富山県の有料老人ホーム

介護のほんねでは、「ケアプラザ虹の丘三郷」、「北の杜」、「虹の丘たてやま」をはじめとした、富山県の老人ホームを掲載中。そのなかでも有料老人ホームの条件に当てはまる施設は66件あります。ご本人とご家族で話し合ってどの条件を一番大事にするかなど、優先順位を付けながら様々な条件で検索してみてください。

市区町村を選択

路線・駅を選択

富山県の市区町村からさがす

路線・駅を選択

JR西日本からさがす
JR東海からさがす
富山地方鉄道からさがす
万葉線からさがす
あいの風とやま鉄道からさがす
入居費用・月額費用を選択

入居費用・月額費用を選択

月額費用
入居費用
施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類・介護度・空室状況を選択

施設の種類
施設の特徴
介護度
空室状況
施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

施設の設備・体制・受け入れ条件を選択

受け入れ体制
施設設備・ルール
入居詳細条件

検索結果 66

条件付きで見学可 ※2021年03月25日情報更新

株式会社日本エコ・ケア・サービス

  • 空室状況
    残り 合計2
    08/18更新
  • 費用
    月額費用
    10.6 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

有限会社セルフケアサポート

  • 費用
    入居費用
    10.5 万円
    月額費用
    13.0 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5

株式会社日本エコ・ケア・サービス

  • 空室状況
    残り 合計1
    08/04更新
  • 費用
    月額費用
    10.3 10.8 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    入居費用0円

有限会社タイアップ

  • 費用
    入居費用
    5.0 万円
    月額費用
    7.7 9.0 万円
  • 住所

株式会社サンウェルズ

  • 費用
    月額費用
    12.2 26.8 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要介護1-5
    入居費用0円

有限会社セルフケアサポート

  • 費用
    入居費用
    10.5 万円
    月額費用
    12.5 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5

有限会社セルフケアサポート

  • 費用
    入居費用
    10.5 万円
    月額費用
    12.0 万円
  • 住所
  • 入居条件
    要支援1-2 要介護1-5
    二人部屋あり

株式会社フールケア大地

株式会社フールケア大地

株式会社フールケア大地

株式会社フールケア大地

株式会社コロネット(富山県)

医療法人社団城南会

  • 費用
    月額費用
    16.8 34.1 万円
  • 住所
  • 入居条件
    自立 要支援1-2 要介護1-5
    生活保護相談可

株式会社コロネット(富山県)

株式会社コロネット(富山県)

株式会社コロネット(富山県)

社会福祉法人海望福祉会

富山県の老人ホーム・介護施設について

富山県は本州の中央北部に位置する県です。世界遺産に登録されている五箇山(ごかやま)などの美しい自然に恵まれた地域です。こちらでは、富山県内での高齢者の暮らしについてご紹介します。

富山県の特徴

富山県庁(Wikipediaより)

富山県の総人口は103万4,670 人です。65歳以上の高齢者人口は33万5,566人高齢化率は32.4%になっています(2020年10月1日現在)。 富山県の面積は4,247.58㎢です。10市・4町・1村の自治体で成り立ちます。県内は4つのエリアに分けられ、各地域に属する主な自治体は以下のとおりです。

地域名 自治体数 自治体名
黒部・宇奈月エリア 4 黒部市・魚津市・入善町・朝日町
富山・滑川・立山エリア 5 富山市・滑川市・上市町・立山町・舟橋村
高岡・氷見エリア 4 高岡市・射水市・氷見市・小矢部市
砺波・五箇山エリア 2 砺波市・南砺市
参考:富山県「 人口移動調査」「富山県高齢化の推移及び現状」「県のプロフィール」「エリアで探す」「富山県の人口と世帯

富山県の魅力

富山県の魅力の1つが豊かな「自然」です。黒部ダムや富山黒部アルペンルート、雪の大谷など、季節ごとに見どころがあります。3,000m級の山々が連なる立山連峰から、水深1,000m以上の富山湾と高低差4,000mの地形となっており、山々から深い湾を描くような平野が広がっています。

変化に富んだ地形から、植生自然(人間の手が加わっていない自然)の比率が本州では最も高く、動植物が残っている環境です。他にも全国的に有名な名所が多くあります。日本最大級のスケールを誇る黒部ダムや日本で最も深いV字峡の黒部峡谷を渡るトロッコ列車、合掌造り集落で世界遺産にも登録された五箇山が有名です。

なお富山湾は、国内発生頻度ナンバー1の蜃気楼や世界最古の海底林、ホタルイカ漁などで知られています。水深が1000m以上ある富山湾は「天然のいけす」と呼ばれており、ブリやシロエビなど、四季折々の新鮮な食材が楽しめるのも魅力です。

富山県の主要な駅・市役所・地域包括支援センター

富山県の主要な駅

富山県には、JR西日本高山本線や北陸本線、氷見線、富山地鉄本線などの鉄道が通っています。乗降客数1位は「富山」駅で、1日平均2万人以上が利用しています。そのほか城端線・氷見線・あいの風とやま鉄道を接続する「高岡」駅や、富山地鉄本線の「電鉄富山」駅なども乗降者数の多い駅です。

