インタビュー

【後編】“一歩先”を行くおもてなしとは トラストグレイス御影の倶楽部コンシェルジュがいる暮らし

神戸の山手にあるサービス付き高齢者向け住宅「トラストグレイス御影」のインタビュー後編です。自立の方が大半を占める住まいですが、介護が必要になった際はどのような生活を送るのでしょうか。介護や医療などの安全面に関して、引き続き総支配人の鉢田さんにお話を伺いします。

総支配人の鉢田さんと神戸の眺望 総支配人の鉢田さんと神戸の眺望

阪神間屈指の高級住宅地である御影(神戸市東灘区)にある「トラストグレイス御影」での暮らしぶりを紹介します。前編では、コンシェルジュのきめ細かいサポートやホテルのような住環境など、豊かな暮らしを垣間見ることができました。

お元気な方が多いシニアレジデンスですが、介護が必要になった場合はどのように対処しているのでしょうか。インタビュー後半も総支配人の鉢田伸二(はちだしんじ)さんに、介護や医療体制についてお話を伺います。

「介護棟」がある安心感

──ほぼ自立の方ということで、介護が必要になれば退去しなければいけないのでしょうか?

トラストグレイス御影一般棟はサービス付き高齢者向け住宅ですが、同じ敷地内に介護付き有料老人ホームを併設しています。

介護棟は24時間介護・看護スタッフが常駐していますので、日中夜間と介護のお手伝いが可能です。一般棟でのご生活において、日常的に介護が必要になられたら介護棟に移り住むこともできます。一般棟ご入居時に「グレイス倶楽部」にご入会の会員様は一般棟から介護棟への移り住み時には、追加の初期費用はかかりませんので、費用面も安心です。

介護棟

──「要介護認定を受けたら移動」ということでしょうか?

一般棟で介護認定を受けられても、すぐに移り住む必要はありません。一般棟でもご自宅と同じように介護ヘルパーなどを利用してご生活いただけます。

敷地内にはデイサービスも開設していますので、介護保険を使って必要なサービスをご利用いただけます。

介護棟への移り住みはご本人やご家族のご希望を尊重します。一般棟での暮らしを希望される場合にはできるだけ長くご生活のサポートをし、移り住みをするか否かは費用面や安心面などを総合的に判断します。

── おおよその介護棟へ移動するタイミングを教えてください。

「一般棟のお部屋で安全で快適にお過ごしになれているか。」ということが判断基準です。介護度であれば概ね要介護3の認定が出た方が多いです。夜間の見守りが必須になる、もしくはお部屋で転倒することが多くなった、外出をすると一人で施設に戻れなくなることがあった方などには介護棟への移り住みについてのお話しをさせていただきます。

介護棟への移り住みされる方は、1年で約10名前後です。現在の介護棟ご入居者の平均年齢は87歳・平均要介護度は2.8程度となっています。

介護棟への移り住みは可能ですが、一般棟の生活を少しでも長く続けていただくためのサービスの充実が“トラストグレイス御影”の特徴でもあります。

──元気でいられる取り組みやサポートはありますか?

グレイス倶楽部のサービスとして、理学療法士が作成する個別プログラムをもとに筋力維持などのトレーニングをトレーナーの指導に基づき、館内のトレーニングルームで週2回1時間程度、受けていただけます。

また接骨院も敷地内に開設しておりますので、マッサージやリハビリなども可能です。コンシェルジュ・理学療法士・看護師などが連携して、ご入居者の健康づくりをお手伝いします。

マシーンもそろっているトレーニングルーム マシーンもそろっているトレーニングルーム

──接骨院が併設されているんですね。他にも医療面で安心できるポイントを教えてください。

敷地内にはクリニックも併設しています。日々の健康相談から緊急時まで迅速に対応します。また一般棟にも看護スタッフが24時間常駐していますので、夜間などの緊急時にも適切に対応できます。

また、ご退院時に体調が万全でなく、夜間お一人で過ごされるのが不安な方は、一時的に介護棟での静養なども可能です。(※一時静養はグレイス倶楽部会員様特典です。)体調不良時には、看護師やコンシェルジュがきめ細かく対応しますので、ご安心いただけます。

