佐賀県の老人ホーム・介護施設【口コミ】

佐賀県の老人ホーム・介護施設  1240

市区町村を絞り込む

費用を絞り込む

        

佐賀県の老人ホーム・介護施設

1240件中 1〜20 を表示

並び替え

条件を再選択して再検索する

市区町村を絞り込む

こだわり条件を絞り込む

費用
        
最寄り駅からの距離
        
介護度
              
施設区分
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Bookmark on 佐賀県の介護施設・老人ホームの特徴

佐賀県は九州の北西部に位置し、人口は約82万9千人。福岡県と長崎県に隣接し、北は玄界灘、南は有明海に面した自然豊かな地域です。年間の平均気温は16度前後の地域が多く、おだやかな気候。佐賀県の名産品は、生産量日本一の有明海でとれた海苔や、ハウスみかんなど。また、伝統工芸品の有田焼は、約400年前から作られている日本で最初の磁器であり、世界の焼き物に影響を与えたと言われています。

佐賀県の総人口は、1955年にピークを迎えました。その後、生産年齢人口(15~64歳)が都市圏へ流出したことにより、減少に転じます。一方、老年人口(65歳以上)は一貫して増加傾向にあります。2010年の年齢3区分の比率は、年少人口(0~14歳)14.5%、生産年齢人口60.9%、老年人口24.6%です。この年少人口の比率は全国平均の12.8%を上回り、全国第3位。佐賀県の総人口を支える潜在的な力であり、強みでもあります。しかし、2060年には、年少人口10.8%、生産年齢人口51.9%、老年人口37.3%と、老年人口が占める割合がさらに増えることが予想されています。

佐賀県は、65歳以上の高齢者人口に対する住まい(介護保険施設やサービス付き高齢者向け住宅、認知症高齢者グループホーム、有料老人ホーム、軽費老人ホームなど)の整備率が、全国平均より上回っています。しかし、特別養護老人ホームや民間の施設である有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、佐賀市などの都市に集中しています。また、価格やサービス内容は平均的な施設が多いです。

佐賀県では行政サービスにおいて、県民満足度を向上するため「地方分権改革」を目指しています。複数の具体的な提案の中から、例えば特別養護老人ホームについて。特別養護老人ホームは介護を必要とする人のための施設なので、たとえ自費でも元気な高齢者は入所できません。高齢者の夫婦が妻が寝たきり状態で施設に入所する場合、夫が入所を希望しても、現状は自宅での一人暮らしを余儀なくされます。補助金行政が全国画一に実施されているからです。佐賀県は、補助金や規制を廃止することで、「地方が自主的な判断をし、地域性や県民ニーズにあった行政を進める」ことを目指しています。「平等」の全国画一行政から、県民「満足度」への転換。その実現は、例えば介護施設に家族と入所して、一緒に暮らしたいという希望をかなえることに繋がります。

介護施設を下記の条件で探す