富山県の市役所

富山県内でも人口が多い富山市、高岡市、射水市の役所の住所、アクセス、要介護認定の申請先について紹介します。

市役所名 所在地・アクセス・ホームページ
富山市役所 ● 所在地:富山県富山市新桜町7-38
● アクセス:「市役所前」バス停の目の前
● 要介護認定の申請窓口:介護保険課窓口、行政サービスセンターの地域福祉課窓口
● ホームページ: 富山市
高岡市役所 ● 所在地:富山県高岡市広小路7-50
● アクセス:加越能バス「高岡市役所前」バス停の目の前
● 要介護認定の申請窓口:高齢介護課、各支所(戸出・中田・伏木・福岡)
● ホームページ:高岡市
射水市役所 ● 所在地:富山県射水市新開発410-1
● アクセス:「市役所前」バス停からすぐ
● 要介護認定の申請窓口:介護保険課
● ホームページ:射水市

富山県の地域包括支援センター

地域包括支援センターは、介護・医療・保健・福祉といった高齢者に関する悩み事を無料で受け付けている機関です。「高齢者の総合相談窓口」「介護予防マネジメント」「権利擁護」「ケアマネジメント支援」などを業務として、各エリアに設置されています。

保健師や社会福祉士、主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)などが相談ごとに対して解決策を提示してくれます。富山県内15の市町村すべてに、合計61カ所の地域包括支援センターが設置されています。

参考: 富山県「検索結果(地域包括センター検索)」

富山県のイベント

おわら風の盆(Wikipediaより)

富山県内で毎年恒例となっているイベント・お祭りを紹介します。

「越中八尾 おわら風の盆」は、300年もの間、踊り継がれてきた伝統の祭りです。毎年9月1日~3日にかけておこなわれ、坂が多い町を無言で踊り子が躍ります。

「高岡七夕まつり」は、高岡市で8月に開催。「高岡」駅前の交差点から続くジャンボ七夕は高さ約25m。約1,000本の七夕飾りで彩られます。また、土日には歩行者天国になります。

老人ホーム・介護施設の中には従業員が同伴しながらお祭りに参加できる場合もあります。


富山県の高齢者支援制度

富山県が展開する高齢者の支援制度をご紹介します。

介護予防自主活動への取り組み(高岡市)

高岡市では、独自の体操プログラム「高岡はつらつストレックス体操」を開発.。高齢者に向けた安全で効果の高い運動を推進しています。運動継続の必要性と同時に、地域の連帯を強化することで些細な変化に気付ける環境作りが目的です。

誰でも簡単に覚えられる体操プログラムで、椅子に座ったまま体を動かせるようになっており、健康づくりをしながら介護予防ができます。

参考:高岡市「高岡はつらつストレックス体操

緊急通報装置サービス(南砺市)

南砺市では、高齢者等緊急通報体制整備事業として24時間通報できる「緊急通報サービス」をおこなっています。高齢者が日々の生活で感じる不安を解消する目的があり、健康状態や身体状況などの理由から日常生活に支障がある方が対象です。

65歳以上の一人暮らし、または70歳以上のみの世帯、身体障がい者手帳1級または2級のみの世帯の方が利用できます。利用者は毎月400円(税抜)の負担が必要ですが、緊急時にスムーズな連携ができるので活用してみましょう。

参考:南砺市「緊急通報装置サービス

除雪支援事業(黒部市)

黒部市では、一戸建ての住宅に住む所得税非課税のおおむね65歳以上の一人暮らし、または高齢者のみの世帯に対して、除雪費用の助成をおこなっています。雪が降る地域ならではの支援制度であり、除雪事故の減少や負担軽減が目的です。

助成金額は屋根の助成1回2万5,000円まで、家屋周辺の除雪1回1万円までです。1冬季2回まで利用できるので、除雪に苦労している方は利用してみましょう。

参考:黒部市役所「高齢者の福祉

富山型デイサービス

富山型デイサービスとは、幼児から高齢者まで年齢や障害の有無に関わらずデイサービスを受けられる事業所です。従来のデイサービスとは違い、高齢者と身体障害者だけだった介護保険指定のデイサービスが、知的障害者と障害児まで受け入れ可能になりました。

1993年に富山型デイサービスである「このゆびとーまれ」が開設され、現在では県内で120カ所以上運営されています。富山県発の既存の縦割り制度にはない、地域に密着した柔軟な福祉サービスは全国へ広がっています。

参考:富山県「とやまの地域共生 と山形デイサービス 20年のあゆみとこれから

富山県で見つからない場合は周辺エリアで探してみる

希望の施設が見つからない場合は周辺の地域まで視野を広げてみましょう。富山県は新潟県長野県岐阜県石川県に隣接しています。

有料老人ホームってどんな施設?【入居前に知っておくこと】

ここでは有料老人ホームへの入居をお考えの方に向けて「見学前に確認しておきたい有料老人ホームの特徴」をご紹介します。

「有料老人ホーム」とひと言でいっても、利用者の状態や必要なサービスに合わせて以下の3種類があります。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

なお、介護付き有料老人ホームは「介護専用型」「入居時自立型」「混合型」の3つに分かれます。ですので細かく分割すると5種類があるのです。」

有料老人ホームの入居条件は満たしていますか?

