"認知症" の検索結果

ピヨ

ピヨ

「夜型幼児」の増加が問題になっていますが、「夜型老人」も少なくないそうですよ。夜型の生活スタイルは一般では、もう珍しいものではありません。ですが高齢者の夜型は、重大な病気が隠れている場合もあるとか。
タンドリー

タンドリー

認知症に限ったことではありませんが、正しい理解を持ち、みんなで支えていくことで、個人の負担が減り、より住みやすい社会になっていきますよね。認知症サポーターキャラバン、広げていきたいですね。
もなか

もなか

介護施設に入所してもお小遣いくらいはもっていたいもの。そんな場合に気になるのはお財布の管理はどうしているのかです。介護のほんねの口コミから、実例をご紹介します。
チヴェッタ

チヴェッタ

子どものそばに、若い頃の思い出が詰まった地に、はたまた憧れの地に…。住み慣れた地域を離れて介護施設を選ぶ際に、気を付けておきたいポイントとは?
hina

hina

年老いた両親に対して元気なうちから「介護施設に入ることを検討しては」とはなかなか言い出しにくいものですね。でも実際に要介護状態に直面してしまったら、人の手を借りながら向き合うことも大切です。
ティッカ

ティッカ

認知症予防の研究に役立つシステム、アイループ(IROOP)ってもうご存知ですか?将来多くの人のためになるだけでなく、あなた自身のためにもなるかも。
ロビン

ロビン

かつては痴呆といわれた認知症。どうして痴呆は認知症へと呼び方が変化したのでしょうか?その変化によってもたらせた効果とは。
シノヅカヨーコ

シノヅカヨーコ

認知症を知り、認知症患者とその家族を温かく見守る「認知症サポーター」。サポーターになるにはどんな講座を受講するのか、認知症サポーター養成講座の様子をレポートします。
レモン

レモン

家族や自分が若年性認知症を発症したらどうしよう!?考えるだけで不安ですが、早期発見・早期対応が大切。支援制度の活用や周りの見守りによってこれまでとは違う人生の価値を見い出せるといいですね。
ロビン

ロビン

不足しがちな家族のケア。介護施設のスタッフは、ご利用者さん・ご入居さんだけでなく家族のことまで考えた対応をしていました。

新着記事

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。