まとめ

低価格プランありのホーム4選! 年金生活でも入居できる

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅のなかには、非常に高額な施設もあります。実際に高級な施設だと入居費用に数千万円がかかることもあるのです。とはいえ、比較的安価な特養や老健、グループホーム、ケアハウスへの入居を希望しても、人気が高くすぐに入居できないことも……。そこで今回は、低価格プランがある有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅を紹介します。低価格プランの施設を選ぶ際の注意点、見学時のチェックポイントについても解説していますので、参考にしてみてください。

低価格プラン

老人ホームは高価格から低価格までさまざまな金額帯がある

冒頭で解説した通り、老人ホームの価格帯はさまざまです。施設形態によっても違いますので、施設形態別の相場を次の表にまとめてみました。

施設形態別の相場費用(介護のほんね調べ)
施設の種類 相場費用 入居条件
介護付き有料老人ホーム 入居費用:0~数億円
月額費用:15万~35万円
自立~要介護5
※施設によって異なる
住宅型有料老人ホーム 入居費用:0~数千万円
月額費用:10万~30万円
自立~要介護5
※施設によって異なる
サービス付き高齢者向け住宅 入居費用:0~数千万円
月額費用:10万~30万円
自立~要介護5
※施設によって異なる
グループホーム 入居費用:0~数十万円
月額費用:10万~20万円
要支援2以上
認知症診断有、住民票
ケアハウス
(軽費老人ホームC型)
入居費用:数十万~数百万円
月額費用:15万~35万円
自立~要介護5
特別養護老人ホーム 入居費用:0円
月額費用:6万~15万円
要介護3以上
介護老人保健施設 入居費用:0円
月額費用:10万~15万円
要介護1以上

なお、介護のほんねでは「入居費用100万円以下」かつ「月額料金17.5万円以下」のプランがある施設を低価格プランありのホームとしています。

低価格プランありのホームはこんな方におすすめ

初期費用・月額費用を抑えたい方

低価格プランありのホームは、初期費用・月額費用を抑えたい方におすすめです。

老人ホームに入居するうえでかかる費用としては主に「初期費用」「月額費用」があります。ホームによっては、初期費用が0円のプランや月額費用を15万円以下に抑えられるプランがあります。

高級施設からリーズナブルな施設まで、老人ホームの数だけ支払いプランも多様といえます。現在の資産と収入に合ったホームを見つけることも可能です。

特別養護老人ホームの入居を待機している方

特別養護老人ホームは、地域によって差がありますが、申し込みから入居まで1年以上がかかることもあります。待機している間に、低価格プランのホームに入居しておくのもいいでしょう。

低価格プランありのホーム、見学時のチェックポイント

低価格プラン

初期費用がいくらかかるのか

まずは入居時に支払う初期費用について確認します。施設形態により種類が異なりますので確認しておきましょう。

有料老人ホームは「入居一時金」

有料老人ホームの初期費用は「入居一時金」が必要となります。入居一時金は一定期間の家賃を前払いして支払う費用のことです。入居一時金をしっかり支払うことで月額費用を抑えられる仕組みになっています。

「初期費用=数カ月分の前払い金」であるため、前払いする期間や月額料金によって、金額に差が開くのです。なお、入居一時金0円のプランを用意しているホームもあります。

サービス付き高齢者向け住宅は「敷金」

サービス付き高齢者向け住宅の場合は入居時に「敷金」を支払います。賃貸住宅と同様に、未払いに備えた保証金のようなものです。初期費用0円のホームも存在します。

月額費用の内訳を確認する

月額費用の内訳は、施設形態によって違います。

介護付き有料老人ホームの場合は、一般的に住居費・食費・管理費・介護サービス費などが含まれます。また、定額の月額費用とは別に、上乗せ介護費おむつ代などの消耗品も必要に応じて支払います。

なお、住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅には、介護サービス費が含まれていません。生活の介助などを受けたい方は、別途で外部の事業者と契約する必要があります。月額費用とプラスして、介護サービス費がかかることを覚えておきましょう。

落ち着いて暮らせる環境か

低価格プランのホームはたくさんありますが、ホームによって雰囲気や魅力はそれぞれです。入居する本人が落ち着いて暮らせそうな住まいか、施設へ直接足を運んで確認してみましょう。特に清掃が行き届いているかどうかはスタッフのレベルを見極めるうえでも重要です。

