吹田市の老人ホーム・介護施設一覧

介護のほんねでは、「ここち江坂」、「メディカル・リハビリホームくらら吹田」、『一人一人の自宅として生活できるところ』と評判の「そんぽの家 万博公園(旧名称:アミーユ万博公園)」をはじめとした、大阪府/吹田市の老人ホームを192件掲載中。

路線・駅からさがす

駅からさがす

吹田市の駅からさがす

病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

施設設備・ルールからさがす

介護度

吹田市の老人ホーム・介護施設一覧 192

ここち江坂

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

メディカル・リハビリホームくらら吹田

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

そんぽの家 万博公園(旧名称:アミーユ万博公園)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

プレザンメゾン吹田(旧名称:たのしい家吹田)

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

スーパー・コート吹田山手

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ラビアンローズ千里山

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ルナハート千里 丘の街

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

グッドタイム リビング 南千里

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

グッドタイム リビング 千里ひなたが丘

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

そんぽの家S 千里山東(旧名称:Cアミーユ千里山東)

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

そんぽの家S 万博公園Ⅱ(旧名称:Cアミーユ万博公園Ⅱ)

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

パーマリィ・イン緑地公園

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

住宅型有料老人ホームおるそ

住宅型有料老人ホーム 入居支援金対象

豊津マイファミリー

有料老人ホーム 入居支援金対象

千里山マイファミリー

有料老人ホーム 入居支援金対象

シルバーリビング江坂

有料老人ホーム 入居支援金対象

ベルパージュ千里けやき通り

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

コミュニティホーム あんり吹田

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

はっぴーらいふ吹田

有料老人ホーム 入居支援金対象

こだわり条件

シャンテ南吹田(旧名称:ピースフリー南吹田)

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

会員登録は
お済みですか?

施設の口コミが見られるほか、おさがしの条件を登録しておくと、介護のほんね入居相談員が無料で施設さがしをサポートいたします!

会員登録する

吹田市の介護施設・老人ホームの特徴

吹田市は大阪府の北部に位置し、北は箕面市、東は茨木市および摂津市、南は大阪市、西は豊中市に隣接し、総人口は約37万人。北部はなだらかな千里丘陵地が占め、南部は淀川などから運ばれた堆積物により形成された平地が広がる形状です。関西圏の高速道路の要所となるジャンクションやICがあり、JR駅や空港からも近く、市内は幹線道路が巡り、交通の便に優れています。また、市内には6つの大学や研究機関があり、大学病院、
先端医療施設、国内有数のバイオサイエンス研究機関と医療・研究施設が充実。万博記念公園内の太陽の塔と、ガンバ大阪のホームタウンとしても知られます。豊富な水と水質の良さから生まれた「吹田くわい」が名産で、くわいを使った焼酎があります。
吹田市はかつて大阪万博が開催された場所で、大阪市のベッドタウンとして発展してきた経緯があり、市内には住宅団地が多く建設されています。介護施設は入居費用が数千万円の高級有料老人ホームから、入居費用0円で月額費用10数万円の有料老人ホームまで、幅広い価格帯から選べます。リーズナブルな介護施設でも、プライバシーが保たれ、自宅のように過ごせるなど、口コミの評価が高い施設が多いのが特徴です。比較的、施設選びがしやすいエリアと言えます。吹田市では寝具乾燥消毒サービスを行っています。概ね65歳以上で、ひとり暮らしや寝たきりなどの状態にあり、自分で寝具を干すことが困難な方などが対象。寝具一式の乾燥消毒サービスを月に1回行い、8月と1月を除き、年間10回まで利用できます。利用料は生計中心者の所得税額に応じて、自己負担額が決まり、税額により0円、210円、430円、1750円と異なります(2017年6月現在)。