"認知症" の検索結果

ポッポ

ポッポ

認知症の方が片付けられなくなってしまう理由とは?ゴミ屋敷になる前に積極的に関わっていきましょう。場合によったら命にもかかわる問題、決しておせっかいじゃありませんよ。
ノック

ノック

近い将来、介護が必要になるかもしれない。そのために家のリフォームや新築をお考えの方、条件によっては助成やローンの免除が受けられる場合も。大事なお金、賢く使いたいですよね。
ノック

ノック

最近、認知症ケアで使われることの多い「BPSD」。どんなものなのでしょうか?認知症の症状における位置づけとともにまとめてみました。
チヴェッタ

チヴェッタ

認知症になっても、状態に応じた適切なサービス提供の流れがつかめていたら安心。それを可能にするのが認知症ケアパスです。各自治体の特性を盛り込んだケアパスを手に取り、家族で一度介護の話をしてみませんか?
ポッポ

ポッポ

認知症支援では海外にちょっと遅れを取ってしまった日本。その分、お手本はいっぱいあります!新オレンジプランで一気に巻き返しなるか!?
ポッポ

ポッポ

認知症の人が認知症を介護する認認介護。この介護スタイルをとらざるを得ないご家庭は、確実に増えてきています。
ポッポ

ポッポ

若年性認知症は18〜64歳で発症する認知症。本人やそのご家族は老年性認知症とはまた違った苦労を感じているようです。
シノヅカヨーコ

シノヅカヨーコ

10年後には65歳以上の5人に1人がなるといわれる認知症。急速に高齢化が進むなか、認知症の方とその家族を見守る地域のアイディアに注目が集まっています。
チヴェッタ

チヴェッタ

世界中の人とコンタクトをとれるFacebook。プライベートから仕事まで、私たちの生活に欠かせない存在となってきています。そんなSNSが、実は認知症予防に効果的!?
横尾千歌

横尾千歌

“治療”でも“介護”でもなく、“ライフサポート”って? 厚生労働省とともに認知症ケアの研究をしているニッセイ基礎研究所の山梨恵子さんにお話を伺いました!

新着記事

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。