長崎県の老人ホーム・介護施設【口コミ】

長崎県の老人ホーム・介護施設  1948

市区町村を絞り込む

費用を絞り込む

        

長崎県の老人ホーム・介護施設

1948件中 1〜20 を表示

並び替え

条件を再選択して再検索する

市区町村を絞り込む

こだわり条件を絞り込む

費用
        
最寄り駅からの距離
        
介護度
              
施設区分
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Bookmark on 長崎県の介護施設・老人ホームの特徴

長崎県は、九州の西北部に位置しており、人口は約136万人です。平坦地が少なく、坂や山が多いのが特徴。海岸線は、たくさんの半島や湾、岬などで入り組んでおり、その延長は4184kmと北海道に次ぎ全国2位となっています。また、島の数が多いことも長崎県の特徴で、その数は594にも及びます。ハウステンボスやグラバー園といった観光名所が多くあり、アジなどの海産物や、いちごやみかんなどの農産物、牛肉などの畜産物の生産も活発に行われています。

長崎県全体での人口は、昭和60年以降減少傾向にありますが、それに対する高齢者の割合は増加傾向です。65歳以上の高齢者割合は高齢者割合は29.8%と、全国平均の26.8%を上回っています(平成27年現在)。特に、長崎県は九州の中でも人口減少が進んでいる地域であり、特に長崎都市圏、佐世保都市圏の人口減少が顕著です。これに伴い、高齢化も他県に比べハイペースで進んでいくことが予測されます。

長崎県にある老人ホームなどの高齢者向け施設・住まいの整備状況は全国7位。九州内でも3位となっています。このことから、現時点では、高齢者人口における高齢者向け施設(住まい)の数は多い方であると言えます。しかし、今後高齢化が進んでいくと、入居希望が高まっていくことが予測されます。希望の施設に入居することが困難になる可能性も考えられるでしょう。特に、島村部などは施設数も多くないので、早めに探し始めた方がいいかもしれません。

長崎県は、九州の他県と共に「九州・山口高齢者等見守り共同宣言」を平成27年に出しています。これは、高齢化に伴って増えている孤独死を防ぐためのものです。この宣言に沿って、長崎県内それぞれの地域で各種組織や団体、民間事業者が一体となり、高齢者の孤独死を避けるための取り組みが行われています。例えば、島原市では「島原市高齢者等見守りネットワーク協議会」を設立しており、高齢者の見守り活動を行うと同時に、認知症などへの理解を深めるための講座を開催したりしています。

介護施設を下記の条件で探す