大分県の老人ホーム・介護施設【口コミ】

大分県の老人ホーム・介護施設  1662

市区町村を絞り込む

費用を絞り込む

        

大分県の老人ホーム・介護施設

1662件中 1〜20 を表示

並び替え

条件を再選択して再検索する

市区町村を絞り込む

こだわり条件を絞り込む

費用
        
最寄り駅からの距離
        
介護度
              
施設区分
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Bookmark on 大分県の介護施設・老人ホームの特徴

大分県は、九州の北東部に位置する人口116万人あまりの県です。県庁所在地は大分市。温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、再生可能エネルギー自給率は日本一です。宇佐神宮や国宝臼杵石仏など貴重な歴史的文化遺産があります。別府や湯布院など県内全域に広がる温泉は、日本一の湧出量と温泉数を誇り、雄大な山々に囲まれたやまなみ地域の四季折々の眺めは格別。関あじ、関さば、豊後牛など高級食材や、カボス、しいたけなどが名産品です。

大分県の平成27年の高齢化率は30.4%で、大分市や中津市などを除き、県民の約3人に1人が高齢者という状況です。一人暮らし高齢者や高齢者夫婦のみの世帯が増加し、それに伴い、認知症高齢者や介護度の高い高齢者が増加することが見込まれます。また、団塊世代がすべて75歳以上となる2025年を見据えた高齢化対策が必要となっています。

国東市に病院がある医療法人二豊会や、豊後大野市に本社がある有限会社ケーシーシーが地元を中心にサービス付き高齢者向け住宅やグループホーム、介護施設を数多く運営しています。県内各地域に老人ホームや介護施設があり、全国展開している大手施設もいくつかありますが、社会福祉法人や医療法人が運営する地域密着型の施設が多いのが特徴です。入居時費用0~100万円程度、月額利用料15~25万円程度と低予算の施設が少なくありません。温泉地にはリゾート型の有料老人ホームも。JR日豊本線やバスの利用など比較的交通アクセスが便利な施設が多いです。

県社会福祉介護研修センターが取り組んでいるのが、介護支援ロボットの普及です。会話を楽しむことができる2足歩行型のロボットや、介護が必要な人をアームで抱き上げ、車椅子に移動させる介護ヘルパーロボットなど、介護を支援する最新ロボット6点を紹介しています。福祉施設を対象に購入費用の補助制度を設け、介護ロボットの導入を支援して行きます。また、大分県では、医療・介護・介護予防・生活支援・住まいの5つのサービスを一体化した、地域包括ケアシステムの構築を目指しています。できる限り在宅生活を送れるよう、認知症の方も含め、高齢者が生きがいを持ちながら、健康に安心して暮らせる地域づくりが進められています。

介護施設を下記の条件で探す