青森県の有料老人ホーム

介護のほんねでは、「武田支援ハウス」、「ほのぼのハウス花園」、「なごみの里岩木」をはじめとした、青森県の老人ホームを掲載中。そのなかでも有料老人ホームの条件に当てはまる施設は298件あります。ご本人とご家族で話し合ってどの条件を一番大事にするかなど、優先順位を付けながら様々な条件で検索してみてください。

市区町村を選択

路線・駅を選択

青森県の市区町村からさがす

路線・駅を選択

JR東日本からさがす
津軽鉄道からさがす
弘南鉄道からさがす
青い森鉄道からさがす
入居費用・月額費用を選択

入居費用・月額費用を選択

月額費用
入居費用
施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類
施設の特徴
介護度
施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

受け入れ体制
施設設備・ルール
入居詳細条件
医療看護体制

検索結果 298

株式会社五光

有限会社エムケイ商事

  • 費用
    入居費用
    3.0 万円
    月額費用
    7.5 9.0 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5
    二人部屋あり

株式会社なごみの里

  • 費用
    月額費用
    6.9 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

条件付きで見学可 ※2021年02月15日情報更新

株式会社トラスト・メイト

  • 費用
    入居費用
    3.0 万円
    月額費用
    9.0 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5

有限会社エムケイ商事

  • 費用
    入居費用
    3.0 万円
    月額費用
    6.9 8.4 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5
    二人部屋あり

株式会社なごみの里

  • 費用
    月額費用
    7.2 8.2 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

株式会社なごみの里

  • 費用
    月額費用
    6.9 7.3 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

医療法人仙知会

  • 費用
    月額費用
    5.9 7.9 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

有限会社大三

  • 費用
    月額費用
    8.9 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

有限会社大三

  • 費用
    月額費用
    8.6 10.5 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

社会福祉法人平成会

社会福祉法人楽晴会

社会福祉法人信和会

  • 住所
  • 入居条件
    要支援 要介護

社会福祉法人常光会

有限会社インフィニット

株式会社あうら

株式会社心(青森県)

  • 費用
    月額費用
    8.7 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5
    60歳未満入居可 60歳以上入居可 保証人不要 入居費用0円 生活保護相談可

有限会社やよい

株式会社ゆとり(青森県)

有限会社ケアサポートかがやき

株式会社丸正

株式会社オール

有限会社シー・エスプロダクツ

社会福祉法人信和会

全国のおすすめ施設特集

入居費用0円の施設特集

入居費用0円の施設特集

入居時に入居一時金という初期費用が発生する場合があります。ここでは初期費用無しの施設をご紹介します。

認知症の受け入れ相談可の施設特集

認知症の受け入れ相談可の施設特集

認知症でもご安心ください。認知症での入居が相談可能な施設をご紹介します。

低価格プラン有りの施設特集

低価格プラン有りの施設特集

費用を抑えたい方に。入居一時金、月額利用料が比較的低いプランの施設だけをご紹介します。

二人部屋ありの施設特集

二人部屋ありの施設特集

家を離れても夫婦で暮らしたい方に。二人でも入居可能な施設を集めました。

24時間介護士常駐の施設特集

24時間介護士常駐の施設特集

入居者が体調に異変をきたしやすい早朝や深夜にも介護士が常駐している施設をピックアップしました。

生活保護相談可の施設特集

生活保護相談可の施設特集

生活保護を受けている方でも入居できる施設を集めました。

看取り相談可の施設特集

看取り相談可の施設特集

最後まで自分らしく過ごしたい、そんな看取り介護可能な施設をご紹介します。

レクリエーション充実の施設特集

レクリエーション充実の施設特集

毎日を楽しく元気に過ごせるレクリエーションが充実した施設をピックアップしました。

介護福祉士有資格者多数の施設特集

介護福祉士有資格者多数の施設特集

資格をもったスタッフに安心して身の回りを任せられる施設を集めました。

施設内調理の施設特集

施設内調理の施設特集

毎日の食事を楽しみたい方に。施設内で作るからこそできたてのお料理が楽しめる施設を集めました。

青森県の老人ホーム・介護施設について

青森県は本州最北端の都道府県であり、海や山に囲まれた自然の多いエリアです。ここでは「青森県での高齢者の暮らし」をご紹介します。

青森県の特徴

青森県庁(wikipediaより)

