宮城県の老人ホーム・介護施設【口コミ】

宮城県の老人ホーム・介護施設  2031

市区町村を絞り込む

費用を絞り込む

        

宮城県の老人ホーム・介護施設

2031件中 1〜20 を表示

並び替え

条件を再選択して再検索する

市区町村を絞り込む

こだわり条件を絞り込む

費用
        
最寄り駅からの距離
        
介護度
              
施設区分
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Bookmark on 宮城県の介護施設・老人ホームの特徴

宮城県は東北地方の中心に位置する人口約232万人の県です。県庁所在地は仙台市。太平洋に面した東側は三陸の豊かな漁場と日本三景、松島など風光明媚な観光地があります。蔵王や栗駒など山々が連なる西側は四季折々の景色、中央部には穀倉地帯の仙台平野が広がり、豊かで暮らしやすい環境があります。食材も豊富でササニシキやひとめぼれ、仙台牛、カキ、マグロ、加工品では純米酒、ささかまぼこ、フカヒレが有名です。東北生まれの郷土玩具、伝統こけしなど工芸品も多くあります。

宮城県の平成28年3月時点での高齢化率は25.6%で、全国平均をやや下回りますが、前年と比べて0.8%上昇しています。地域別では仙台が22.8%ですが、35.8%の栗原を筆頭に、気仙沼・本吉、登米、仙南が30%を超えています。また、県内半数以上の21市町が30%を超える一方、20%前後の市町もあり、地域差が大きいです。高齢者人口に占めるひとり暮らしの高齢者の割合は17.8%で、地域で包括的にケアする体制が必要になっています。

仙台市などの県中心部には、ニチイ学館やメディカル・ケア・サービス株式会社といった関東の大手企業が運営する介護施設が目立ちます。東北地域全体から入居希望者が集まりやすいエリアでもあります。月額利用料は25万円以下の平均的な価格帯が多く、高級な高齢者向けマンションや介護施設はほとんどありません。JRや仙台市営地下鉄沿線などアクセスに便利な施設が数多くあります。

宮城県では高齢者と障がい者がひとつ屋根の下で暮らすという全国初の共生型グループホーム、居住スペースと在宅機能支援を備えた多機能型地域ケアホーム、地域ニーズに合わせた在宅福祉サービスを提供する共生型小規模多機能施設の整備への支援を行っています。震災後に住み慣れた自宅を離れた影響で、認知症の症状が悪化した高齢者が増えたことから、身近な地域で支える仕組みにも取り組んでいます。また、2017年10月に国内の介護・福祉関係者が集まる介護保険推進全国サミットが岩沼市で開かれます。サミットに合わせ、高齢化が進む被災地のコミュニティー機能を全国の参加者が視察する予定です。

介護施設を下記の条件で探す