岡山県の老人ホーム・介護施設【口コミ】

岡山県の老人ホーム・介護施設  2296

市区町村を絞り込む

費用を絞り込む

        

岡山県の老人ホーム・介護施設

2296件中 1〜20 を表示

並び替え

条件を再選択して再検索する

市区町村を絞り込む

こだわり条件を絞り込む

費用
        
最寄り駅からの距離
        
介護度
              
施設区分
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Bookmark on 岡山県の介護施設・老人ホームの特徴

岡山県は中国地方に位置し、東は兵庫県、西は広島県に隣接しています。人口は約190万人で、北部は中国山地、南は瀬戸内海に囲まれています。日本三名園の一つである岡山後楽園や岡山城、瀬戸大橋などが観光地として有名。蒜山(ひるぜん)高原は西日本屈指の高原リゾートと呼ばれており、夏も冬も楽しむことができます。グルメでは、ままかり寿司やひるぜん焼きそば、きびだんごなどがあります。特産品としては、マスカット・オブ・アレキサンドリア、ピオーネ、ジャージー乳製品などが知られています。

岡山県の高齢化率は28.6%と、全国平均よりやや高めです。岡山市と倉敷市に県人口の半数以上が集中しており、中北部にあるほとんどの市町村で過疎化・高齢化が進んでいるのが現状です。県内にある27市町村のうち20市町村が、一部指定を含む過疎地域の指定を受けており、これらの地域ではより高齢化が深刻であると言えます。市町村別にみると、吉備中央町、新庄村、久米南町では高齢化率が40%を超えており、他の市町村でも35%前後のところが多く見られます。

ベストライフやツクイといった、東京に本社を置く大手企業の施設があるほか、SOMPOケアメッセージ株式会社が岡山市内に本社を置いて老人ホームを運営しています。老人ホームの数は、人口の集中している岡山市や倉敷市内に多く、過疎化の進む市町村は特に少ない傾向にあります。老人ホームの価格帯としては平均的なところが多く、特別高級であったり低価格帯の施設はあまり多くありません。

岡山県では、2025年までに地域包括ケアシステムを構築することを目指し、「第6期岡山県高齢者保健福祉計画・介護保険事業支援計画」を策定しています。人材確保への取り組みのほか、市町村支援として、医療機関や介護事業所など他機関の連携や、認知症サポート医、認知症サポーターの育成などが内容に盛り込まれています。また、市町村独自でも取り組みを行っています。高齢化率が約38%と高い高梁市の川上地区では、医療・福祉・介護の一体化を図るため、医療センターの敷地内に診療所や介護老人保健施設、訪問看護ステーションなどを1か所に集積。住民の利便性の向上だけでなく、各機関が応援体制をとることでサービスの向上につながっています。

介護施設を下記の条件で探す