいでしょう。 参考:公益社団法人全国有料老人ホーム協会「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書

3種類の有料老人ホームの特徴を把握していますか?

有料老人ホームの特徴をご紹介します。あらかじめ特徴を知っておくことでスムーズにに希望の施設を選べます。入居後に「イメージと違った……」と後悔することがないように、あらかじめ把握をしておきましょう。

介護付き有料老人ホームの特徴

介護付き有料老人ホームには3種類ありますので、それぞれについて特徴をご紹介します。

入居時自立型

介護付き有料老人ホームのなかでも、最も介護の必要性が低い方を対象にしています。介護職員が比較的少なく、身の回りのことを自分で解決できる方が多く入居しているのが特徴です。

介護専用型

反対に要介護1~5にあたる方のみが入居できます。介護職員の数も多く、リハビリの体制などが整っている施設です。

混合型

入居時自立型と介護専用型の両方の特性を兼ねた施設です。自立から要介護まで幅広い方が入居しています。

介護付き有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

住宅型有料老人ホームの特徴

原則65歳以上で自立~軽度の要介護の方が入居しています。施設側のサポートは身の回りの生活の介助にとどまっており、介護サービスは外部の事業者と別で契約をする必要があります。

住宅型有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

有料老人ホームのメリット・デメリット

具体的に他の施設タイプと比較して、どのようなメリット・デメリットがあるのかについて紹介しましょう。

介護付き有料老人ホームのメリット

介護付き有料老人ホームのメリットは「24時間介護士が常駐していること」です。夜間や早朝でも安心して生活できます。またすべての施設が「特定施設入居者生活介護」に認定されているので定額で介護サービスを使い放題です。

介護付き有料老人ホームのデメリット

介護付き有料老人ホームは住宅型に比べて費用が高くなる傾向にあります。介護サービスをはじめ、施設ごとにさまざまなサービスを提供していることから、費用がかかってしまうのです。

住宅型有料老人ホームのメリット

住宅型有料老人ホームは介護付きに比べて自立、要支援の入居者が多いため、交流が活発になる傾向があります。また費用も介護付きと比べると安価で済むのが魅力です。

住宅型有料老人ホームのデメリット

介護付き有料老人ホームの場合は介護サービスが料金に含まれていますが、住宅型有料老人ホームでは外部事業者との契約が必要になります。また要介護度が重くなった場合は、退去を余儀なくされる可能性もあります。

有料老人ホームの費用相場

有料老人ホームには入居時費用月額費用がかかります。介護付き、住宅型、健康型の費用の相場は以下の表の通りです。なお、ここで紹介する金額はあくまで目安になります。実際はもちろん施設によって大きく違いますので、お問い合わせください。

入居時費用 月額費用
介護付き有料老人ホーム 0~数億円ほど 15~35万円ほど
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円ほど 10~30万円ほど

なお、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの費用については以下の記事で詳しく紹介しています。

有料老人ホームの入居前に3種類の違いを知ることが重要

これから有料老人ホームの入居をお考えの方は、まず3種類の違いを把握しておきましょう。そのうえでご自身の状況、ご要望にフィットする施設を探すことが大事です。

もし希望の施設が見つからない場合は、有料老人ホーム以外の施設も探してみてください。介護のほんねではグループホームサービス付き高齢者向け住宅なども検索できます。

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

LINE で無料入居相談

LINEで気軽に相談OK!

LINE LINEで相談する
QRコード

QRコードを読み取ると、LINEで気軽にご相談が可能です!