特別養護老人ホーム しょうじゅの里三保の口コミ・評判 いらっとまん(女性/50代)

1.7
いらっとまん

経営者の見栄が激しい施設。

いらっとまん(女性/50代)

居室/設備

1.0
居室は普通です。 一人一人独立した部屋が用意されています。 家具などの持ち込みもある程度はOKです。 冷蔵庫や加湿器など、個々が好きなものを持ち込めますが 毎月見合っていない電気料金がとられます。 鍵がかかるようにはなっていますが、 普段は排泄の臭いの為にあけてあるため 盗難がありました。 施設側は保障しない、 警察には言わないでくれと言われ困惑しました。 廊下の電気は、普段すべて消されていてとても暗いです。 見学の人がくる、行政の人がくる、 そんなときだけ明るくて危ないです。 バリアフリーではありますが、 床もボコボコしていて危ないです。 お風呂は、介護者の人数が足りないからという理由で 入れない時があります。 おしぼりも、布から紙になりました。 牛乳も、安いメーカーに変更。

行事/イベント

1.0
各ユニットの担当者により、 だいぶ差があります。 マメじゃない担当者だと、つまらない行事ばかりです。 年に1度、お祭り(しょうじゅ祭)がありますが、 全くつまらないものです。 外から呼ぶ出し物も年々わびしいものになっています。 経営者の満足しか感じません。

費用/価格

1.0
高いわりにへんなところで節約されて、 わりに合わないと感じます。 食事も貧相だなあと感じます。 持ち込み家具の 電気代などはしっかりとられます。 認知症の人が館内でちょっとしたお菓子を買うなどように、 お金を受け付けに預けますが、 預けるときにもお金がかかります。 また、お金の管理もずさんで、 料金をよく間違えられるため 明細をしっかり見ないと損します。

料理/食事

2.0
食事の内容は貧相で、味付けは濃いめです。 塩分調整が考えられているのかほんとうに疑問です。 ご飯とみそ汁は各ユニットの担当者が交換で作る為、 本当にしょっぱい味噌汁でびっくりします。 握り寿司、クリスマスケーキなど、 季節によって工夫はされています。 食事の介助は乱暴なスタッフにあたると最悪です。 時間を早く終えたい担当者がぐいぐい食事を押し込んでいるのを目撃し、 ぞっとしました。 いろいろな病気を抱えた人がいますが、 お世話をしてくれる方の知識はほぼないに近いです。 病気の方用の余った食事を、 別な方に分けようとしたりしており、 ケアマネさんに叱られていました。

施設の雰囲気

2.0
スタッフの方は一生懸命ではありますが、 仕事がきつすぎるのか、すぐにやめてしまいます。 名前を覚えるといなくなった・・・、という感じです。 世話をする方も、若いか年配(60~70代)かのどちらかで極端。 各リーダーも自己主張が激しかったり、 すぐ変わったりで、リーダー格は名ばかりでしょう。

介護/看護/医療体制

2.0
看護師のレベルが低く、薬を何度か忘れられたり間違えられたり。 下剤を目薬と間違われたこともありました。 本当に怖いです。 入居者が病気になったとき、 看護師のほうが慌ててしまい、 わたしたちに連絡してきた電話の内容がよくわかりませんでした。

周辺環境/アクセス

3.0
山の中にあるので、アクセスは大変です。 送迎バスがあるので、数は少ないですが近くの駅から乗ることはできます。

その他

0.0
日常生活は自由だと思います。 良い意味で干渉しない。 悪い意味で、もうちょっと見ないと危ない人も見ない。 お酒やたばこも個人に任せています。
特別養護老人ホーム しょうじゅの里三保 に戻る

特別養護老人ホーム しょうじゅの里三保 の施設詳細

建物・設備詳細

施設名称

特別養護老人ホーム しょうじゅの里三保

敷地面積

-

施設種別

特別養護老人ホーム

延床面積

-

施設所在地

神奈川県横浜市緑区三保町171-1

入居定員

170名

建物構造階数

-

居室総数

180室

開設年月日

2005年04月01日

居室面積

16.0m²

介護事業所番号

1473300877

居室設備

-

共用施設設備

-

運営事業者名

運営者所在地

-