神奈川県住宅供給公社の介護施設一覧

神奈川県住宅供給公社 について

神奈川県住宅供給公社は、住民の生活の安定と社会福祉の増進への寄与を目的として住宅供給などの事業を行っており、高齢者向け住宅の供給もその一つです。平成元年に(財)シニアライフ振興財団を設立、高齢者向け住宅事業へ着手しました。2016年現在はケア付高齢者住宅「ヴィンテージ・ヴィラ」シリーズ、介護専用型施設「トレクォーレ」シリーズ、高齢者向け優良賃貸住宅「ヴィアンフォーレ」シリーズ、サービス付き高齢者向け住宅「コンチェラート相武台」という4タイプの事業を運営しています。

事業者名 神奈川県住宅供給公社
施設区分 有料老人ホーム, サービス付き高齢者向け住宅
入居費用 4,060.0 万円 〜 4,630.0 万円
月額費用 12.8 万円 〜 13.6 万円
展開ブランド --
代表者名 --
設立年月日 --
所在地 --
公式ホームページ --
表示項目

神奈川県住宅供給公社の特長


  • 神奈川県住宅供給公社
    神奈川県住宅供給公社

    "住民の安定した生活を提供し、社会福祉の増進へ貢献する"

    居室/設備

    ケア付高齢者住宅は約33~62平米、介護専用型施設は約14~16平米です。サービス付き高齢者向け住宅は1人部屋で約23平米、2人部屋で約30平米。トイレ、エアコン、収納を備え、施設によってはキッチンも用意されています。

神奈川県住宅供給公社の口コミ・評判


  • handa03 (女性/30代)
    施設との関係:親族が利用している/していた | 関係した時期:2012年

    "24時間体制で安心できます"

    居室/設備

    4

    フロントなどの共用スペースはとても広々としていて、お見舞いに行くときも、ホテルのようで、子供と一緒でも、気兼ねなく立ち寄ることができます。

料金プラン価格帯について

神奈川県住宅供給公社の老人ホーム・介護施設  6

神奈川県住宅供給公社の老人ホーム・介護施設

6件 を表示中

並び替え