川崎市川崎区の老人ホーム・介護施設一覧

介護のほんねでは、「メディカルホームグラニー川崎大師」、「そんぽの家S 川崎観音(旧名称:Cアミーユ川崎観音)」、『行き届いたサービス』と評判の「SOMPOケア ラヴィーレ浜川崎(旧名称:レストヴィラ浜川崎)」をはじめとした、神奈川県/川崎市川崎区の老人ホームを157件掲載中。

路線・駅からさがす

駅からさがす

川崎市川崎区の駅からさがす

病気受け入れ対応・その他

医療ケア・病気受け入れ対応・その他

受け入れ体制からさがす

介護度

川崎市川崎区の老人ホーム・介護施設一覧 157

メディカルホームグラニー川崎大師

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

そんぽの家S 川崎観音(旧名称:Cアミーユ川崎観音)

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

SOMPOケア ラヴィーレ浜川崎(旧名称:レストヴィラ浜川崎)

介護付有料老人ホーム 入居支援金対象

グレイプス川崎新町

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

こだわり条件

ライフコミューン川崎

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

ベストライフ川崎

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

未来倶楽部川崎大師弐番館

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

未来倶楽部川崎大師

有料老人ホーム 入居支援金対象

ライフコミューン川崎 タイムレスフロア

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

フローレンスケアホーム川崎大師(旧名称:ロケアホーム川崎大師、ひまわりホーム川崎大師)

有料老人ホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

リリィパワーズレジデンス貝塚

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

こだわり条件

ココファン川崎京町【2018年12月オープン】

サービス付き高齢者向け住宅 入居支援金対象

エスペランサ川崎

有料老人ホーム 入居支援金対象

かわさきケアセンターそよ風(旧名称:かわさきグループホームそよ風)

グループホーム 入居支援金対象

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

花物語かわさき

グループホーム 入居支援金対象

川崎大師バナナ園

グループホーム 入居支援金対象

グループホームおもとの郷川崎藤崎

グループホーム 入居支援金対象

こだわり条件

グループホーム 川崎下並木の家

グループホーム

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

グループホーム川崎小田の家

グループホーム

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

グループホーム銀木犀<川崎>

グループホーム

入居条件

自立 要支援 要介護

こだわり条件

会員登録は
お済みですか?

施設の口コミが見られるほか、おさがしの条件を登録しておくと、介護のほんね入居相談員が無料で施設さがしをサポートいたします!

会員登録する

川崎市川崎区の介護施設・老人ホームの特徴

神奈川県北東部に位置する川崎市は、多摩川を挟んで東京都と隣接し、横浜市と東京都に挟まれています。JR南武線が市内を縦断し、南武線に交差する形で、5つの私鉄線(京急・東急東横・東急田園都市・小田急・京王相模原)が横断。人口は約150万人で、羽田空港や東京駅、成田空港など国内外のアクセスが良好です。文化・商業施設が充実し、水辺の空間や緑など豊かな自然にも恵まれています。バイオテクノロジーなど学術・開発
研究機関が集積し、外資系企業の拠点が多いのも特徴。産業観光ツアーや工場夜景観光が人気で、地産地消を目指した大型農産物直売所もあります。商業施設や文化施設が多く、交通の利便性が高いことから、東京のベッドタウンとなっている川崎市。老人ホームまでのアクセスも、JRや私鉄駅から徒歩圏内と交通アクセスが良いのが特徴です。有料老人ホームの入居一時金は、0円から数千万円までさまざまですが、月額費用は10数万円から数十万円と、価格帯は比較的高い傾向。立地環境によっては、月額費用が10万円以内の介護施設もあるので、選択肢は確保されていると言えます。川崎市は認知症の人や認知症の疑いがある人、その家族に早期に関わる、「認知症訪問支援チーム」のモデル事業を幸区で先行スタート。医師、看護師、介護支援専門員、地域包括支援センターなどの多職種による連携で、重症化する前に適切な医療や介護サービスに繋げる取り組みで、平成30年度からは全区で本格実施の予定です。また、認知症とともによりよく生きることを実践するガイド版を発行し、認知症関係の講座に活用しています。区の取り組みとして、中原区では昔懐かしい風景写真や古い日用品など、博物館の収蔵品をお年寄りに見せて、脳を刺激し、認知症を予防。宮前区の図書館では、「認知症の人にやさしい小さな本棚」を設置するなど、博物館や図書館が高齢者福祉と連携する動きが見られます。