【後編】「スタッフの力」で心地よさを追求 サクラビア成城の本当の魅力とは?

2020.09.10
サクラビア成城 モデルルーム

小田急線・成城学園前駅の閑静な街並みで、ひときわ目を引く大きな建物が介護付き有料老人ホーム「サクラビア成城」です。お元気な方が多いからこそ、一人ひとりのご自分らしい「安心で快適なシニアライフ」を尊重しているというサクラビア成城。前編では安心と快適を提供するために施設が取り組む試みや医療体制を伺いました。後編では入居者様の生活に直結する「従業員体制」や「サクラビア成城が最も大切にしているポリシー」についてお客様相談室のHさんとYさんにお話を伺います。

原則、介護が必要になってもご自身の居室で快適に(※)

――介護が必要になったらどのような生活になるのか、教えていただけますか?

はい。介護が必要になっても一時介護室に住み替えていただくようなことはしていません。ご自身の居室と一時介護室を併用しながらの生活になります。

――一時介護室の併用とはどういうことですか?

できるだけご自分らしく自立した生活を続けていただくために、住み慣れた居室はいつでも使っていただける状態にしているんです。

例えばほとんどの時間を一時介護室で過ごすようになったとしても、状態が落ち着いている時間帯に1時間でも2時間でも自室で過ごしていただきます。そうすると、見慣れた家具を使えたり懐かしい写真を見れたりと、ご自分らしく過ごせるはずです。

もし自分が「一時介護室に住み替えてください」と言われたらと思うと、やはり寂しい気持ちになりますからね。少しでも前向きな気持ちを持ち続けていただきたいと思っています。

――慣れ親しんだ環境を手放さなくていいというのは魅力ですね。住み替えなくても安心して生活できるような工夫があれば教えてください。

そうですね。旦那様が介護が必要になられたご夫婦の場合だと、日中は奥様とお過ごしいただいて、夜間だけ旦那様は一時介護室で過ごされるというケースもありますよ。

――介護が必要になっても、一人ひとりの事情に合わせて対応されているんですね。

そうなんです。全ての入居者様に決まった生活パターンでお過ごしいただくのではなく、個々のリズムに合わせた生活をしていただいています。やはり、入居者様にとってストレスのない生活をしていただきたいですからね。

※介護依存度が高い場合などは、一時的に施設内の一時介護室への滞在を求める場合があります。

サクラビア成城 1日のスケジュール

サービスの要は「スタッフ」

――ここまで設備の魅力や入居者様の生活についてお伺いさせていただきました。あらためて、サクラビア成城で最も重視されていることは何ですか?

はい、サービスの提供において何よりも大事にしているのは働く「スタッフ」です。入居者様の安心で快適な暮らしを支えるためには、スタッフの力が欠かせません。

サクラビア成城では100名近くの社員が働いています。パートやアルバイトのスタッフも合わせると、総勢180名近くいるんです。人手が多いからこそ、細やかなケアが実現できると考えています。

――なるほど。それを実感できるエピソードはありますか?

ずっと生活されていると、やはりそれぞれのルーティーンができるんです。レストランの席も規定はない。しかし、だいたい誰がどこに座るのかが決まってくる。すると新しい入居者様はそんな暗黙の了解は知らないのでもめてしまうという話を、他の施設様から聞いたことがあります。

サクラビア成城としては、まずそのようなトラブルが起きないようにレストランスタッフがサポートします。レストランのスタッフも大勢いますし、入居者様の食事の時間帯や好みの席なども把握しているんです。

だから、新しい入居者様にさりげなく別のお席をおすすめして、そもそもトラブルが起きるのを未然に防ぎます。これは人の目が十分にあるからこそできることですね。

――スタッフの気配りで入居者様同士のトラブルも防ぐんですね。

はい。スタッフは勤続年数が長いことも特徴です。介護スタッフは10年以上働いているスタッフが1番多いんですよ。結婚・出産しても再び働いてくれるスタッフがたくさんいます。

そうやって長く働くスタッフが多数いることも、サクラビア成城の「スタッフの力」を支えていると思います。

――スタッフの心構えとして、大切にされていることは何ですか?

「お客様にNOと言わない」というのは、スタッフ全員の意識としてありますね。むやみにお断りせず、難しい場合は代わりのご提案をする。この考え方は大切にしています。

心地よさと安心感がサクラビア成城の魅力

サクラビア成城 全景

――サクラビア成城への入居を検討されるのは、どのような方が多いですか?

やはり、元気なうちに将来に備えた安心できる住まいに移りたいという方が多いです。

なかにはご自身が若いときに親御様の介護を経験されたこともあって「子どもに苦労をかけたくない」とおっしゃる方もいます。もちろんお子様がいらっしゃらない方が「将来の安心のために」と住まわれる場合もありますね。

ご自分らしく自由に生活できて、かつ安心できる住まいとしてお選びいただいているのだと思います。

――一人ひとりが快適に、安心して過ごせる環境が魅力なんですね。さまざまなお話をお聞かせいただき、ありがとうございました。最後に、施設をお探しの方にメッセージをお願いします。

施設を検討される方は、ぜひご自分の目でできるだけ多くの施設を見て、実際の雰囲気を確かめていただきたいです。何といってもご自分が住まれる場所ですので、ご自身の目で見て感じることが大切だと思います。

例えば入居者様に対する介護スタッフの割合はわかっても、その他のレストランやアソシエイトといったスタッフの数は分かりません。雰囲気も、パンフレットだけでは伝わりません。

見学に足を運んでいただき、しっかりと納得のいく施設を選んでいただきたいと思います。ぜひ、サクラビア成城にも見学にいらしてください。ご来館を心よりお待ちしております。


老人ホーム・介護施設の概要
施設名:サクラビア成城
事業者名:株式会社プライムステージ
住所:東京都世田谷区成城8丁目22番1号
サクラビア成城の詳細ページ

と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

宮本由季

介護のほんねニュース編集部。
話題のニュースから介護関連キーワードまで、気になるトピックについて解説します。認知症サポーターです。

今週の閲覧数ランキング