全国の個室ありの特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム/個室ありの条件に当てはまる施設は3件あります。ご本人とご家族で話し合ってどの条件を一番大事にするかなど、優先順位を付けながら様々な条件で検索してみてください。

条件を絞り込む

都道府県からさがす

入居費用・月額費用を選択

入居費用・月額費用を選択

月額費用
入居費用
施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類
施設の特徴
介護度
空室状況
施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

受け入れ体制
施設設備・ルール
入居詳細条件
医療看護体制

検索結果 3

社会福祉法人富士白苑

  • 空室状況
    残り 合計1
    06/23更新
  • 費用
    月額費用
    5.5 10.0 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護3-5
    60歳以上入居可 入居費用0円 生活保護相談可 二人部屋あり ショートステイ可

社会福祉法人うねび会

社会福祉法人翔風会

rectangle この条件で検索した方はこんな施設も見ています

株式会社MJクオリティ

株式会社ニューライフサポート

  • 費用
    月額費用
    15.0 17.0 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円 二人部屋あり

有限会社大三

  • 費用
    月額費用
    8.6 10.5 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

有限会社アズメディック

  • 費用
    月額費用
    7.1 8.3 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5
    入居費用0円

医療法人新産健会

  • 費用
    入居費用
    20.4 万円
    月額費用
    13.9 16.9 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5

LEA株式会社

株式会社エスアールにじゅういち

アンジュ株式会社

医療法人銀嶺会

  • 費用
    入居費用
    20.0 40.0 万円
    月額費用
    14.2 23.5 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    二人部屋あり

社会福祉法人惠愛会

有限会社介護ステーション中里

有限会社ニッセンハウス

  • 費用
    入居費用
    8.8 万円
    月額費用
    8.8 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    生活保護相談可

有限会社さゆみの里

  • 費用
    入居費用
    20.0 万円
    月額費用
    16.4 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5

株式会社介護NEXT

  • 費用
    月額費用
    14.8 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円 生活保護相談可

有限会社一陽

有限会社マルタケ

有限会社白井興産

  • 費用
    月額費用
    13.9 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

株式会社暖人

TOKAIライフプラス株式会社

  • 費用
    入居費用
    0.0 756.0 万円
    月額費用
    21.3 28.3 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

有限会社しあわせの家

  • 費用
    月額費用
    11.0 13.0 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5
    生活保護相談可

サイトにない施設もご紹介します!

病気受け入れ対応ができる施設などは

未掲載の施設を含めると多数ございます。

最適な施設さがしや空室確認・見学申込は、

介護のほんね相談員が代わりに対応いたします!

まずはご状況をお気軽にご相談ください。

介護のほんね入居相談室 フリーダイヤル 0120-002718 0120-002718

特別養護老人ホームってどんな施設?【入居前に知っておくこと】

ここでは特別養護老人ホームへの入居をお考えの方に向けて「見学前に確認しておきたい特別養護老人ホームの特徴」をご紹介します。

特別養護老人ホームの入居条件は満たしていますか?

通称「特養」と呼ばれている特別養護老人ホームは、費用が安価であるため人気です。特別養護老人ホームへの入居を希望の方は、まずは入居条件が満たしているかを確認しておくことをおすすめします。

特別養護老人ホームの入居条件

特別養護老人ホームの入居条件は主に以下の3点です。

  • 要介護3以上で65歳以上の高齢者
  • 特定疾病が認められた要介護3以上の40~64歳までの人
  • 特例条件に当てはまる要介護1~2の人

要介護3以上の認定を受けた要介護度が重い方でなければ入居できません。ただし以下の特例条件に当てはまる方は要介護1、2だとしても入居可能です。

特例条件
  • 認知症で、症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁に見られる人
  • 知的障害・精神障害等を伴い、症状・行動や意思疎通の困難さなどが頻繁に見られる人
  • 家族からの深刻な虐待が疑われるなど、心身の安全・安心の確保が困難な人
  • 単身世帯や、同居家族が高齢または病弱であるなど、家族による支援が期待できない
  • 人。かつ地域での介護サービスや生活支援の供給が不十分である場合

特別養護老人ホームの特徴を把握していますか?

国が運営する公的な施設

特別養護老人ホームは自治体や社会福祉法人が運営する公的な施設です。また介護保険制度で定められた「介護保険施設」でもあります。介護老人保健施設(老健)や介護医療院、介護療養型医療施設も介護保険施設に含まれます。

介護サービスの自己負担額は1~3割

施設内の介護サービスに関しては介護保険を利用できるため、自己負担額は1~3割で済みます。また初期費用はなく、月額費用も、他の施設形態に比べて安価です。

看取りまで対応できる

多くの特別養護老人ホームは、終身利用が可能であり「終の棲家」として入居できます。よって他の介護保険施設や、有料老人ホームに比べて入居期間が長く、平均で約4年です。 参考:厚生労働省「介護老人福祉施設(参考資料)

特別養護老人ホームの特徴についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

特別養護老人ホームのメリット・デメリット

では入居条件と特徴を踏まえて、メリットとデメリットについて紹介します。あらためて求める条件に合うかをご確認ください。

特別養護老人ホームのメリット

特別養護老人ホームのメリットは、介護サービスが充実しているうえに費用が安価というリーズナブルさに尽きます。また公的機関が運営している施設であり、入居中に施設が倒産するリスクも低いです。

さらに看取りまで終身にわたって利用できる施設が多いため、家族としても安心です。

特別養護老人ホームのデメリット

要介護3以上でなければ入居できないのがデメリットです。さらに特別養護老人ホームの場合は複数で1つの部屋を利用する「多床室」も多く、プライベートを確保できない可能性もあります。

特別養護老人ホームの費用

初期費用 月額費用
0円 5万~15万円

比較的安価で入居できると紹介しましたが、具体的にどのくらいかかるのかを紹介します。初期費用は0円、月額費用は5万~15万が目安です。最初にまとまったお金が必要なく、他の施設形態に比べるとリーズナブルなこともうれしいポイントです。

特別養護老人ホームの費用についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

入居待ちの期間は、他の施設に仮住まいするのも一案

特別養護老人ホームは人気が高い施設です。そのため、申込みをしても空室が出るまで待機するケースが多いです。入居を希望の方は早めに申し込み、仮押さえしておくことをおすすめします。

「退院が迫ってきたが在宅介護は難しい」など、緊急性が高い場合は、同時進行で他の施設へ入居するのも一案です。民間の施設のなかには、特別養護老人ホームと同じくらい安価な施設もあります。

なお、介護のほんねでは全国の有料老人ホームサービス付き高齢者向け住宅グループホームを紹介しています。ぜひ、特別養護老人ホームを待機している間の仮住まいをお探しの方も、お気軽にご相談ください。

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

LINE で無料入居相談

LINEで気軽に相談OK!

LINE LINEで相談する
QRコード

QRコードを読み取ると、LINEで気軽にご相談が可能です!