今後、入居をお考えの場合、前提として入居条件を満たしておく必要があります。有料老人ホームでも種類ごとに入居条件が違いますので、あらかじめ把握しておきましょう。ただし民間が運営する有料老人ホームでは詳しい入居条件は施設によってまちまちです。気になる施設がありましたら連絡をしましょう。

介護付き有料老人ホームの入居条件

介護付き有料老人ホームは3種類の施設形態に応じて入居条件が違います。詳しくは施設に問い合わせることをおすすめします。

住宅型有料老人ホームの入居条件

住宅型有料老人ホームは「原則65歳以上」「自立~軽度の要介護」の方となっています。要介護度に関しては施設によってばらつきがあります。

健康型有料老人ホームの入居条件

健康型は住宅型よりも更に軽度の方が入居する施設です。「60歳以上」「自立か要支援」が入居条件になっている施設が多くあります。

ただし健康型有料老人ホームは平成25年に公益社団法人全国有料老人ホーム協会が発表した「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書」によると全国に16件しかありません。ですので、希望のエリアで運営されている場合を除き、候補外にしておいてもいいでしょう。 参考:公益社団法人全国有料老人ホーム協会「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書

3種類の有料老人ホームの特徴を把握していますか?

有料老人ホームの特徴をご紹介します。あらかじめ特徴を知っておくことでスムーズにに希望の施設を選べます。入居後に「イメージと違った……」と後悔することがないように、あらかじめ把握をしておきましょう。

介護付き有料老人ホームの特徴

介護付き有料老人ホームには3種類ありますので、それぞれについて特徴をご紹介します。

入居時自立型

介護付き有料老人ホームのなかでも、最も介護の必要性が低い方を対象にしています。介護職員が比較的少なく、身の回りのことを自分で解決できる方が多く入居しているのが特徴です。

介護専用型

反対に要介護1~5にあたる方のみが入居できます。介護職員の数も多く、リハビリの体制などが整っている施設です。

混合型

入居時自立型と介護専用型の両方の特性を兼ねた施設です。自立から要介護まで幅広い方が入居しています。

介護付き有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

住宅型有料老人ホームの特徴

原則65歳以上で自立~軽度の要介護の方が入居しています。施設側のサポートは身の回りの生活の介助にとどまっており、介護サービスは外部の事業者と別で契約をする必要があります。

住宅型有料老人ホームについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

有料老人ホームのメリット・デメリット

具体的に他の施設タイプと比較して、どのようなメリット・デメリットがあるのかについて紹介しましょう。

介護付き有料老人ホームのメリット

介護付き有料老人ホームのメリットは「24時間介護士が常駐していること」です。夜間や早朝でも安心して生活できます。またすべての施設が「特定施設入居者生活介護」に認定されているので定額で介護サービスを使い放題です。

介護付き有料老人ホームのデメリット

介護付き有料老人ホームは住宅型に比べて費用が高くなる傾向にあります。介護サービスをはじめ、施設ごとにさまざまなサービスを提供していることから、費用がかかってしまうのです。

住宅型有料老人ホームのメリット

住宅型有料老人ホームは介護付きに比べて自立、要支援の入居者が多いため、交流が活発になる傾向があります。また費用も介護付きと比べると安価で済むのが魅力です。

住宅型有料老人ホームのデメリット

介護付き有料老人ホームの場合は介護サービスが料金に含まれていますが、住宅型有料老人ホームでは外部事業者との契約が必要になります。また要介護度が重くなった場合は、退去を余儀なくされる可能性もあります。

有料老人ホームの費用相場

有料老人ホームには入居時費用月額費用がかかります。介護付き、住宅型、健康型の費用の相場は以下の表の通りです。なお、ここで紹介する金額はあくまで目安になります。実際はもちろん施設によって大きく違いますので、お問い合わせください。

入居時費用 月額費用
介護付き有料老人ホーム 0~数億円ほど 15~35万円ほど
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円ほど 10~30万円ほど

なお、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの費用については以下の記事で詳しく紹介しています。

有料老人ホームの入居前に3種類の違いを知ることが重要

これから有料老人ホームの入居をお考えの方は、まず3種類の違いを把握しておきましょう。そのうえでご自身の状況、ご要望にフィットする施設を探すことが大事です。

もし希望の施設が見つからない場合は、有料老人ホーム以外の施設も探してみてください。介護のほんねではグループホームサービス付き高齢者向け住宅なども検索できます。

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

無料入居相談室

お困りの方はいつでも
お気軽にご相談ください

お困りの方はいつでもお気軽にご相談ください

施設の探し方や介護に関するご質問など、プロの相談員が施設探しをサポート致します!

LINE で無料入居相談

LINEで気軽に相談OK!

LINE LINEで相談する
QRコード

QRコードを読み取ると、LINEで気軽にご相談が可能です!