スタッフの雰囲気はどうか

低価格プランを提供している施設には限らない話ですが、働いているスタッフの表情や挨拶を見てください。スタッフが足りてない施設では、日々の声掛けなどに気を配ることが難しいかもしれません。

なお重要事項説明書にて「人員配置」「経験年数に応じた職員の人数」などを確認してもいいでしょう。経験年数が長い職員が多いホームは、働きやすい環境ともいえます。

緊急時の対応方法を確認する

もしもの事態についても確認します。例えば夜中に倒れた場合「医療連携はできているのか」「どういったフローでスタッフが異変に気づくのか」など事前に聞いておきましょう。低価格プランでありながら、安心・安全面にも妥協しないホームを選んでください。

低価格プランありの老人ホーム4選

低価格プランありの老人ホームを4選ピックアップしました。入居を検討している方は参考にしてください。

そんぽの家S 府中南町

そんぽの家S 府中南町

京王線・JR南武線「分倍河原」駅が最寄りの「そんぽの家S 府中南町」は、大手介護事業者であるSOMPOケア株式会社が運営しているサービス付き高齢者向け住宅です。「そんぽの家S」シリーズは、もしもに備えて24時間スタッフも常駐しています。

そんぽの家S 府中南町の口コミ

教育訓練が行き届いており、基本動作がしっかりとしている。従業員には笑顔があり、生き生きと働いているように感じられました。費用も内容を考えれば割安である。特別な資産がなくても、入居できる水準だと思う。

特別な資産がなくても、不安なく暮らせることは大切なこと。研修に力を入れている法人なのでスタッフの対応も安心できます。

施設の詳細はこちら:そんぽの家S 府中南町

すこや家・志木

すこや家・志木

すこや家・志木は、埼玉県志木市の閑静な住宅街にあります。運営会社は、警備会社「ALSOK」のグループだから、セキュリティ面でも安心です。埼玉・東京・神奈川に、約190の事業所を展開しています。

すこや家・志木の口コミ

近くにクリニックがあり、訪問診療も可とのことで便利です。費用は、一時金が不要なのが助かります。月額もリーズナブルです。」

初期費用(入居一時金)が不要であることは、入居時に大きな負担がなくてうれしいポイントです。 医療ケアが受けられやすい環境かどうかも、入居前にチェックしておきましょう。

施設の詳細はこちら:すこや家・志木

はなことば三浦

はなことば三浦

介護付き有料老人ホームの「はなことば三浦」は、神奈川県三、浦半島近くの心地よいロケーションにあります。プラウドライフ株式会社は、首都圏・新潟・東北エリアを中心に「はなことば」シリーズを展開。レクリエーションも充実しているホームです。

はなことば三浦の口コミ

あたたかみを感じる施設です。入居前に費用の充分な説明が有り、実際の金額と相違がなかった。

充分な説明があり、納得して入居することがいちばんですね! 介護施設の費用は複雑なので分からないことがあれば質問してみましょう。

施設の詳細はこちら:はなことば三浦

あずみ苑グランデ土浦

あずみ苑グランデ土浦

「桜土浦」ICから約5分の立地にある住宅型有料老人ホーム「あずみ苑グランデ土浦」を運営するのは、不動産の賃貸事業で有名な株式会社レオパレス21。「あずみ苑」のコンセプトは、入居者の“第二のわが家”です。関東・中部エリアを中心に70施設以上を運営しています。

あずみ苑グランデ土浦の口コミ

一ヶ月の入居費用は10万円から。食費は別途支払いが発生していましたが、介助者の方がついていて、普段の生活を見ていただいての値段なので良いかと思います。

サービスの価格に満足していただけているようです。別途支払いが必要なものも事前に確認しておきましょう。

施設の詳細はこちら: あずみ苑グランデ土浦

経済的に安心できる低価格プランの老人ホームを探そう

近年、老人ホームの増加や競争激化によって、金銭的なハードルが低い施設も増えてきています。

介護のほんねでは「入居一時金100万円以下」かつ「月額料金17.5万円以下」である低価格プランの老人ホーム・介護施設をまとめました。

この記事の寄稿者

井上薫

介護のほんねニュース編集部。
認知症サポーターです。介護に関する今話題のトピックや疑問を、分かりやすくお届けします。