島根県のグループホーム

介護のほんねでは、「ニチイケアセンター松江玉造」、「ニチイケアセンター東津田」、「出雲ケアセンターそよ風」をはじめとした、島根県の老人ホームを掲載中。そのなかでもグループホームの条件に当てはまる施設は137件あります。ご本人とご家族で話し合ってどの条件を一番大事にするかなど、優先順位を付けながら様々な条件で検索してみてください。

市区町村を選択

路線・駅を選択

島根県の市区町村からさがす

路線・駅を選択

JR西日本からさがす
一畑電車からさがす
入居費用・月額費用を選択

入居費用・月額費用を選択

入居費用
施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類
施設の特徴
介護度
空室状況
施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

受け入れ体制
施設設備・ルール
入居詳細条件
医療看護体制

検索結果 137

条件付きで見学可 ※2021年02月16日情報更新

株式会社ニチイ学館

条件付きで見学可 ※2021年02月16日情報更新

株式会社ニチイ学館

条件付きで見学可 ※2021年02月16日情報更新

株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ

有限会社ハートキュアエム

有限会社美奈須

  • 住所
  • 入居条件
    要支援 要介護
    入居費用0円

社会福祉法人ほのぼの会

いわうみ会

株式会社やつかの郷

株式会社CONTIA

株式会社角八雲園

社会福祉法人あおぞら福祉会

社会福祉法人壽光会

社会福祉法人こもれび福祉会

有限会社ハッピーファミリー

社会福祉法人敬仁会

日本海観光株式会社

社会福祉法人あま福祉会

株式会社しんわ

有限会社コナン

プラスロックアソシエイツ

サンキ・ウエルビィ株式会社

特定非営利活動法人あかぎ福祉会

堀建設株式会社

堀建設株式会社

有限会社はるひ福祉サービス

株式会社角八雲園

株式会社ひょうま

  • 住所
  • 入居条件
    要支援 要介護
    入居費用0円

株式会社ハピネライフ一光(旧名称:株式会社ヘルスケア一光)

株式会社しんわ

医療法人社団水澄み会

島根県の老人ホーム・介護施設の特徴

島根県は県土の約8割が森林に覆われ、日本海にも面している、自然豊かな県です。日本海に沿うように東西にのびた形をしており、隠岐島(おきのしま)などの離島も県土に含みます。高度経済成長期に都市部へと人口が流出したため、1955年の約92万人をピークに島根県の人口は減少傾向。2016年11月には約69万人、2030年には60万人を割り込むと予想されています。宍道湖のシジミやイワガキの養殖、底引き網漁など水産業が盛んです。出雲大社や石見銀山遺跡などの観光資源を活用するなど、近年観光業にも力を入れています。

島根県の高齢化率は年々上昇傾向となっており、2015年10月の時点では32.5%を記録。これは全国3位の数字です。地域別では人口の流出が激しい離島の高齢化率が特に高く、隠岐島にある知夫村の高齢化率は52.1%にも上ります。

地場企業のアットホームな介護施設が多く、価格帯も安いのが特徴です。介護施設の総数は少なめなので、マッチングには苦労するかもしれません。隠岐島など離島になるとさらに少なくなってしまいます。人口の多い松江市と出雲市に島根県全体の約半数に上る施設が集中しています。

市町村の介護予防事業を支援する目的でパンフレットが製作され、リハビリテーションの考え方や高齢者を観察するときのポイントなどが掲載されています。県のホームページには介護予防事業を実施する際に参考となるマニュアルも公表されており、筋力トレーニングなどのプログラムから、その評価方法まで知ることができます。介護人材の確保が難しいことから、ひとり親世帯への対応と、介護要員育成を同時に行う取り組みも進められています。浜田市で行われているこの取り組みは、職能訓練と育児の両立が困難なシングルマザーなどが対象。県外から移住し介護サービス事業所で就労研修を行えば、島根で生活を送るために必要な、さまざまな支援を受けることができます。支援の内容は、研修体験費として月額約15万円が支給されるほか、養育費(月額約3万円)、家賃補助(上限約2万円)、研修前の支度金(約30万円)、終了金(約100万円)、中古車の無償提供と、かなり手厚い内容になっています。

グループホームってどんな施設?【入居前に知っておくこと】

ここではグループホーム(認知症対応型老人共同生活介護)への入居希望者のご家族に向けて「見学前に確認しておきたいグループホームの特徴」をご紹介します。

グループホームの入居条件は満たしていますか?