青森県は本州最北端に位置する県です。面積は9,645.64k㎡で全国8位の県面積で、市町村は10の市・22の町・8つの村で構成されています。

県内には奥羽山脈八甲田山などの山があります。奥羽山脈により県内は日本海側と太平洋側に二分されています。日本海側の津軽地方は冬になると大雪が降りますが、太平洋側のエリアは積雪が比較的少なく、晴天の日が続く傾向にあります。

ただし、平均気温に大きな差はありません。冬季はどの地域も厳しい寒さとなります。そのため、老人ホーム・介護施設内で快適な室温を保つために費用に暖房費が含まれているケースが多いです。

参考:青森県「青森県の人口と面積

青森県の魅力

青森県の魅力の1つが食です。リンゴをはじめ果樹栽培の地として有名です。また太平洋や日本海に囲まれており、海産資源が豊富で、旬の魚介類を堪能できます。海産物では特にホタテや黒いダイヤと呼ばれる大間マグロが有名です。

また国内最大級の特別史跡である三内丸山遺跡や世界遺産の白神山地など、歴史や文化を感じられるスポットもあります。

青森県の主要駅、市役所、地域包括支援センター

次に、青森県の主要駅、市役所、地域包括支援センターをご紹介します。

青森県の主要な駅

青森県内の主な路線は「JR東日本」奥羽本線・津軽線・八戸線です。県内には150以上の駅があり、最も乗降車数が多いのはJR東日本・青い森鉄道が停車する「青森」駅です。駅の周辺には複合商業施設や食料品店から雑貨店、飲食店などが揃う商店街があります。

その次に「弘前」駅や「八戸」駅の乗降車数が多いです。なお、東北新幹線は「八戸」駅と「新青森」駅に停車。東北や関東などの主要都市への移動も気軽にできます。

さらに「新青森」駅からは北海道を結ぶ、北海道新幹線も開通しています。

青森市・八戸市・弘前市の市役所

介護保険サービスを利用するためには「要介護認定」を受ける必要があります。要介護認定の申請は市町村の役場で可能です。またその他、自治体が取り組んでいる高齢者支援制度の申請、助成金の申請なども役場で申し込む必要があります。

青森県内の市役所・役場の数は40箇所です。ここからは人口が多い「青森市」・「八戸市」・「弘前市」にある区役所の所在地や最寄り駅をご紹介します。

また青森市役所には本庁舎・駅前庁舎・柳川庁舎・浪岡庁舎があります。要介護認定の相談や申請は本庁舎の介護保険課または浪岡振興部健康福祉課となるので、本庁舎か浪岡庁舎で申請をすることになります。

市役所 所在地・アクセス・ホームページ
青森市役所 本庁舎
  • 所在地:青森市中央1丁目22-5
  • アクセス:「市役所前バス停」からすぐ
  • 要介護認定を申請できる課:介護保険課
  • ホームページ:青森市役所
八戸市役所
  • 所在地:八戸市内丸1-1-1
  • アクセス:八戸線・青い森鉄道線「八戸」駅南口より徒歩8分
  • 要介護認定を申請できる課:介護保険課
  • ホームページ:八戸市役所
弘前市役所
  • 所在地:弘前市大字上白銀町1-1
  • アクセス:弘南鉄道・大鰐線「中央弘前」駅から徒歩13分
  • 要介護認定を申請できる課:前川本館 介護福祉課
  • ホームページ:弘前市役所

青森県の地域包括支援センター

地域包括支援センターは、介護・医療・保健・福祉といった高齢者に関する悩み事を無料で受け付けている機関です。「高齢者の総合相談窓口」「介護予防マネジメント」「権利擁護」「ケアマネジメント支援」などを業務として、各エリアに設置されています。

保健師や社会福祉士、主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)などが相談ごとに対して解決策を提示してくれます。