目指すのは「ご自分らしい自由気ままな暮らし」

──ご入居者の1日のスケジュールを教えてください。

トラストグレイス御影は施設ではなくご自宅ですので、スケジュールというのは無いですね。日中はお買い物やお散歩など外出をされる方が多いです。お部屋でパソコンをされて過ごす方やサークル活動に参加される方、ゴルフの練習場に行かれる方などさまざまです。

1日のスケジュール

──神戸の山手は坂が多い街だと思いますが、お出かけは大変ではないでしょうか。

トラストグレイス御影では、各沿線の最寄り駅を結ぶシャトルバスを運行しています。朝5時台~夜8時台まで無料で何度でもご利用になれます。停車駅は阪急六甲駅⇒JR六甲道駅⇒阪神御影駅⇒JR住吉駅⇒阪急御影駅を巡回していますので、三宮や大阪へのお出かけなどにもとても便利です。

また館内にはショップもあり、牛乳やパン、電池など日常生活で必要な物はご用意しています。出張販売として、野菜や和菓子、洋服や眼鏡の販売なども館内で行っておりご入居者にも人気があります。

シャトルバスが運行中 シャトルバスが運行中

──お食事のこだわりがあれば教えてください。

リゾートトラストの料理飲料部門の全面協力のレストランが館内にございます。日々の家庭的なお食事からお祝い事などの特別なお料理まで対応が可能です。館内レストランのご利用は予約やキャンセルのお申し出は必要なく、気ままにご利用になれます。日々のお食事は、管理栄養士がカロリーや塩分計算をした健康にこだわったメニューを毎食2種類作成し、季節の素材を使い盛り付けにもこだわって提供しています。

ご家族やご友人と過ごす特別な時間には、ホテルのような華やかなお料理を料理長が心を込めてご用意します。法事の時には精進料理など、お料理もご入居者のご要望やご予算に合わせた対応をいたします。

味も見た目もおいしいお食事 味も見た目もおいしいお食事

──前半で「ご入居者が言葉にされない潜在的なニーズを掴む」というお話がありましたが、お食事でも何か事例はありますか?

毎日2種類の定食を朝食・昼食・夕食ともにご用意しているのですが、他にアラカルトメニューを数種類ご用意しています。

以前はカレーライス・うどん・丼ぶりなどのメニューでしたが、お酒を召し上がる方に向けてお酒のおつまみや、野菜不足を気にされる方も多いのでサラダを増やすなど、ご入居者の趣味嗜好に合わせてメニューを変化させています。甘いものがお好きな方も多いので、喫茶の時間にはケーキも追加しとても喜ばれています。

今の生活を続けていただくための安心な住まい

──高級施設が多い立地ですが、他の施設にはない強みを教えてください。

神戸は海と山が隣接しているため、高齢者住宅も含めタワー型の高層物件が多いですが、トラストグレイス御影は2万平米という広大な敷地に立つ低層住宅です。このゆったりとした敷地と緑の豊かさは他の施設にはない強みだと思います。

建物はイタリアの建築家による設計で、ガラス張りの場所が多く窓から差し込む光がとても気持ち良くお過ごしになれます。写真ではなかなかスケール感を伝えることができないですが、実際にお越しになると眺望の良さと館内の明るさに皆様驚かれます。

ホテル事業で培ったホスピタリティの質の高さも他施設にはない強みであると自負しております。

──では最後に入居を検討している方に一言お願いします。

トラストグレイス御影は“自宅のように自由で、自宅よりも安心な暮らし”をコンセプトに運営しております。

お元気な時はご自宅のように自由な暮らしを続けていただき、お手伝いが必要な時にはその方に合わせた最適なサービスをコンシェルジュがコーディネートいたします。

介護施設に入るのはまだ早いけれど、今後の生活に不安を持っていらっしゃる方は、ぜひご相談ください。

六甲の名水を備える水盤 六甲の名水を備える水盤

老人ホーム・介護施設の概要
施設名:トラストグレイス御影
事業者名:トラストガーデン株式会社
住所:兵庫県神戸市灘区土山町16-1
トラストグレイス御影の詳細ページ

この記事の寄稿者

井上薫

介護のほんねニュース編集部。
認知症サポーターです。介護に関する今話題のトピックや疑問を、分かりやすくお届けします。

この記事の施設情報はこちら