新着記事

シノヅカヨーコ

シノヅカヨーコ

生涯未婚率の上昇や少子化が進む今、「一人介護」に陥るリスクを抱える人が増えています。もし一人で介護を負担しなければならなくなった場合、どのようなことが起こるのでしょうか。
ロビン

ロビン

家族に介護の必要性がでてくると心配になるのが、病院や介護施設への送迎の手段。車の免許をとって備えるべきか、介護タクシーなどを利用するべきかなど、ケースによって異なる免許の必要性について紹介します。
横尾千歌

横尾千歌

昨年から不定期でお送りしている日本の未来を本気で考えてみるシリーズ。#5では介護職の専門性を切り口に、よりよい介護とはなにかを考えました。第6回目である今回は、少し話題を変え、幸せな老後とは何かについて考えてみたいと思います。
深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

「本態性振戦」って言葉はご存知ですか?日常でもよく見かける「ふるえ」のことです。
深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

3月17日(木)介護ラボしゅう主催の「ロボットと考える未来の介護」に行ってきました。
佐久間 理央

佐久間 理央

親や身近な人が老いていくという現実から目を背け続けていると、いざという時の対処が遅れてしまうかもしれません。
深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

「マッスルスーツ」は、物流や介護など重労働の負担を軽減するために開発されました。今回は、総販売元の株式会社イノフィスさんにお邪魔し、マッスルスーツを体験させてもらいました。
川内潤(NPO法人となりのかいご代表)

川内潤(NPO法人となりのかいご代表)

大田区で展開されている「みま~も」という取り組みについて、発起人である澤登久雄さんにお話を伺いました。
佐久間 理央

佐久間 理央

核家族化が進む中で、老いや死が、身近なものとして感じられていない気がします。
横尾千歌

横尾千歌

介護はどうなる?日本はどうなる?5回目は介護職の専門性について考えていきたいと思います。

閲覧数ランキング

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。