青森県内では70箇所以上の地域包括支援センターや高齢者支援センターがあります。なかでも県庁所在地である青森市、また八戸市には10箇所以上のセンターがあります。

参考:青森県「令和2年度 青森県地域包括支援センター

青森県のイベント

青森ねぶた祭(wikipedia)

青森県では高齢者にも人気の高齢イベントがいくつもあります。なかでも有名なのは青森市で毎年8月2日~7日にかけて開かれる青森ねぶた祭です。武将や神話をモチーフにした煌びやかで大きな「ねぶた(燈籠)」が、街を通ります。

地域によっては「ねぶた」ではなく、「ねぷた」と呼びます。県内各地でねぶた・ねぷた祭が開かれており、青森市以外では弘前ねぷたまつり五所川原立佞武多などが有名です。

老人ホームに入居しても、こうしたイベントへの参加は可能です。自立状態の場合は自由に外出してお祭りやイベントを楽しめます。また介護が必要な場合でも、介護職員が付き添って参加できることもあります。

青森県の高齢者支援制度

青森県内の自治体が取り組んでいる介護関連の支援制度をご紹介します。

青森市の高齢者福祉サービス

青森市では高齢者に向けてサービスを展開しています。例えば「配食サービス」。65歳以上の高齢者世帯や一人暮らししている方に、食生活の改善と安否確認をしています。

また、農業体験や健康講座などが楽しめる「高齢者生きがい対策事業」、書道・社交ダンスといった25の講座に参加できる「さわやか趣味講座」など、シニアライフと楽しめるサービスも充実しています。

参考:青森市「青森市高齢者福祉サービス一覧」

八戸市の高齢者福祉サービス

八戸市でもたくさんの高齢者福祉サービスを用意しています。例えば高齢者の在宅生活支援として「緊急通報装置の設置」「寝具の洗濯乾燥消毒サービス」を実施しています。

他にも「老人クラブ」「介護予防センターの利用」が可能です。老人クラブでは、趣味や仲間づくりが楽しみ、生きがいをつくれます。一方、介護予防センターでは趣味を楽しめる教室の紹介をはじめ、介護予防の支援を受けられます。

参考:八戸市「高齢者福祉

弘前市の高齢者福祉サービス

弘前市では「お年寄りの福祉」という名目でサービスを提供しています。在宅サービスでは「緊急通報システムの貸出」「鍼灸などの施術料の助成」などが利用可能です。

他にも老人福祉センターや老人クラブ、生きがいセンターを用意しています。趣味や交流を楽しめ、介護予防にもつながる環境が整っています。

参考:弘前市「お年寄りの福祉

青森県で見つからない場合は周辺エリアで探してみる

青森県内にはたくさんの老人ホーム・介護施設がありますが、エリアによって数は大きく変わってきます。そのため、希望条件に合った施設が見つからないケースもあります。その場合は、秋田県岩手県など隣接エリアも選択肢に入れてみてください。

有料老人ホームってどんな施設?【入居前に知っておくこと】

ここでは有料老人ホームへの入居をお考えの方に向けて「見学前に確認しておきたい有料老人ホームの特徴」をご紹介します。

「有料老人ホーム」とひと言でいっても、利用者の状態や必要なサービスに合わせて以下の3種類があります。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

なお、介護付き有料老人ホームは「介護専用型」「入居時自立型」「混合型」の3つに分かれます。ですので細かく分割すると5種類があるのです。」

有料老人ホームの入居条件は満たしていますか?