グループホームにはさまざまな入居条件があります。すべて満たしているかを入居前にチェックしておくと施設探しがスムーズに進みます。もし満たしていない場合は、他の施設への入居も視野に入れておく必要があります。

認知症の診断が必要です

グループホームは認知症の方しか入居できません。事前に医師による認知症の診断書が必要になります。

要支援2以上が入居対象です

グループホームは要支援2以上の認定を受けた方しか入居できません。事前に要介護認定を受けて、要支援2以上の判定を受けておく必要があります。

要介護認定の受け方については以下の記事で詳しく説明をしています。

住民票のある地域でしか入れません

グループホームは地域密着型の施設です。住民票のある市区町村内の施設でしか入居できません。ただしグループホームは全国に1万個所以上もあり、近隣に施設がある可能性はかなり高いといえます。

グループホームの退去要件

グループホームの退去要件は各施設ごとに決まっています。契約前に「退去となる条件」を確認しておくことがおすすめです。

特に要件として多いのは「施設側で医療ケアに対応できなくなった」というケースです。グループホームには看護師や医師などの配置義務がありません。ですので、専門的な医療措置が必要になると退去しなければいけない場合があります。

また後述するように、グループホームは他の施設に比べて入居者同士の距離が近いのが特徴です。日常生活における家事などを入居者同士が協力しながら進めます。ですので、認知症の症状が進行し、暴言・暴力などが目立つようになると、他の入居者の安全を守るためにも強制退去となってしまう可能性が高いです。

グループホームの特徴を把握していますか?

グループホームの特徴をご紹介します。入居後に「イメージと違った……」と後悔することがないように、あらかじめ把握しておくのがおすすめです。

1施設あたり9~18名の小規模なユニットケア

グループホームはほとんどの場合、定員が9~18名と小規模な施設になります。そのため人との関わりが深く、アットホームな雰囲気で生活をするのが特徴です。それぞれが個室で自宅に近い環境生活をしながらも、他者との共同生活をする手法になります。

「できることは自分でする」という考え

グループホームの場合は認知症の方々が家事を分担しながら共同生活をしています。認知症の進行を抑制するためにも「料理、洗濯、掃除などの家事はできる限り自分たちでする」という自立支援を大切にしています。生きがいや役割を持ちながら、自分らしい生活を送れる施設です。

看護師は配置は義務付けられていない

認知症専門の介護施設なので、職員の皆さんは認知症の方々の扱いに慣れているのが特徴です。人員配置は、要介護者3人に対して介護職員または看護師を1人以上配置することが義務付けられています。看護師の配置は必須ではないため、配置されていない施設がほとんどです。

グループホームの特徴に関する詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

グループホームの費用

初期費用 月額費用
0~数百万円ほど 10~20万円ほど

グループホームは有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などに比べると、比較的安価で利用できる施設です。

入居一時金は0~数百万円と幅広くなっていますが、数百万円もかかる施設はほんの一部です。ほとんどの場合は数万~数十万円となります。また、グループホームの月額費用でかかる主な費用は家賃のほか食材費、光熱費、管理費などです。特に家賃に関しては10万円を切る施設が多く、低価格で暮らせます。

グループホームの費用については以下の記事で詳しく説明をしています。

グループホームで認知症を抑制しながら生活する

以上の条件や特徴をまとめると、以下の3点を重視する方には入居をおすすめできます。

  • 認知症の症状の抑制を考えている
  • 認知症でありながら、自立した生活を続けたい
  • 医療依存度は高くない

グループホームには認知症の方が少人数で生活をしています。また職員も認知症ケアに慣れた人ばかりです。「他人とコミュニケーションを取りながら、認知症の進行に歯止めをかけたい」とお考えの方がおりましたら、引き続き入居をご検討ください。

また納得いく施設が見つからない場合は、有料老人ホームサービス付き高齢者向け住宅などのその他の施設もご検討ください。

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

LINE で無料入居相談

LINEで気軽に相談OK!

LINE LINEで相談する
QRコード

QRコードを読み取ると、LINEで気軽にご相談が可能です!