今後、入居をお考えの場合、前提として入居条件を満たしておく必要があります。有料老人ホームでも種類ごとに入居条件が違いますので、あらかじめ把握しておきましょう。ただし民間が運営する有料老人ホームでは詳しい入居条件は施設によってまちまちです。気になる施設がありましたら連絡をしましょう。

介護付き有料老人ホームの入居条件

介護付き有料老人ホームは3種類の施設形態に応じて入居条件が違います。詳しくは施設に問い合わせることをおすすめします。

住宅型有料老人ホームの入居条件

住宅型有料老人ホームは「原則65歳以上」「自立~軽度の要介護」の方となっています。要介護度に関しては施設によってばらつきがあります。

健康型有料老人ホームの入居条件

健康型は住宅型よりも更に軽度の方が入居する施設です。「60歳以上」「自立か要支援」が入居条件になっている施設が多くあります。

ただし健康型有料老人ホームは平成25年に公益社団法人全国有料老人ホーム協会が発表した「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書」によると全国に16件しかありません。ですので、希望のエリアで運営されている場合を除き、候補外にしておいてもいいでしょう。 参考:公益社団法人全国有料老人ホーム協会「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書

3種類の有料老人ホームの特徴を把握していますか?

有料老人ホームの特徴をご紹介します。あらかじめ特徴を知っておくことでスムーズにに希望の施設を選べます。入居後に「イメージと違った……」と後悔することがないように、あらかじめ把握をしておきましょう。

介護付き有料老人ホームの特徴

介護付き有料老人ホームには3種類ありますので、それぞれについて特徴をご紹介します。

入居時自立型

介護付き有料老人ホームのなかでも、最も介護の必要性が低い方を対象にしています。介護職員が比較的少なく、身の回りのことを自分で解決できる方が多く入居しているのが特徴です。

介護専用型

反対に要介護1~5にあたる方のみが入居できます。介護職員の数も多く、リハビリの体制などが整っている施設です。

混合型

入居時自立型と介護専用型の両方の特性を兼ねた施設です。自立から要介護まで幅広い方が入居しています。

介護付き有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

住宅型有料老人ホームの特徴

原則65歳以上で自立~軽度の要介護の方が入居しています。施設側のサポートは身の回りの生活の介助にとどまっており、介護サービスは外部の事業者と別で契約をする必要があります。

住宅型有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

有料老人ホームのメリット・デメリット

具体的に他の施設タイプと比較して、どのようなメリット・デメリットがあるのかについて紹介しましょう。

介護付き有料老人ホームのメリット

介護付き有料老人ホームのメリットは「24時間介護士が常駐していること」です。夜間や早朝でも安心して生活できます。またすべての施設が「特定施設入居者生活介護」に認定されているので定額で介護サービスを使い放題です。

介護付き有料老人ホームのデメリット

介護付き有料老人ホームは住宅型に比べて費用が高くなる傾向にあります。介護サービスをはじめ、施設ごとにさまざまなサービスを提供していることから、費用がかかってしまうのです。

住宅型有料老人ホームのメリット

住宅型有料老人ホームは介護付きに比べて自立、要支援の入居者が多いため、交流が活発になる傾向があります。また費用も介護付きと比べると安価で済むのが魅力です。

住宅型有料老人ホームのデメリット

介護付き有料老人ホームの場合は介護サービスが料金に含まれていますが、住宅型有料老人ホームでは外部事業者との契約が必要になります。また要介護度が重くなった場合は、退去を余儀なくされる可能性もあります。

有料老人ホームの費用相場

有料老人ホームには入居時費用月額費用がかかります。介護付き、住宅型、健康型の費用の相場は以下の表の通りです。なお、ここで紹介する金額はあくまで目安になります。実際はもちろん施設によって大きく違いますので、お問い合わせください。

入居時費用 月額費用
介護付き有料老人ホーム 0~数億円ほど 15~35万円ほど
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円ほど 10~30万円ほど

なお、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの費用については以下の記事で詳しく紹介しています。

有料老人ホームの入居前に3種類の違いを知ることが重要

これから有料老人ホームの入居をお考えの方は、まず3種類の違いを把握しておきましょう。そのうえでご自身の状況、ご要望にフィットする施設を探すことが大事です。

もし希望の施設が見つからない場合は、有料老人ホーム以外の施設も探してみてください。介護のほんねではグループホームサービス付き高齢者向け住宅なども検索できます。

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

LINE で無料入居相談

LINEで気軽に相談OK!

LINE LINEで相談する
QRコード

QRコードを読み取ると、LINEで気軽にご相談が可能です!